21/06/19 スーパマリオワールド ワイドスクリーンが登場 エミュレータ
16:9 のアスペクト比でスーパーマリオワールドをプレイ可能に 奇跡のスーパーマリオワールド
今日のお話は一週間近く前からテキストを用意しリリースを待機していた大ネタなので、この土日にお時間のある方元ゲームっ子や、現役ゲームおじさんは是非ともお試し頂きた一品となります。

まずは、この動画をご覧あれ

https://twitter.com/i/status/1405972177225191427
ワイドスクリーン化されたスーパーマリオのオープニング

https://twitter.com/i/status/1405218293607247878
ワイドスクリーン化されたゲーム画面

ね、凄いでしょ、凄いでしょ?!

それでは本日の連邦開始です。

テレビのサイズがデカければデカイほど幸せに感じていたのは若かりし頃、今では多少小さいと感じても視界にすべての情報が一瞬で入り切るサイズのテレビがベストだと思っているが、当方は幸か不幸か10年前の時点で40インチのプラズマディスプレイをPC用モニターとして使っていた。

これは仕事で出向いた某中古業務用機器専門店にて、某ゲームメーカーが「5年前の東京ゲームショウ」で使用していた定価140万円のプラズマディスプレイを4万円という格安価格で見つけた事から始まる。
当時「東京の超絶端っこ」で改めて一人暮らしを始め、部屋に本棚一つ無い全く望まぬ超ミニマリストな生活をする羽目になっていた当方は、この巨大プラズマディスプレイが欲しくて欲しくて仕方かなくなり、その日のうちに近所のATMでお金を下ろし、そのお金で早速ディスプレイを購入し、その足で社用車を使用し自宅に配送したのち早々に帰社した。

その後、自宅に戻りこのディスプレイを眺めながら「この買い物上手」と自画自賛した瞬間、このディスプレイに「足」が付属していない事に気が付き、その場で卒倒して自殺したい衝動にかられた。
考えてみれば東京ゲームショウで中空に持ち上げて使われているディスプレイに足は完全に不要、ジオングの足のように不要になった足はその場で捨てられるのは明白である事あった、既に発売から5年以上が経過していた本ディスプレイの足は完全に廃盤商品。

そんな事から本ディスプレイは30kg以上あるにも関わらず、耳をすまさざるとも隣室の携帯電話の音が聞こえる薄い壁に立て掛けて使用するしか方法はなかったし、その立て掛けた瞬間にゴンと壁にぶつけてしまい、壁の向こうから「ゴン」という蹴り返してくる音が聞こえてきたので、とんだジャジャ馬を手に入れたしまったと後悔したものだった。

ともあれ40インチのプラズマディスプレイはを手に入れた我が家は潤いに溢れたが、いかんせん当時で5年前、今から考えると15年以上前のプラズマディスプレイであった事から、入力端子は「RGB15ピン」と「BNC接続 RGBのみ」という壮絶男臭い仕様であった事から、本当にパソコンのモニタしか接続する事ができず、当方は男泣きに泣いたが手に入れてしまったものは仕方がないので、パソコンを接続して本モニタを堪能する事に。

しかしながら、当方が新たに住み始めた部屋は6畳1Kという、光通信に努め始めた新入社員が寮室として与えられるような部屋であった事から、40インチのプラズマモニタと当方の視聴距離は僅か1.5m。

かの藤子不二雄がまんが道で語ってた「映画は最前列で見ると迫力があってサイコー」と書けば聞こえはよいが、絶えずプラズマモニタから発せられる強力なブルーライトと、斜めにに設置された為に絶えずパースがかかった映像は、当方に死ぬほどのストレスを与えた。

その後モニタは試行錯誤の上、縦にして書籍リーダー用に使用すればよいという脳みそにウジが湧いていたとしか思えない結論に至り、ゴルゴ13、100万ドルキッド、こち亀といった感じにあらゆる漫画を読みまくった記憶がボンヤリあるが、あまりにも酷い記憶というか思い出なので、読んだ漫画の内容は全く覚えてない。

そして現在、45インチの4Kテレビを愛機にしている当方は、その大画面とワイドスクリーンを全く活用する事なく、PS4でアーケードアーカイブスの古臭いゲーム、Switchのスペースハリアー や ゲイングランドといった4:3の古臭いゲームでばかり遊んでいるので、そろそろソニーのCRTモニターでも買ってこの愚鈍なモニタ人生を終焉させようかと思っている。


そんな訳で、大体の人は大活用できている「ワイドスクリーンモニター」を活用できる「スーパーマリオワールド」が発表されたのでご紹介。

その名も「スーパーマリオワールドワイドスクリーン」。

こちらのハックロムは、スーパーマリオワールドの画面を「4:3」から「16:9」のアスペクト比に変更、つまり水平解像度を96ピクセル拡大し、解像度を256x224から352x224に拡大という話。

また、ただワイドスクリーンにする為に画面を引き伸ばしたのではなく、本来ならば見えなかった部分までワイド化しているので、今までにない新感覚でスーパーマリオワールドがプレイ可能に。

作者様はこれを(以下、Twitterよりの翻訳)
--------------------------------------------------------
NEW RELEASE:
スーパーマリオワールドワイドスクリーン(SNES)のダウンロード販売を開始しました。スーパーマリオワールドワイドスクリーン版」は、スーパーマリオワールドの世界観をそのままに再現した、新しいアドベンチャーゲームです。2021年のゲーム体験と、1990年のゲーム黄金期の素晴らしさが融合した作品です。

最新の画面で動作するようにネイティブに拡張された、新しく拡張されたアドベンチャーを探索してください。真の2021年のゲーム体験と、1990年の素晴らしいゲームの黄金時代が混ざり合っています

--------------------------------------------------------

なお本ROMイメージの動作環境は、ゲームの再現性と多機能さに定評のある「bsnes-hd beta 10.6」のみ。

https://github.com/DerKoun/bsnes-hd/releases
bsnes-hd beta 10.6

なおbsnes-hdはRetro Archを介して使用する事が可能なので、エミュレータを楽しんでいる結構な数の方々が現在の環境で使用可能になると思われるので、是非とも、マジで、ホントに、絶対お試しあれという感じ。

とまあ、今回のスーパーマリオワールドワイドスクリーンは、ホントにホントな現代版スーパーマリオワールドと言えるので、できればこういう素敵なタイトルは本家本元である「任天堂」に正式リリースして頂きたい所ではあるけれども、そんなヒマがあるのであれば「あつまれ どうぶつの森の拡張DLC」もしくは「ゼルダの伝説の新作」を出して頂きたい所ではあるので、このあたりはやはり海外ハッカーの方々に頑張って頂きたいところ。

あと永遠に未発売の「メトロイド ドレッド」とかあのあたりの開発再開とか。

…というこの話、ゲームに関する情報なんざァ微塵も流さないNME(ニューミュージックエクスプレス)が発表前の段階で取り扱うほどのビッグニュースなので、ほんとスーパーマリオワールドで遊んでいた貴兄は早速試すべきだと思う。

https://www.nme.com/news/gaming-news/super-mario-world-goes-widescreen-next-week-thanks-to-a-fan-2958153
ニューミュージックエキスプレス


そんな訳で、幼年期にスーパーマリオワールドを狂ったようにプレイしていた方や、Wiiで発売されていた「スーパーマリオコレクション」を遊ぶ都度に「スーパーマリオワールド…」と呟いている方、3DS版スーパーマリオワールド(バーチャルコンソール)をプレイしながら「デカイ画面じゃないと、もう年齢的に目が辛い…」とかボヤていている方は、速攻このパッチを試してみていかがでは。


追記…今年の3月8日に具体的な仕様が公開されてから約3ヶ月半、どれだけこの日を待っていたことか。
ホント素晴らしいので、しつこいかもだけど是非ともお試しあれ。

21/06/17 逮捕しちゃうぞの「ミニパト」が売出し中 その他
しかも劇中車だから本物 すごい車
オタク殺しの画力を持つ「藤島康介」の代表作を「ああ女神様」とするか「逮捕しちゃうぞ」にするかは人それぞれだけれども、当方は「車やバイクの出てくる数が多い」という理由から「逮捕しちゃうぞ」を長年推し続けている。
そんな「ああ女神様」も初期は「自動車部」が大活躍していた事から「逮捕しちゃうぞよりも面白い漫画が始まったぞ…」という気持ちではあったが、ウルドが出てきたあたりから雲行きが怪しくなり、スクルドが出たあたりで当方は脱落し、かわりにゴルゴ13を読み始めたような記憶がある。

なので「ああ女神様」については特に特別な感情もないし、ここまで書いていて「ああ女神様」ではなく「ああっ女神様」である事に気づかない程に愛着は無いが、それはさておき「逮捕しちゃうぞ」という作品については単行本を全巻所有していた上に、途中までレーザーディスクを買っていた記憶がボンヤリあるので、当方は人並み以上に「逮捕しちゃうぞ」は好きなんだと思う。

話は変わるが、当方の友達が4年ほど前に10歳以上若い子と結婚した。
しかもそれなりに美人。

その出会いから結婚までの話を聞くと野島伸司のドラマよろしく相当ドロドロしていたが、それはさておいても「若くて美人の嫁と結婚する」という事は、アーサー王伝説でいうところの「エクスカリバー」を手に入れたのと同じ意味をなし、それを当人に「君は若い嫁というエクスカリバーを手に入れたんだよ、10歳以上若い嫁を手に入れるって事は、常人じゃ出来ない事なんだよ」と念を押すように詳しく説明したが、当の若い嫁をゲットした上に子供まで生まれ彼は聞く耳なぞ持つはずもなく「えへへへ、大したことじゃないよ」などとヌカしやがったので、当方がもしも野島伸司だったなら彼は劇中で相当悲惨な殺され方をしていたと思う。

話は戻ってかの「藤島康介」先生は、皆様がご存知のように「若くて」「美人の」「人気コスプレイヤー」という、Jの「フラッシュ・ピストン・マッハパンチ」やロッキーくんの「スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフルボンバー」に通じる最終兵器な嫁を手に入れた事から、世のオタクたちは喝采どころか、ワールドカップで自殺点を入れてしまった不幸なサッカー選手に対してのシュプレヒコールをするのと何ら変わらぬ嫉妬をしたものだが、作家は作家、作品は作品と割り切れる紳士が非常に多かった事から、藤島康介は若い嫁をゲットしたにも関わらず、作品人気はとどまるところを知らない。

という訳で、そんな藤島先生の代表作「逮捕しちゃうぞ」の実写ドラマに使用された「ミニパト(トゥデイ)」の本物が「エンスーの杜」に登場。

しかも価格は「98万円」と安いような、高いような、でもファンなら「バーゲンプライス」と即答してしまうような価格帯。

https://enthuno-mori.com/honda/20210616honda/
1986年式 ホンダ トゥディ(逮捕しちゃうぞ、劇中スペアカー)

こちらの車は劇中で使われたというだけあり、外装だけではなく内装まで完全にパトカー仕様。

劇中車なので赤色灯はばっちり光って回転し、警察用サイレン、マイクも使用可能ときたもんだ。
また使用上相当な問題となる「警視庁」の文字も「マグネット式」で簡単に剥がれてしまうのでも、もう存在自体が完全に王様のアイディア。

また車のサンバイザーには「声優のサイン付き」、買ってくれた方には「動画に写っている全ての逮捕しちゃうぞグッズをオマケでプレゼント」と、逮捕しちゃうぞマニアにとっては、正月にビックカメラで発売される1万円福袋より安心なお買い得アイテムではあると思う。

https://youtu.be/BIr0qZyQNUI
そのトゥデイの説明動画

んでまあ、この車両と同じものかは不明だれども、約3年ほど前にほぼ同仕様の「逮捕しちゃうぞのミニパト トゥデイ」が150万円で売りにでていた事があるので(後に100万円まで値下げ)、興味のある方は是非ともこちらもご覧あれ!!

最後まで読むと途中で「藤島先生ご本人」が登場したり、「日本自動車博物館」、「ホンダ本社」、「ツインリンクもてぎのコレクションホール」などの施設に引き受けをけんもほろろに断られたり、何度も警察署に連行されたりと、なかない色々たりたり三昧。

https://twitter.com/E_AE110_AEPEK/status/975447343330836481
3年前に売りにでた逮捕しちゃうぞのトゥデイ

そんな訳で、逮捕しちゃうぞを読んだ時に「いつかヨタハチを買う」と心に誓ったまま現在も購入に至っていない方や、随分昔に海洋堂製の逮捕しちゃうぞのガレージキットを買ったことのある方、このトゥデイを見た時に「ニトロちゃんと積んでる?」と思った方などは、こちらのトゥデイの行く末を見守ってみてはいかがでは。


追記…藤島先生と言えば、ボルト& ナットの田中むねよし先生所有のロータス・エランは藤島先生所有になったという話があったけれども、まだあれは所有しているのだろうか。

追記2…藤島先生と言えば、ファミ通の発売予定欄に長いこと書かれていた「ああっ女神様(KSS社)」(スーパーファミコン)」は本当に開発されていたのだろうかと未だに思っている。

21/06/16 Pastime Paradise Annex ―昭和の懐かし邦題アルバム館― その他
昭和はセンスいいよね 音楽
全てが凝縮されているような気がして名言集をよく買って読んでいた時期がある。

調子に乗っている時は「強気の名言」を好んでいたが、心身ともに弱ってくると「弱気な名言」ばかりが心に響いた。

つまるところ自分にとっての名言集は心のバロメーター的なものであり、そしてこのバロメーターを確認しながら自分の状態を認識しつつ、日常という不安定極まりないものをなんとか乗り切っていたような気がしないでもない。

最近、名言集を燃やして捨てた。

こうなってくると、心の平穏とかそういう問題ではなく、こういう状態なので本来は写経などをしながら心の安らぎを保つのだろうが、当方そこまで人間できていないので、イギーの名盤「淫力魔人(Raw Power)」をイヤフォンで聴きながら「サーチ・アンド・デストロイ、サーチ・アンド・デストロイ」と呟いている日常であるし、先日心を少しでも穏やかにしようと、巷で話題になっている「ちいかわの森」に行った際、物販コーナーに貼られた「ちいかわたちにメッセージを送ろう!」と書かれたボードについうっかり「ちいかわ達に出会わなかったら、今頃猟奇殺人者になっていたと思う」と書いた紙を貼りかけたので、近いうちにKindleで見つけた「20世紀名言集 大犯罪者篇」あたりを読んで、心の均衡をなんとか保たないといけないなと思った次第。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001568.000003639.html
ちいかわの森(とメッセージボード)

という事で、「淫力魔人(Row Power)」や「ギター殺人者の凱旋(Blow by Blow)」といった昭和の時代に勝手な放題を付けられた洋楽アルバムをまとめているのが、今回初回する「Pastime Paradise Annex ―昭和の懐かし邦題アルバム館―」さんです。

https://ameblo.jp/yanpuchi/
Pastime Paradise Annex ―昭和の懐かし邦題アルバム館―

こちらのサイトでは、前出のタイトルの他にも酷い邦題として名高い「飛べ!エアロスミス(Get Your Wings)」や「ネリーさんだ象!(Nellie The Elephant)」なども含め、アルバム一枚分全ての勝手放題を紹介するという徹底のしよう。

またこの手の邦題サイトと言えば…

http://kukkuru04.blogspot.com/2011/02/blog-post.html
変な邦題 秀逸な邦題

http://www.kujiralab.com/music/houdai.htm
邦題特集!!

なんかもオススメなので、常々「狂気(The Dark Side of the Moon)」という翻訳に小首をかしげている方は、ジメジメして気が狂いそうなこの時期に、エアコン全開、ビール片手にボンヤリと洋楽を大音量でかけながら眺めてみる事をオススメしたい。

そんな訳で、ディスク・ユニオン プログレ館で中古CDを探す都度に「意訳しすぎだろ、これ…」と思っている方や、オジーのSHOT IN THE DARKをあえて「暗闇にドッキリ」と言い切る方、90年代中期頃にCD屋で必死に「ギター殺人者の凱旋」を探すも見つからず店員に「ギター殺人者の凱旋って在庫ありますか?」と聞いたら「ブロウ・バイ・ブロウ」のCDを渡されて心底死にたい気持ちになった方などは、こちらのサイトをボンヤリながめてみてはいかがでは。

追記…プログレばかり聴いている人間はモテない、パンクスは全員馬鹿みたいな事ばかり言ってたら、いつの間にやら自分がブログレとパンクばっかり聴くようになっていたので、つまるところ因果応報と言える。

追記2…ザッパの邦題をつけている人は、もはや病気だと思う

https://middle-edge.jp/articles/gqyRg
フランク・ザッパの邦題

21/06/13 スーパーマリオ35が恒久的にプレイできるようになりましてね… その他
凄い事なのだけれども法務部が動く気がする 任天堂様
ディズニー法務部と並び最強と言われる任天堂の法務部は過去も今日も未来も最近も絶賛大忙し。

そんな最近話題になったのは「公道で走るカート」事「マリカー」社が任天堂に訴えられ1000万円の賠償命令となるも、それに納得行かずマリカー社が高裁に上告した結果「任天堂が賠償請求額を5000万円に増やす」というウルトラCな控訴をし、半沢直樹もビックリな5倍返しをブチかまされた挙げ句、判決は「任天堂の勝訴で5000万円の支払い」という任天堂法務部がケツの毛まで一本残らず抜くという陰惨な結末で終わった。

他にも日本では微塵も話題とはなっていないが「Nintendo Switch」で簡単にカスタムファームウェアを導入できるグッズ「RCMローダー」を「全米での販売差し止めに成功」していたり

https://torrentfreak.com/nintendo-wins-us-wide-injunction-against-seller-of-rcm-loader-piracy-device-210416/
任天堂がRCMローダー「著作権侵害」デバイスの売り手に対する米国全体の差し止め命令を勝ち取る

ロム配布サイトとして有名だった「RomUniverse」を訴えて「閉鎖 → 210万ドルの支払い命令」という判決にしたり

https://torrentfreak.com/nintendo-wins-2-1-million-judgment-against-pirate-site-operator-210529/
RomUniverseの敗訴(2億2千万円くらいの支払い命令)


同じくロム配布サイトであった「LoveRoms」に対して訴訟を起こし「1200万ドル(14億円くらい?)」の支払い命令を出させたり

https://www.notebookcheck.net/Nintendo-wins-12-million-from-ROM-site-LoveRoms.361406.0.html
任天堂がROMサイトLoveRomsから1200万ドルを獲得

ファイルホスティングサイトとして有名な「1fichier」が削除を怠ったので訴訟をおこし、裁判所命令で「1fichier側の113万ドルの支払い(1億3000万円くらい?)」が確定したりと、相変わらず任天堂法務部は天下無敵かつ天下無双で強大無比な力を世間に誇示し続けている。

https://torrentfreak.com/nintendo-awarded-1-13m-after-file-hosting-site-failed-to-remove-pirated-games-210608/
ファイル削除を怠った「1fichier」に113万ドルの支払い命令


さて、去年は任天堂の名作「スーパーマリオ」が発売されて35周年。

言うまでもなく世間が飲めや祝えや歌えや踊れの「スーパーマリオ祭り」になっていた事は、任天堂に育てられたと言っても過言ではない我々中年は記憶に新しい事だと思う。

その中で「スーパーマリオのゲームウォッチ」と同じくらいに強い印象を残した「スーパーマリオ35」というゲームは、Switchをお持ちでNintendo Switch Onlineに入っている方ならば、高確率で速攻ダウンロードし、高確率で瞬時にプレイし、高確率で時を待たずにバトルロワイヤルな殺し合いをしたものと思われるが、悲しい事に本ソフトウェアは「2021年3月31日付け」でサービス終了となった。

https://www.nintendo.co.jp/switch/ayama/index.html
スーパーマリオ35

結果としてこのゲームは僕らの記憶にガッチリ残るも、以降は一切遊ぶ事ができない幻の一品となったので、きっと当方らが死ぬ頃なスーパーマリオ55周年目あたりにボケた頭で「昔はスーパーマリオで世界のみんなと殺し合いをしたもんだよ」と、ボケて空想を言っているとしか思えない戯言を口にし「おじいちゃん、ご飯はさっき食べたし、任天堂は数年前にセガに買収されてこの世には無いのよ!!」とか言われているに違いない。

閑話休題

そんな幻になってしまった「スーパーマリオ35」をリバースエンジニアリングして「自前サーバーで恒久的に遊べる」というパッチが登場という話(翻訳あってる?)。

https://hackaday.com/2021/06/13/super-mario-bros-35-lives-again-with-a-fan-made-server/
SUPER MARIO BROS. 35 LIVES AGAIN WITH A FAN-MADE SERVER

当方「スーパーマリオ」より「ゼルダの伝説」、「ゼルダの伝説」より「どうぶつの森」いう位にスーパーマリオや、本件のサーバーについては疎い方なので「これってスーパーマリオ35のカスタムサーバーの話らしいわよ、奥さん」と細かい説明は超絶カットさせて頂くが、兎にも角にも「とても大変な事/凄い事」なのであって、そして「スーパーマリオ35」をプレイし「サーチ・アンド・デストロイ」とか「朝のナパームの香りは最高だとか」とか「ベトナムでは英雄だったのに本土に戻ってきたらポンコツだ」とか言いながら他のマリオを虐殺こと粛清していた方なんぞは、当方のインチキ翻訳なんぞに期待せず、DEEP L翻訳を片手に本パッチを試してみるとよいかもしれないけれど、当方は任天堂様が本気で怖いので「マジコン大好き」くらいのセリフで勘弁していただき、今日も今日とて京都の任天堂様に就寝前のお祈りをしたいと思いますので、本日は本記事を本格的にパッパと終了とさせていただきます。

追記…思うにこのハッカーさんは任天堂が大好きだからイジメちゃうタイプだと思うけれども、イジメられた方は大体メチャメチャ怒っているので、任天堂様の鉄槌を喰らわないと良いなぁと他人事ながら思った。

21/06/11 世界初「バーチャルボーイ」をポータブルゲーム機化 その他
ゲーム改造のスーパーチームが結成されて作った感じ 自作ポータブル機
バーチャルボーイにというゲーム機、正確にはこのゲーム機を作った「横井軍平」には2つの大きな都市伝説というか噂話があったが、どちらも今考えると信憑性はなく「エルヴィス・プレスリーはまだ生きている」とか「広島の比婆山でヒバゴンを見た」となんら変わらぬものであったと記憶する。

その二つの噂話とは「横井軍平はバーチャルボーイで大赤字を出した為に社史編纂室に飛ばされて会社を辞めた」というものと「横井軍平は交通事故で死んだが、それは任天堂がバーチャルボーイの失敗を恨んで裏から抹殺した」というもので、これらは10代にゲームを結構派手に嗜んでいた方ならば、何となく一度は世間話として聞いたことがあると思う。

これは高橋名人が「指にバネを入れていたのがバレて逮捕された」というエピソードに近く、そして高橋名人は近年これを「笑って否定」しているので、あくまでも本件は噂話でしかないし、今でもこの話を真実として語りだす人々は往々に「フリーメイソンは世界の黒幕」とか「アメリカの選挙が盗まれた」といった「世界まる見え特捜部の今週の特集」のような話を真顔でしてくる為、この手の話し聞く都度に「ほんと近所の公園で人面犬でも探してきたらどうですかね」と提案したくなる。

そんなバーチャルボーイというゲーム機を当方がどれだけ好きなのかと言えば、以前に書いたように元「西東京バーチャルボーイ部」の部員であった当方は人並みにバーチャルボーイは好きだし、もし程度のよいバーチャルボーイがあるのであれば、オブジェとして買い直したいと少しだけ思っている。

しかしながら、邪魔、プレイしていると目が疲れる、肩こりが酷くなり、あげく頭まで痛くなってくるバーチャルボーイというゲーム機は、任天堂が作った人類殺戮兵器とも言え、そうなってくると「いやー、俺はPSVR持ってるからバーチャルボーイはいいですわ」と大人らしくキッチリと嫌なものは嫌と断ってしまうと思うので「好きなのか嫌いなのかハッキリしろよ!!」と昭和スポ根漫画のように言われたら「好きとか嫌いとかじゃなくて、嫌なの!!」と、それくらい汲み取れよ馬鹿…みたいな返答をしているのではないだろうか。

ともあれ、そんなバーチャルボーイが現代の技術でポータブル化されたとの事なのでご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=e9FhIZkm4cw
その名も「The Real Boy」。

こちらのポータブルバーチャルボーイの何が凄いのかと言えば、ポータブル化する際に現在最新鋭の「オールドゲーム復元用パーツ」を惜しげもなく使用しているという点。

1. VirtualTapを使用してLCDパネルを駆動するためのVGA出力を提供するだけでなく、システムのマザーボードを騙し、サーボ駆動の立体ディスプレイがまだ接続されていてアクティブであるかのように見せかけたり

https://github.com/furrtek/VirtualTap
VirtualTap

2. GMan氏が以前作成したポータブルNINTENDO 64用に開発したオープンソース用の電源ボードを使用したり

https://youtu.be/Zw6Vw9dgeVg
GMan氏のポータブル NINTENDO64

3.外装やボタンについてはBassline氏やMitch 3D氏が作成/塗装/シール化

4. LCDパネルをIPS液晶化して光度ならびに視認性を大幅アップ(GBA改造でよくあるやつ)

といった感じに、複数人のゲーム著名人の方々がタッグを組んだ結果、2020年代まで誰も成し遂げる事ができなかった前代未聞のプロジェクト「バーチャルボーイのポータブル化計画」は無事に成功した。

でまあ、この製作者であるShank氏なんだけれども、どっかで名前を見かけたなぁ…と思っていたら、3年ほど前に「世界最小のポータブルWii」(ミントのお菓子のケースにWillを組み込んだ)人だったので二度ビックリ。

https://youtu.be/2VOLUOIwbP4
ミントのお菓子ケースにWiiを内蔵

バーチャルボーイを愛する人や、ゲーム機改造が趣味な人は必見な案件だと思う。

そんな訳で、バーチャルボーイの初プレイ時に「ピント合わせ」だけで酔ったという方や、横井軍平の本当のよい仕事は未だバーチャルボーイだと信じて疑わない方、ヘッドホンをしてバーチャルボーイをしている姿は90年代最高のゲームスタイルだと思っているアレな方などは、こちらのポータブルバーチャルボーイを眺めて「よく出来てるけど飛び出ないんだ…」とか思ってみてはいかがでは。

参考リンク
https://ux.getuploader.com/take1/download/14
バーチャルボーイ取り扱い説明書

21/06/09 アーケード・アンビエンス その他
あの時代のゲームセンターの音楽をBGMに ゲームセンター
最近の当方は歌詞が入っている音楽を聞いていると、脳が無意識に「歌詞を聴き取る」という作業をしてしまう事から、歌詞の入らない曲ばかり聴くようになった。

これは「老化により、ほぼシングルタスクになってしまった」と言うことを意味する。

元からテクノを主体とした歌詞のない音楽を日常のBGMとしていたのだが、稀に無許可にサンプリングされた何処かの国の原住民の呪術のような声が曲間にブチこまれると、今まで流暢に作業をしていた手が一瞬止まり、次の瞬間に脳は「え、いまなんっつった?」と、近所の主婦が唐突に「あの数件向こうの家の息子さんが自殺したんだって」というパワーワードをブッこんできたかの如く、脳みそがグイッと持っていかれてしまうが故、最近はブックオフの中古CDコーナーの中で最も前の持ち主の自殺率が高そうな「イージーリスニング」の中古棚から適当に見繕ったCDをリッピングし、日常のBGMにしつつある。

しかしながら、いわゆるイージーリスニングや、ニューエイジ・ミュージックなるものは、CDの裏ジャケットに書かれているようにα波を誘発し、かつ緊張状態を解きほぐす効果があるとの事から、大体において完膚無きまでの眠気を誘発し、誘発したと思ったら瞬間的に集中力が途切れてしまうので、最近は何故か210円のCDコーナーにも関わらず、105円や、52円という出血大サービス特価プライスの「サウンド・トラックコーナー」で売られている、日本公開されたかすら怪しい謎のCDをBGMとして聴いている気がしないでもない。

だがしかし、この手の音楽は箸にも棒にもかからず、更に作業中のテンションが全く上がらない上に、油断していると「小林克也のおしゃべりアメリ缶」や「家出のドリッピーのような」英語の寸劇が始まってしまう場合も多く、その場合には「アンビエントミュージック 名盤」あたりのキーワードで検索した、聴いているだけでノイローゼになりそうな音楽をBGMにして聴いていたりするので、最近の表情は眉間に絶えずシワを寄せ、玉川上水に入水自殺する前の太宰治のようになりつつある。
嗚呼、アンニュイ、アンニュイ。

https://www.redbull.com/jp-ja/best-ambient-albums
ここの「The Caretaker」と「Burial」と「Bonobo」あたりを聴いてます

閑話休題

人の脳みそというのは、作業をする際に一定リズムがキープされ、かつ多少ノイズが入っている音楽の方が効率があがると何かの本で読んだ。

確かに自分が長いこと作業用の愛聴盤としている「Audio sponge 1」などはその代表格なアルバムで、単調なリズムの中に、ところどころ耳障りな電気的ノイズ音が入っているが故、この文章もこのディスクをBGMにして書かれている。

https://tower.jp/item/1011667/audio-sponge-1
Audio sponge 1

また当方がもう20年くらい作業用CDとして聴いているノイバウテンの「半分人間(Halber Mensch)」などは、一緒にドライブしていた友達が「もしかしてお前、脳病?」と問う程にノイジーであるし、一人で運転している時に聴いているメルツバウの「Pulse Demon」なんぞはノイズの塊なので、誤ってCDを入れたまま車検に出したところ、車検終了時にメカニックの人が可愛そうな生き物を眺めるような優しい目で「次に車検出す時には、CDは抜いてからだしてくださいね」と言っていたのがとても印象深い。

https://www.youtube.com/watch?v=CweBj4pvcfg
半分人間

https://www.youtube.com/watch?v=ukZYP5Dy43E
Pulse Demon

さておき我々90年代に青春を過ごした人間は、少なからずゲームセンターの騒音に慣れ親しんでおり、例えばそれは「UFOキャッチャー」と「ストII」と「上海」と「脱衣麻雀」と「KOFのどれか」あたりを同時再生すれば2割くらいは再現できると言え、それでは実際にどうすれば再現できるのかと言えば、手持ちのパソコン全てにMAMEをインストールしゲームを起動、その後にそれらPCのオーディオ端子から多チャンネルのミキサーに入れてミックスダウンするという方法がある。

他にもMAMEを起動し複数のゲームの音を多重録音するとか、「アストロシティミニ」を複数台購入して同時起動するとか、はたまたゲームセンターに行って空気録音するなど方法は様々。

しかし実際は死ぬほど面倒であるし、本当にあのゲームセンターの環境音が必要なのかと問われれば「タダで手間がかからないなら一回は聞きたいよね」ってのが、普通の大人の回答ではあると思う。

という事で、今回紹介するのは、ゲームセンターの音源をベースにゲームセンターの環境音楽(?)を公開しているサイト「Arcade Ambience」さん。

http://arcade.hofle.com/
Arcade Ambience

こちらサイトでは「1981年」、「1983年」、「1986年」の「1992年」のゲームセンターの雰囲気を、各年代に発売されたゲームの音源で微妙に再現しMP3で公開。

目を閉じ、神経を研ぎ澄ませ、耳をそばだてて音源を聞けば、そこは懐かしきあのゲームセンター…けど、聞き覚えのないゲーム(主に洋ゲー)もチラホラ入っているので、You Tubeあたりで拾ってきたUFOキャッチャーと、餓狼伝説あたりの音源をミックスして重ねてみる事を強くオススメしたいところ。

そんな訳で、平々凡々と生きていたら「スポット21の閉店の事をすっかり忘れていた」という方や、PS4やSwitchで買っているゲームが全てオールドゲームという方、PS5を買ってはみたものの「アケアカシリーズしか買ってない」という技術の無駄遣いな方などは、こちらのサイトにある音源を再生しながら「あの若かった頃に戻りたい」と更にシケてみてはいかがでは。


追記…と、まあこんな事を書いてはみたが、最近は人生が相当シケてきたので、拠点間移動の車中では「機動戦士ガンダム オリジナル・サウンドトラック」に収録された「サスペンス」、「敵地をスパイする」、「ジオン公国の陰謀」あたりをかけ、何か凄い事やってんだ的雰囲気を出して、日常に少しでもスリル、ショック、サスペンスを加えている。

https://www.youtube.com/watch?v=coxfKd2cT-c
ガンダムBGM集(何曲か入ってないかも)

https://www.amazon.co.jp/dp/B0000AZSI8
TV版 機動戦士ガンダム 総音楽集(作業用BGM)

追記…カプコンアーケードスタジアムを起動すると80年代、90年代のゲームセンターの音がするので、それでいいっちゃいいって話もある。

21/06/06 木製ウォーカー・ギャリア(完全分離変形 フル稼働) その他
超絶すごい木工作家さん登場 匠の世界
●俺とおじいちゃん
当方のおじいちゃんは孫にベタ甘だった。
実際おじいちゃんのところに行けば、おじいちゃんは何か買ってくれるし、何をしている訳でもないのにご褒美で何か与えてくれるので、おじいちゃんの所に行く ≒ おもちゃを買ってくれる人のような、なんというか実家の犬が「俺を餌やりマシーン」と思っているかのように、とりあえずの形で、おじいちゃんには懐いていたような記憶がある。

さて、このおじいちゃん。
よく孫と祖父の関係性にある「孫の為におじいちゃんが必死に欲しがるものを探す」という醍醐味を途中から完全に放棄した。

その原因は戦闘メカ ザブングル。

串田アキラの熱唱が耳に残るアレ。
スーパーロボットにしては帯に短し襷に長し、ハイエースと同じようにガソリンで動き、ハイエースのようにハンドルで操作できるロボットが主役のアレ。

正直当方のザブングルに関する知識はこの程度しかない。

なにせ当方は、今も昔もおもちゃは好きだが、ストーリー性のあるアニメを見るのが大嫌い。
ぶっ通しでアニメを全話観てくださいよとか、ドラマを全話観てくださいと言わようものならば、その場でシュプレヒコールをした上で無視だ無視って感じな人間であるからして、なんというか繰り返しになっちゃうけれども、当方はストーリー性がある話を続けてみるのがホント苦手。

なので戦闘メカ ザブングルに関しては最初の第一話と、たぶん3話くらいしか観ていないなかったので、ザブングルに関する知識は「てれびくん」にて紹介されていた玩具の広告くらいしか無かったと言える。

閑話休題

当方はおじいちゃんの家に行く前の電話で、おじいちゃんに「なにか欲しいものはある?」と聞かれたので「ザブングルのおもちゃが欲しい」と答えた。
おじいちゃんは「よしわかった!!」と自信満々に答えたような記憶があるが、いかんせん40年くらい前の記憶なので間違っている可能性は非常に高いが、この話は多少間違っていても誰が困るわけでもないので、このまま話を続けさせていただくと、おじいちゃんはわざわざデパートに行ってザブングルの玩具を孫の為に買ってきてくれた。
しかもプレゼント梱包までして。

そこに「おもちゃくれるマシーンに会いに来た孫こと俺」が会いに来て、おじいちゃんは大変喜び、当方はおもちゃが手に入る事で同じくよろこんだ。
これはビジネスで言うところの「Win Winの関係」と言える。
疾風のように玩具を受け取り、疾風のようにプレゼント梱包を破り、気持ちは正にブルーゲイルだったが、梱包から出てきた玩具は「緑色の肥満体のロボット」だった。

僕のブルーゲイルはどこ、おじいちゃん。

心底そう思ったが箱にはしっかりと「戦闘メカ ザブングル」と書いてある。
しかしボディーカラーはガンダムの雑魚キャラ「量産型ザク」と同じように緑色。

当時の当方の玩具知識を総動員しても、緑色の主役機なんて聞いたことがないので、これは絶対におじいちゃんが間違えて買ってきたものだと思ったし、時代が時代ならば田中正造が天皇陛下に行ったように直訴していたと思う。
まあ、速攻で「これ違う」と直訴したんだけど。

困るおじいちゃん、言い訳するおじいちゃん。
ちゃんとデパートの人に聞いて買ったと説明をするおじいちゃん。

「のび太とおばあちゃん」で有名な花火のシーンと同様な事が真昼の惨劇と言わんばかりに繰り広げられたが、流石に当方のび太ほどクズではないので「おじいちゃんなんか嫌いだ!!」とは言えず、そこはグッと我慢した記憶がある。
まあ、たしかムクれていたとは思うんだけど。

それから10年後くらい先の未来、この話を学校の友達に何となくしたところ「お前ザブングルって途中から主役機がザブングルからウォーカーギャリアってロボに変わったんだぜ」と説明され、当方の完全リサーチ不足が判明し、会った事もないデパートの人と、まだ生きてピンピンしている遠くのおじいちゃんに心の中だけで全面謝罪したが、おじいちゃんが死んで随分たった今でも、あの件だけは直接謝っておけばよかったなぁ…とは思っている。

と、ここまで珍しく俺的にしんみりした思い出話を書いていたら、心底死んだおじいちゃんに申し訳ない気分になってきたので、来週くらいにラーメンを食べにいく序に、おじいちゃんの墓参りでもしておこうと思う。

という事で、当方の中で曰く付きのロボットでありつつ、大人になったら安産型のデザインってアリなんじゃないかと気が付き、いまでは「ウォーカーギャリアってカッコよくないですか? しかも変形合体するんですよ。」と、作品を観ていないのにも関わらず素晴らしさを説明してしまうカッコいいロボ「ウォーカーギャリア」を木から削り出して作っている方を見つけたのでご紹介。

その名も「木工平八」さん。
こちらの方は「木製ウォーカー・ギャリア」を現在絶賛制作中。

そこで作られているウォーカー・ギャリアは、過去にプラモ狂四郎 プラモ忍法帖編に出てきた「木製ガンダム」を凌駕するほどのリアルさと、玩具会社がケツをまくって逃げ出すほどの可動域の広さを持つ上に完全変形。

「HI-METAL R ウォーカー・ギャリア」か、この「木製ウォーカー・ギャリア」のどちらかあげると仮に言われたならば、本気で3日くらい悩んでしまう程の完成度。

また「木工平八」さんは、この他にも…

https://twitter.com/MHeihati/status/1389191928558751752
木工 ドム・レゾナンス

https://twitter.com/MHeihati/status/1393782604525015041
木製 グフ

https://twitter.com/MHeihati/status/1222146995671855112
木製 闘将ダイモス

https://hobbycom.jp/my/jisyou-heihati/photo/products/92921
木製 WM トラッドイレブン(ザブングル)

https://hobbycom.jp/my/jisyou-heihati/photo/products/97617
木製 クロスボーンガンダム テンペストHE‐91

https://hobbycom.jp/my/jisyou-heihati/photo/products
木製 ダイの剣(ダイの冒険)

https://hobbycom.jp/my/jisyou-heihati/photo/products
飛行機やら、戦車やら、帆船やら

と、様々な作品を作られているので、休日になるとジョイフル本田や、ドイトの木工コーナーで木材コーナーをフラフラしている方などは、是非とも一見されたしと思う。

そんな訳で、子供の頃にザブングルを観た瞬間「鉄人28号のリモコン級に操縦に無理があるな」と思った方や、ザブングルのウォーカー・ギャリアのカッコよさに近年目覚めた方、寝ても覚めてもウォーカー・ギャリアの事ばかり考えているザブングラーな方などは、こちらのサイトの木工を眺めてみてはいかがでは。


参考リンク

https://twitter.com/MHeihati
木工平八さんのTwitter

https://twitter.com/days_sasakota/status/939125348653981696
その昔にサンプルで作られたらしい、木製ウォーカー・ギャリア

21/06/05 Street Fighter II - Nostalgic Edition in ファミコン その他
現代に蘇った勝手移植ストII ファミコン
自分がお小遣いを握ってゲームセンターで遊べるようになったのは中学生くらいの頃。

それまでは少ない小学生のお小遣いで「100円のアーケードゲーム」を遊ぶという事は、車を買ったばかりの若者が、ホイールやエアロパーツやシートを交換する為に湯水のようにお金を使うのとなんらかわりなく、そんな事から小学生時代はゲームセンターで「どのゲームがより長く遊べそうか」と考えながらお金を使っていた。

そんなゲーム飢餓状態であっても、家庭用ゲーム機とは違い美麗なグラフィックにカッチョいい音楽、そして今までに無いシステムが投入された最新鋭の大型筐体などは、ゲームセンターで目にした瞬間から「プレイしたくてしたくて仕方がない」という、思春期の青少年が性に対して思う「したくてしたくて仕方がない」という感情と同様に持ったし、実際何度もこの衝動に負けて100円玉を投入するも2〜3分くらいで数枚溶かしてしまい、その月は友達と遊んでいても駄菓子すら買えない飢餓状態に陥っていたと記憶する。


そのプレイしたくてしたくて仕方がないゲームの代表格が、カプコンから発売されていた「ストリートファイター」のアップライト + 加圧式ボタン版の筐体だった。

そこで動いていたの、当時としては考えられない程にリアルなキャラクター、そして加圧式で攻撃力の強さを決めるという「力と暴力が隣接した」としか思えない操作形態は心底シビれた。

当時、空手道、イー・アル・カンフー、アーバンチャンピオンといった格闘ゲームをこよなく愛し、その約10年後に「90年代に中古のベンツ」を余裕で買えてしまう程に格闘ゲームにお金を投入し、今の「スマホゲームに100万円課金してまう若者を全く笑えない」当方は、この「ストリートファイター」に迷う事なくインカムを投入し、数年前に投資詐欺に騙されて全資産を溶かしてしまった知人のように、当方の一月の小遣いは消えた。

このゲームは「PCエンジン CD-ROM2」で発売されるまで触れることはなかったが、遂にやりこめたPCエンジン版ストリートファイターこと「ファイティング・ストリート」では必殺技の入力がシビアすぎ、最後まで波動拳も昇龍拳も竜巻旋風脚も出せず、カプコンという会社を死ぬほど呪った。

そしてストリートファイターIIブームになり、当方は狂ったようにストリートファイターIIで遊び続け、それから30年ほど経過した今でも「ちょっと手慰みにストIIでもやるか」と死んだペットや、しばらく疎遠な親よりもストIIが身近にあるので、もう当方にとって永遠の伴侶といっても過言ではない気がしている。

そんな伴侶であってもたまには浮気がしたくなるもので、アジア方面で作られた「パチモノ ストリートファイターII」や、外国人達が家庭用のストリートファイターIIを本物に近づけようとした「ハックロムのストリートファイターII」、はたまた類似ゲームという理由からカプコンと訴訟になった「ファイターズヒストリー」などで遊んでいる事もしばしば。

そこに本日ハヤテのように登場したのがファミコン用の「Street Fighter II - Nostalgic Edition」というファンメイドのゲーム。

何が凄いって「ファミコン用」という点。
アジアのパチモノ ストリートファイターIIシリーズの開発が停止して早二十年した現在、改めて「ストリートファイターIIをファミンに移植しようぜ」というその心意気は、もう愛どころか偏愛的なものとしか思えず、何処かの誰かが言っていた「成功すれば純愛、失敗すればただのストーカー」という単語が脳裏を過ぎった。

ともあれ、こちらのゲームは「ファミコンの2ボタン」での動作を前提にしているので、大パンチ・大キックは長押し、少パンチ・少キックは短か押しでこれらは対応。

つりま懐かしの「ストリートファイター」形式や、PCエンジン版ベラボーマンみたいなものなので、気分はもう昭和と言える。

またプレイした当方の感覚では「ストリートファイター」ほどシビアではないものの、コマンドの入力が「かなりシビア」なので、気分はBack to the 80's。

画像も音楽も過去にリリースされていた「どのパチモノ ストIIよりも上」なので、これが令和の新技術かと驚く事は大必至。

グッバイ昭和、ハロー令和で超サイコーイェーイ。

と、言いたいところではあるけれども、こちらはまだ「デモ版」なので使用できるキャラクタが「リュウ」のみ。
また作者は俺の使うリュウ親でも殺されたのか、敵はカイザーナックルの隠しラスボス「ジェネラル」級に強いので、動作確認される方心して挑めよって感じ。

なお作者の方曰く「Everdriveで動作させてくれ」との事だけれども、当方の「Mister FPGAで動作確認」がとれたので、多分「Nt Mini Noir Edition」でも動作は可能と思われるし、多分エミュレータでも問題ないと予想される。

そんな訳で、KrezzからEverdrive N8を購入してはみたものの速攻飽きて「なんか今更ファミコンをやるのもなぁ…」とか思っている方や、Mister FPGAやNt Mini Noir Editionでファミコンをバリバリ遊んでいる方、部屋にあるファミコンのカートリッジが本物よりも、アジアのパチモノの方が多いアレな方などは、こちらのロムイメージをダウンロードして試してみてはいかがでは。


ネタ元
https://twitter.com/kousei69/status/1400536566800420869
コウセイさんのTwitter

21/06/04 100円ライターからデロリアンを作る その他
完全に匠の技 工作
若かりし頃に粋がっていた小僧時代のある中年の皆様は、その時代にタバコを吸っていたなら間違いなく「ZIPPO派」か「100円ライター派」のどちらかであったかと思われます。

極稀に「ターボライター派」という実用性重視の方がいらっしゃいますが、金がない頃のライターなんて100円ライターしか使えなかったってのが関の山。
実際のところZIPPOを使っている人間の大半は「かっこいいから」とスタイル重視の場合が非常に多く、例えばそれが駄目な事なのかと言えばそうでもなく、かの沢田研二がカサブランカ・ダンディの中で歌っていたように「男のやせ我慢 粋に見えたよ」というのはオシャレ界の通説である事は間違いなく、実際に沢田研二は男のやせ我慢な服装でモテにモテてリンダ困っちゃうみたいになっていたので、最近服が全てユニクロになりつつある当方は、初心を取り戻しオシャレ最前線になんとか戻りたいと思っている。

閑話休題

タバコを吸っていた時代の当方は、びっくりするほど日々酔っ払って過ごしていたので、大事にしていたライターを半年に一度はなくしてしまう事から、「無くしたZIPPO代金で、中古のクラウンが買えちゃうほどに損をした」という稀有な人間である事を自称しており、そんな事から廃人末期のクズっていた頃は予算の関係上、100円ライターばかり使うようになっていた。


実際に100円ライターなんてものは100円であるが故に無くしてもへの屁のカッパであるし、無くした…と気づいてもコンビニにフラッと出向けば簡単に補充できる事から、当方死ぬほど愛用していた訳ではあるが、たかだか100円ライターとなると何故かZipppのように無くす事はほぼ無くなり、仮に無くしたとして鞄の奥に入っていたり、タバコの箱の中に入っていたり、後日飲んだ相手から「間違って持ってっちゃったよ、ゴメンね」とか言われて返却されたりする事から、当方の机の引き出しにはiMacのCMよろしく、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫と100円ライターが全色揃い踏みであったので、引き出しをあける都度She's a Rainbowが脳内でリフレイン再生されていたような気がしないでもない。

https://www.youtube.com/watch?v=awZv4Ok4rlc
iMacのCM

ともあれ100円ライターはタバコを辞めた今でも震災がやってきた時のロウソク点火用、万が一のプラモ製作の為のプラ棒曲げ用、酒を飲んでいてスルメイカを焼いて食べたくなった時用と、様々な用途の為に机の引き出しに保管されているので、この100円ライターというマッチ以上に付き合いが長いアイテムについてはもう少し深く考えて生きたいと思っている。

そんな100円ライターをベースにデロリアンを作り上げる外国人が登場。
その名も「ANK Creative」さん。

このANK Creativeさんは1ガス切れした100円ライターをバラバラに分解し、そこからプラスチックを切り、曲げ、削り、そして接着してデロリアンのミニチュアを作成。
そのデロリアンはミニカーのようにちゃんとタイヤもしっかり回転するのが超絶クールと言える。

またANK Creativeさんは100円ライターを愛しに愛しきっているらしく、GT-Rや、ベスパや、AK-47など様々なものを作られているので、今でもタバコをプカプカ吸って煙突みたいに生きている方は、是非とも一度ご覧あれ。

https://www.youtube.com/c/ANKCreative/videos
ANK Creativeさんの100円ライター作品集

という訳で、エレカシの浮雲男にあるように「吸いすぎだからおやめなさい」と言われまくっている方や、DTBWBのスモーキン・ブギのように「目覚めの一服、食後の一服」が日常に組み込まれている方、ディランIIのプカプカにあるように「いつもプカプカプカ」なニコチン中毒最前線な方などは、ガス切れかました100円ライターを眺めつつ、こちらの動画を眺めてみてはいかがでは。

21/06/03 レゴで「銀河英雄伝説」の戦艦をつくる人々 その他
かっこいいね 銀河英雄伝説
銀河英雄伝説は読んだほうがよい。
そう言われ続けて既に25年。
最初に薦められたのは、確かバイト先の人から「ものの考え方は日本海軍と銀河英雄伝説から全て学べる」と、人生の攻略法を確立したと言わんばかりに説明された時から始まった。

実際に何をどう学んだのかわからないが、少なくとも目の前にいるバルビーツを飲んで入水自殺に失敗した太宰治の表情をしているこの先輩が言うのであれば、読んで損しかないような気がしたし、銀河英雄伝説という漢字の画数が姓名判断的に考えると、当方の名前と同じくらいに悪そうなので、この時は控えめに辞退し一回目の読書タイミングを逃した。


二度目は遥か昔の会社努めの頃、一緒に香港に行った年上の同僚が、香港の電気街で買った銀河英雄伝説のDVD-BOXを「これ税関に怪しまれたら嫌だから、ちょっとこれ鞄に入れておいてください」と、まるで麻薬の密輸をお願いするような感覚で手渡された時。

この後、この彼とは相当ないざこざが発生するのだが、それはさておいて、この人間からも「銀河英雄伝説はいいですよ、世の中の全て学べます」と、仕事の昼休みに一緒に行ったサイゼリアでワインを飲みながら語られたが、昼間から赤ら顔で語られるその言葉に微塵の重みは無かったし、悟った先が昼間から酒となると、銀河英雄伝説はなかなかのクズ大辞典な気がして読む気はしなかった。

三度目はたぶん一緒に飲んでいた編集者が「銀河英雄伝説のDVD-BOXを買っちゃいましたよ。若い頃にLD-BOXが買えなかったから超嬉しいんですよ、あと絶対に比喩の役に立ちから銀河英雄伝説は読んだほうがいいですよ」と、幸せのおすそ分け情報と共に薦められた記憶があるが、そのDVD-BOXに収録されたDVDの枚数に恐れおののき、この時はアニメと観る前から頓挫しただけではなく、おすすめされた本も読む気力まで失せた記憶がある。

その後、人生で所々で「大江健三郎を読むより銀河英雄伝説を読んだほうがいい」といった比較対象がおかしな推薦や、「銀河英雄伝説を読まない奴とは酒を気持ちよく飲める気がしないです」と銀河英雄伝説絶対主義みたいな話をされたりもしたが、毎回「今度時間がある時に漫画版でも読んでみますよ」とか「こないだファミリー劇場で全話一挙を半年かけてやっていたのを録画しているんでヒマな時にでも観ときますよ」、一応の歩み寄りはしているが、漫画の絵が古いとか、台風の日の録画が失敗して一話欠けるとか、なんか神々に水をさされるような状況が続いた結果、最近まで銀河英雄伝説という作品に対して触れることはなかった。

そしてその最近、友達から「銀河英雄伝説ですか? 面白いですよ。なんか人間の醜さの集大成っていうか。例えば…」とマルセル・マルソーのような身振り手振りで銀河英雄伝説のワンシーンを説明されるも一向にピンとこず、いつものように気だるさ全開で聞いていたところ「これとか凄くないですか?」と一本の動画見せられた。

https://twitter.com/nissen/status/753534253904691200
銀河英雄伝説の掃除機

映画化、アニメ化、舞台化はよく聞くが、掃除機化となると他に思い浮かぶ物はなく、この瞬間に当方は銀河英雄伝説に今までない程の興味を持ち、その返り道にブックオフで一冊だけ古本を買ってきて読み始めた。

というのが三ヶ月ほど前の話。

本を買ってくるという過去最大の進展こそしたものの、太陽に「ソル」、地球に「テラ」、という昭和っぽいルビと、亜空間跳躍航行法という聞いたこともい空想科学ワード登場したあたりで心が折れ、現在は「デニス・ロッドマンのワルがままに」と共に「いつか読む本棚」に突っ込まれている。

そんな訳で、ちょっと拗らせている男性が高確率で読んでいる「銀河英雄伝説」の戦艦をレゴで再現している方をまとめてご紹介。

https://twitter.com/mignonnes/status/1012335026489311237
レゴ テクニックシリーズで作られた「戦艦 ブリュンヒルト」

https://twitter.com/tm96008/status/1007161032320536576
標準戦艦と火力強化型

https://twitter.com/tm96008/status/1013033530136203264
トリグラフ

https://twitter.com/tm96008/status/1010138632848437249
黒色槍騎兵艦隊所属の高速戦艦(旧TV版)

https://www.flickr.com/photos/bricklovinfreakboy/36388410/
レオニダスとレオニダスII

https://twitter.com/gineidendnt_pr/status/1078265433294131200/
スパルタニアン

https://twitter.com/nnasashi/status/1102579747396083712
ヒューベリオンとヤン・ウェンリー

こうして並べられると、ガンマニアの友達から「これがマルイのグロック17で、こっちがMGCのグロック17、これがタナカのグロック17で、そしてこれがWe-Techのグロック」と、似て異なる品物ではあるが一般人である当方にはイマイチ区別がつかないアイテムを嬉々とした表情で延々と見せびらかされた時の事が思い出され、なんとなく頭が痛くなった。

そんな訳で、最近までNHKで放映されていた銀河英雄伝説をとりあえず全話DRで録画していた方や、銀河英雄伝説のLD-BOX、DVD-BOX、Blu-ray BOXの全てを購入しているのに、レンタルビデオ店にある銀河英雄伝説のDVD-BOXをDVD-Rに焼き付けて別バージョンとして保存しているアレな方、「銀河英雄伝説を読まないやつはほんとにバカだ」くらいの事を当方に軽く言ってのけるサイコ野郎な方などは、こちらのレゴを眺めて貴方の心の銀河の歴史にまた1ページを加筆してみてはいかがでは。