21/02/28 ゼロから歯ブラシを自作する その他
すると一本45万円もかかった話 DIY
世の中にはイマイチ存在意義がわからない民間の資格が多々ある。
その資格がどれほど役立つのかはわからないか、その資格を肩書の一つとして使用して仕事をしている方をよく見かけるので、私設警察ならぬ、私設資格というのは一概には否定はできない。

しかしながら、世の中には「国家資格以外は資格として意味がない」と鼻の穴を広げて誇らしげに自身のITの資格を見せびらかす方が多々おり、「それじゃ国家資格以外の資格は世の中で意味を成さないのか」と問うと「全く意味をなさない。意味をなすのはTOEICくらいだ」と大体強気の解答が返ってくる。

しかし実際そうだろうか?

例えば「警察官」や「体育教師」などは、よく「柔道の段数」をアピールしているような気がするし、履歴書などを読んでいると「柔道、剣道の段数」が書かれている事は頻繁にあるし、飲みの席で「xxさんって、あんな弱そうだけど柔道3段なんですって」話はよく聞く。

しかし柔道の段数は国家資格でもないし、調べれば柔道の段位は所謂「民間資格」というものであって、言うなれば「アドビ認定エキスパート」とか「認知症介助士」とか「野菜ソムリエ」とか「フードコーディネーター」となんていうものとなんら位置的には変わりなく、じゃあ自分もなんか民間団体立ち上げてみるかなって話になったならば、当方が胸を張って開祖を名乗り、段数を贈呈しちゃったりしなかったりするのは間違いなく「ヤブ医者検定」であると言える。

なにせ、近年まで行く医者の9割がヤブ医者、石を投げればヤブ医者に当たるとまでヤブ医者にしか出会っていなかったため、体中に「謎の消えない傷跡」や「虫歯じゃないのにセメントで埋められ歯」、薬の処方量が「死にかけている老人よりも多い錠剤量」といった感じに、書くも涙、語るも涙の、お涙頂戴な浪花節。

正にリアルああ無情。

そんなヤブ医者八段な当方が、ちょっと前に少しだけ歯が痛いという理由で近所の歯医者に行った。
本来であれば予約を取ったら2週間後に初診が受けられる歯医者に行くべきであったが、元来のせっかちであるが故に「年中無休 夜遅くまで営業中」と書かれた歯医者に行ったのが運の尽き。
そこにいたのは「じゃりン子チエ」に出てくる「ヒラメちゃん」を中年にしたような男であり、そして開口一番ゲイバーのママのように「いらっしゃ〜い、どうしたんですかぁ〜」と猫なで声で話しかけてくる上に、来ている白衣は白衣にも関わらず「ビンク色」という、街の不審者放送に流れてきてもおかしくない医者だった。

通常の人間であれば「あ、やっぱり予定があったので帰ります」と言うのだろうが、床屋で「かゆいところありますか?」に対して「ありません」と気を使ってしまったり、「こんな感じでよろしいですか?」と鏡を見せられて髪型に納得いかなくても「はい、問題ないです」と答えてしまう奥ゆかしい当方は、心のソコから何らかのバチが当たったと覚悟を決めて「奥歯のあたりが痛いんです」と診療を開始してしまう事になる。

そのMr.ヒラメ曰く「奥歯のどれが痛いんですかね、叩くから痛かったら痛いって言ってくださいねぇ〜」との事だが、叩かなくても歯は痛いし、最初に叩いた歯から痛いので「痛いでふ、痛いデふ」と口を開けながらアピールしても、オカマ野郎は「こっちの歯も痛いでしょ〜、こっちも〜」と結構な強さで鉄製の何かで歯を叩き続けた。
流石のデューク東郷でも自白するだろうし、もし当方がジャック・ルビーであったなら、光の速さで射殺してやると思ったが、悲しいかな銃を持つ権利がない我が母国ではそれも叶わず、叩かれるままリズミカルに「痛い、痛い、痛い、それも痛い」と叫び続けるだけだった。

その後も「うちは注射器が苦手な方でも大丈夫な機材を持っているんですよ〜」との言葉と共に現れた巨大な鉄製の何かを取り出し「バキィィィン」という衝撃音と共に注射以上の激痛を与え、その後もドリルで「あれ、この歯じゃないのかな?」という疑問形の言葉と共に削られる我が歯。

正直なところ「この歯じゃないのかなぁ〜?」と口走しられた時点で削られた歯は確実に違うし、治療が施されて口をゆすいだ瞬間、通院前よりも痛みが倍増し「ボギョァァァ」と人間として出るはずのない悲鳴も出た。

もう完全に踏んだり蹴ったりだが、痛い部分を処理しない事には医者を飛び出し逃亡する事もできない。
なので更に歯は削られ、施術中にMrヒラメのスキをついて舌でいじったその歯はドリルで完全にえぐられ、感覚的には「アップル社のロゴ」のような虫かじりのような状態になり、そして作業ミスにより複数本の歯が削られた事により「強度が足りなくなっちゃった」という意味がわからない説明の後、奥歯と通常歯の隙間をセメントで埋めて結合されて「奥歯の長さが常人の2倍」になるという仮面ライダーのような改造手術も許可なく勝手に行わた結果は、口の中は歯の痛みこそ収まるものの、歯茎の猛烈な痛みと、口内全体に広がる恐ろしい程の違和感だった。

帰り際「虫歯を治療した歯って神経が無くなっちゃっているので、歯は死んでいくだけだがら、是非うちでインプラント手術をおすすめしますよ〜」と、がんの手術を受けた直後に葬式屋の紹介を受けるような営業を受けたが、それを断る気力は既に無いし、もし当方が海原雄山であっても「帰るぞ中川。時間の無駄だった。」と中川に声をかける余裕もない。

そして数日後には、治療した歯と歯茎が得も言われぬ激痛に代わり、常々「このボロい歯医者にだけは行く事はないな」と思いながら通り過ぎていた昭和臭が漂う近所の古い歯医者に駆け込む事となり、桂歌丸から養分を吸い取ったようなヤブ医者っぽい歯科医に「こりゃ酷い…」と全否定された後に更に歯は更に削られ、その歯の治療があらかた終了したのは、その老医の次の、そのまた次の次の歯医者の治療後であって、今その歯はまたジンジンと痛み始めている。

この様子だとヤブ医者八段が免許皆伝になるのはそう遠くも無いが、できれば初級でもよいので名医検定の認定を受けたいところではある。

そんな訳で、虫歯の天敵とも言える「歯ブラシ」を購入するのではなく、毛先まで自作で作ったところ「$4,200(約45万円)」をかかってしまった人をご紹介。

こちらのリンク先では、先述のように歯ブラシの持ち手から毛の部分までを完全自作。
持ち手は複数の木材を重ねて削り出し、それにワニスを塗って研磨を行い、歯ブラシの要であるハンドル部分はステンレス鋼から削り出し行い、それを江戸川区のあたりの職人よろしく手曲げして絶妙な角度に調整、そして「どうやって作るんだろう」と疑問符しか脳に浮かばないヘッド部分は、アデランスの植毛職人が一本一本髪の毛に縫い付けるかのように釣り糸を縫い付けるという、ディスカバリーチャンネルあたりが特番を一本組んでおかしくない狂気の製作過程を動画で公開しているので、在宅勤務や無職になって時間が少し余っている方などは超必見。

なお私事にはなりますが、超直近だと昨日今日のレベルで眼科で「まったく度が合わない眼鏡を作るの巻」のような事態に見舞われているので、稀に週刊誌で特集される「ニッポンの名医」とかいう特集記事を読んでみたい衝動にかられている次第。

そんな訳で、「俺、最近電動歯ブラシに変えたから普通に歯磨きに興味ない」という方や、職人技とか 匠の心と書かれた商品を見かけると手に取ってしまう方、趣味がD.I.Yと公言しているがゴミやガラクタとしか思えない品物が部屋にどんどん溜まっている「街のエジソン」みたいな方などは、こちらのサイトで公開されている動画を眺めてため息交じりに職人の技を眺めてみてはいかがでは。

追記…「ああ無情」とは書いてはみたものの、ストーリーを何となくしか思い出せなかったので近くの人に「ああ無情って読んだことある? ああ、ある。あれだよね、最後に銀の燭台でぶん殴られて死ぬ話だよね?」と確認したところ、「正気?」と言われたので、近いうちに子供図書館にでも行って「ああ無情」を読み直そうと思う。

追記2…ブックオフの100円コーナーで「NO(ノー)」と言える日本」を見かける都度に「これ読んだら、床屋で色々言えるかな」と考えてしまう。

21/02/25 MAME 0.229リリース エミュレータ
世界最強のマルチアーケードエミュレータ Wundows
裏ニュース!から現在の連邦まで、MAMEがバージョンアップする都度にアーケードゲームの思い出話を書いているので、正直アーケードゲームに関する思い出はとっくの昔に枯渇している。

どれくらい枯渇しているのかと言うと、今回のMAMEのアップデートを紹介するにあたり、前頭葉の端っこあたりにチョットだけ記憶されていた「MAMEのコピー基板を売って生活する人の話」なんてのを書き始めてはみたものの、書いて30分ほど経過した頃に読み返してみたら「ゲームセンター業界の暗部」という、こんな話を書くなら「今日うちの犬がこんな大きいフンをしたんですよ」という尾籠な世間話の方がよほど有益なような気がしてきたので、今日は自分が学生時代に通っていたゲームセンターの話をしたいと思う。

そのゲームセンターは駅前の地下にあり、そしてストリートファイターIIや、餓狼伝説といった格闘ゲームブームの時代にも関わらず、全てがテーブル筐体という不思議な店だった。
また設置されているゲームは、他の駅前にあるゲームセンターよりも2年ほど古いゲームが多く、格闘ゲームブームであった1994〜1995年頃であったにも関わらず、店に設置されたゲームの大半がシューティングゲームという実に漢らしい仕様であり、かつゲームの難易度は明らかに他店よりも高くセットされていたので、財布が爆死する学生が多発していたが、1プレイ50円という他店の半額の値付けが功を奏したのか「店主の頭がおかしい」にも関わらず、金がない学生がチラホラと出入りをしていた。

店主の頭がおかしい。
これが何を意味しているのかと言えば「他人のゲームを観戦するのは禁止」、「店内でビリヤード以外は会話禁止」、「ジュースの持ち込み禁止(テーブル筐体だぜ?)」と、まるでコロナ渦の現代のようなルールが定められており、もしこの掟を破ろうものならば「店主が棒をもって追い払いにくる」という狂気の沙汰としか思えない店であったが故、当方と愉快な仲間たちはこの店主に「憲兵」というあだ名をつけていた。

その憲兵がある日突然声をかけてきた。
なんでも「よく店に来てくれるから、特別にビリヤードのうちかたを教えてやろう」との事だった。
確かに安さに惹かれて店には来ているが、店の奥にあるビリヤード台には全く興味が無いし、過去に店主と行われた唯一の会話は「すみません、両替機詰まったみたいなんですが」という問いかけに対し「チッ」という舌打ちしかないので、お世辞にも馴染みの客と店主という関係ではない。

だが以前から書いているように「NOと言えない日本人」代表と言っても過言ではない当方が、この上から目線の問いかけに「結構です」と言えるはずもなく、言われるがままに初ビリヤードに挑戦するも、当然の事ながらボールにキューが当たらない。
横でニヤニヤしながら眺めている友達は別にかまわない、しかし誘ってきた店主がニヤニヤしながら眺めているのは非常に納得がいかなかった。

こちとら初心者、店主は店にビリヤード台を置く程なのだから間違いなく上級者(思うに50代)なのだから、それこそ「ビリヤード」の面白さや醍醐味を伝え、当方から始まる田舎のビリヤードブームを目論む位、サービス精神旺盛に色々とティーチングしてくれるのが筋ではないだろうか。
相手に快楽を覚えさせ、嵌めてむしり取るという、桃源郷からはじまり、現代の課金製のスマホゲームに通じるあの常套手段を使う気配は一向になく、彼はただ他人が失敗するのを眺めながら快楽に浸っており、子供心に「大人としてどうなのよ、それ」と思った。

何度か失敗しているうちに、そろそろ俺の時間だなと言わんばかりに「俺が正しい打ち方を見せてやるよ」と、ベイブルースが予告ホームランするかの如く、威風堂々と、それは「見てらんねぇなぁ」という雰囲気を全身で醸し出しながら、プール台の前に立ち、そして疾風の勢いでショットを放ち、そのキューは空をきり、キューはマットにズゴッと突き刺さった。
一同が爆笑した次の瞬間、親父がキューをビリヤード台にたたきつけて「出ていけ!!!」と言ったことだけは覚えている、しかし以降の記憶は当方にはない。

なんとなく覚えているのは、他の友だちから「あの店は出禁にならない方が珍しい」と伝え聞いた事だけだ。

そんな訳で、ゲームセンターに通っていた方ならばお馴染みのマルチアーケードエミュレータ「MAME」の最新バージョンが公開されました。

今回のバージョンアップはこんな感じ

●64ビット版のMAMEでは、ファイル名に "64 "という文字列が付かなくなりました
●アルゼンチンのタイトルがMAMEに登場しました。
Ms.PacMan Twinは、Ms.PacManの大規模なハックで、2人同時の協力プレイが可能です。もう一つのレアな体験ができるのは、Midwayの未発表のPower Up Baseball – the NBA Jam of baseball

●JAKKS Pacific社の児童用ゲーム機に多数対応

また、今回個人的に気になったのは海賊版タイトルのコレ。

●Street Fighter II': Magic KO Turbo!! - Nightmare Crack

ストリートファイターシリーズなので早速調べてみたところ、ブランカがレバー移動できる「エレクトリックサンダー」を使えるようになっており、正直II'のサイコはめ級に面倒くさい事になっていた。


https://www.youtube.com/watch?v=eMsf4Gq6kEM
Street Fighter II': Magic KO Turbo!! - Nightmare Crack

そんな訳で、若かりし頃のゲームセンターは今と違って「不良の巣窟」であった事を思い出した方や、当時のゲームセンターの雰囲気が好きでYoutubeで複数のゲーム動画を同時再生して「バーチャルゲームセンター」を堪能している方、若かりし頃に「いつか家を買ったら筐体を置く」と心に誓ったのに今の家族に反対されて「PS3」で我慢している方などは、最新のMAMEでアーケードゲームを色々試してストレス発散してみてはいかがでは。


追記…新規対応タイトルを詳しく知りたい方は以下のURLからどうぞ。

https://www.mamedev.org/releases/whatsnew_0229.txt
What's New

追記2…JAKKS Pacific社の子供向けゲーム機に多数対応(スパイダーマンとか、きかんしゃトーマスとか、スクーピドゥーとか)と手短に書いたけれども、、ここまでくると本当に全くわからない

https://www.amazon.co.uk/Jakks-Spider-Man-Sharp-Cookie-Game/dp/B000QWA7TQ
JAKKS Pacific社のスパイダーマン

https://www.youtube.com/watch?v=G1wwWBP24oA
スパイダーマンのゲーム画面(MAME)

https://www.youtube.com/watch?v=07AwwL34WDI
JAKKS Pacific社のきかんしゃトーマスの動画

21/02/24 ハロウィンに向けて今のうちにDAFT PUNKの衣装を買おう その他
やるなら今年が最後でしょ テクノ
リオではカーニバルの季節、なのでこちらも負けずに盛り上がりたいところではありますが、歳からくる更年期障害からなのか、はたまた昨晩食べ過ぎたスナック菓子が原因なのか、体調も精神面もイマイチ優れず、そんな最中に流れてきた「DAFT PUNK解散」と「みうらじゅんフェス in 盛岡が開催決定」というテンションダダ落ちなニュースと、テンション爆上がりなニュースが同時に入電し、自身とマスコミのギャップに苦しみ悩んでいる時にコカインを入れて妙なテンションになりヘロインをいれているカート・コバーンのような心境になりつつあります。

しかしながら、最近はコロナのワクチンも輸入され、世のマスコミは手のひらを返したかのように「ワクチンの危険性」から「ワクチンの有益性」推しになり、なんかこの様子ですと「東京オリンピック」はおろか「FUJI ROCK」も開催されるような感じもし、そうなってくると「俺は嫌いだけど、若者達が大好きな渋谷のハロウィン」は間違いなく去年行われなかった分「狂乱のハロウィン」として開催される事は間違いなく、するとハロウィンに興味が無い当方も「今年はちょっと気の利いたハロウィンの仮装でもやってみようかな」と、老年に差し掛かった頃に初めてアニメの面白さに気が付き、50代間近になって「初コスプレをする老年」のような思考になってきました。

となると現時点で考えられるのは、竹中直人が某番組で演じていた「ジョーカー」もしくは「DAFT PUNK」の二択となり、そしてそのDAFT PUNKの衣装は海外の「Etsy」や「Ebay」で「まあまあ」安価で購入が可能というお話。

まずは安価なDAFT PUNK仮装セット

https://www.etsy.com/jp/listing/939292102/kit-guy-manuel-thomas-bangalter-helmets?ga_order=most_relevant&ga_search_type=all&ga_view_type=gallery&ga_search_query=DAFT+PUNK&ref=sr_gallery-1-6&organic_search_click=1
約55,000円の「トーマとマニュエルのヘルメットとグローブセット(1ペア) 」

https://www.etsy.com/jp/listing/599527248/daft-punk-helmet-guy-man-discovery-era?ref=hp_rv-1&cns=1
約300,000円の「電光アニメーションが可能なマニュエルのヘルメット」

https://www.ebay.com/itm/Daft-Punk-Helmet-Guy-Manuel-Discovery-Era-Chrome-LED-Helmet-DJ-Party-Mask/273742801664?hash=item3fbc57ab00:g:GqUAAOSwYFldjvA~
約250,000円の「電光アニメーションが可能なマニュエルのヘルメット」

https://www.youtube.com/embed/T_gQ5n9B6ik?rel=0
そのマニュエルの電光アニメーション

https://www.etsy.com/jp/listing/569585780/daft-punk-helmet-discovery-era-thomas?ref=sim_items_grid-2&cns=1
約300,000円の「文字やハートを電光表示可能なトーマのヘルメット」。

https://www.ebay.com/itm/Daft-Punk-Helmet-Thomas-Discovery-Era-with-LEDs-Chromed-Mask-DJ/273006421951?hash=item3f907367bf:g:1h8AAOSwSn1djsyB
約250,000円の「文字やハートを電光表示可能なトーマのヘルメット」。

https://www.youtube.com/embed/_OHkwk8vFbg?rel=0
そのトーマの電光アニメーション

こんな感じに仮装セットが購入こそできるものの、装着時に視界が確保されるのか、夜中に光らせてあるいていて眩しくないのか…という点にはおいては、買った方のみ or 販売者に質問した方のみわかるので、ハロウィンくらいはスーパースターになりたい方などは、試しに買ってみるとよいかもね。

そんな訳で、今朝目が冷めてニュースをみた瞬間「あー」とか思った方や、「DAFT PUNKって30年くらい活動しているけれども実質アルバムって4枚くらいしかだしてなくない?」という事実に気がついた方、近年のDAFT PUNKってテクノのカテゴリじゃないよな…と思いながらディスクユニオンのテクノ棚で中古CDを探している方などとは、こちらの出品物をボンヤリ眺めてみてはいかがでは。

21/02/23 bsnes-hd beta 10.4リリース エミュレータ
再現性が相当高めなスーパーファミコンエミュレータ Windows/Mac /Linux
スーパーファミコンのエミュレータと言えば「SNES 9x」と「ZSNES」と言われていたのは昔の話で、2020年代は「bsnes HD」と「SNES 9x」が世界的に主流のスーパーファミコンエミュレータと言われている。

この「bsnes」というエミュレータの何が凄いのかと言えば、特殊チップ搭載」と言われてタイトルのプロセッサーを徹底的に解析し、実機同様に動作せさる為にその全てを費やしていると言っても過言ではなく、そしてこの作者さんは実際のROMを自身で入手して吸い出した上で動作確認をするという、悪く言えば無限地獄、ブルーハーツ風に言うと「終わらない歌」のような事を、かれこれ「2004年」からずっと続けている。

そんな事をしていると「とんでもないトラブル」に巻き込まれる事もある訳で、例えばそれがどんなトラブルだったのかと言えば、エミュレータの支援者から膨大な量のスーパーファミコンの「PALのカートリッジ」を借りるも、輸送途中に「未着事故」が発生してしまい、約$7500〜10000相当のカートリッジを紛失。
幸いな事に荷物に保険はかけてあったものの、その保険だけでは損失を補う事はできず、律儀にローンを組んで返却を開始するも、世の流れがスーパーファミコンエミュレータから、他のエミュレータ(多分プレステあたり)になってしまい、ダウンロード数が最盛期より落ちてしまいbsnesのユーザー離れが発生し収益が落ちるという事態に。

また各タイトル、各特殊チップ、各対応ハードウェアに対しての再現度を上げ続けた結果、アプリケーションもプログラムの処理内容もどんどん肥大化し、いつの間にやら次世代機と言われていた「プレステエミュレータよりもスーパーファミコンエミュレータの方が動作が重い」という由々しき事態も発生。

けどまあ、そんなこんなありしまたが、荷物はその後に無事に見つかり、金銭的な問題は解決し、作者様は特殊チップに全対応した後は、更にエミュレーション精度を上げ続け、一昨年くらいには「HD画質でのモード7に対応」、去年あたりは「ワイドスクリーンに対応」と言った感じに、画質面を中心にアップデートを行っていたが、何故かこの一年間はアップデートが無く、正直「死んだ」か「交通事故にあったか」か「嫁に私とエミュレータどっちが大事なの!!」と言われてエミュレータの開発をしているパソコンを破壊されたと思っていたが、実際はコツコツ開発されていた模様で超スゲェぜって感じと言える。

そんな訳で、再現度が現時点で最強と言われているスーパーファミコンエミュレータ「bsnes」が一年ぶりにバージョンアップしました。

こちらのエミュレータの特徴は「■群を抜く再現性、■特殊チップに完全対応、■ワイドスクリーンモードを搭載、■他のスーパーファミコンエミュレータに比べて要求スペックが高い」という点でしょう。

今回のバージョンアップでは(ざっくりで)

一般的な修正
●メモリリークを修正しました。
●レンダリングされたすべてのフレームに影響するメモリリークを修正 (#70)
●ワイドスクリーンのサイズを8単位で丸めて位置ズレを防ぐようにしました(#60)
●背景色のグラデーション スムージングに、意図したエッジのぼやけを避けるためのしきい値が追加されました。
●いくつかのリリースビルドシステムの微調整 (一部は Margen67 さんの #57 から)
●ワイドスクリーンマーカーの位置を調整

スタンドアローン
●設定の読み込みを修正 (#45, #53)
●WaveOut (Windowsのデフォルトオーディオ)のデフォルトレイテンシが128になりました (#58)
●LinuxおよびMacのリリースでは、実行権限を保持するために.tar.bz2が圧縮されるようになりました (#37, #41)。
●MacのリリースはmacOS 10.14 (Mojave)が対象になりました (#40)
●同梱されている設定ファイルは空ではなくなりましたが、デフォルトの入力とホットキーの設定が含まれています。
●Windows と Linux のパッケージには ocesse による Super Metroid のワイドスクリーンパッチといくつかのサンプル設定のオーバーライド(一部 @wojpawlik による)が含まれています。

その他
●ワイドスクリーンまわりを色々変更できる用に修正

●CPUのオーバークロック の設定を0に設定できるようになりました
●ワイドスクリーンマーカー の設定を'm'で設定できるようになりました。
●モード7遠近法補正 の設定をPから設定できるようになりました。
●ゲームの切り替え時にオーバーライドが正しく削除され、設定で偶発的にセーブされないようにしました

となっています。

なお、bsnesがどれほど再現度に拘っているかと言うと、実機で処理落ちしているタイトルは、その処理落ちを完全な状態で再現するというレベル。
決して快適に動かす訳ではなく、あくまでも再現度が優先。

という訳で、「Analoge Super NT」の再販を毎日願ってるけれども「なかなか」再販が行われず日々モヤモヤしている方や、自分の中のスーパーファミコンエミュレータが「ZSNES」で止まっている方、特に理由もなくパソコンのスペックを上げているけれどもOSが早く動作する以外「まったく恩恵を受けてない」という方は、たまには新しいエミュレータをインストールして気分を変えてみてはいかがでは。

追記…作者さんも「一年ぶりだな」と、どこぞのスーパーヒーローみたいな事を言っていた。
やっぱヒーローは遅れてやってこないとね。

21/02/22 セガのR-360がイギリスの片隅で発見された模様 その他
スクラップ状態だけれども発見された事が大事件 ゲーム筐体
ちょっと年上の元ゲーマーと話をしていると、100回に1回くらいの確率で話をされる「SEGA」の「R-360」。

基本80〜90年代のアーケードゲーマーなんて「モテないけどゲーム好き」、「モテないからゲーム好き」なんてのが一般的だったと思うし、彼ら、俺、お前は見も知らぬ「彼女連れでゲームセンターで対戦台に乱入してきた人間」に対しては、モテない俺らゲーマーの嫉妬と怒りを左レバーに添えた指に集中をさせ、右のボタンはモテないギャラリー達の「殺せ、殺せ、ヤツを殺せ」という歓声と共に断頭台に上がったマリー・アントワネットの処刑を待つフランス市民のように期待に満ち溢れた力が未知の力を借りて注ぎ込まれ、結果、彼ら彼女らを「高確率でボッコボコ」にしていたような気がするが、大体において「負けちゃったな〜、UFOキャッチャーでもやろうか」と、まるで試合に負けても爽やかな笑顔で会場を後にするスポーツマン的な姿をまざまざと見せつけられ、試合に勝って己に負けた俺自身が、目の前にあるゲーム機を叩き壊したくなる衝動にかられていたような記憶がボンヤリある。

そんなモテないゲーマーにとって無縁であるけれども、モテているゲーマーや、普通のモテる大学生は結構行っていた、セガの遊具施設「ジョイポリス」に設置されている「R360」という大型筐体は、プレイした人数があまりにも少ない為に軽く伝説であって、そして伝説であるが故に「モテないゲーマー」だった諸先輩の方々からは、このゲームについて感想を聞くことはまずない。

なので若い頃にモテてそうな人に「ジョイポリスのR360とか遊んだことあります?」と聞くと大体は「ジェットコースターみたいのは乗ったけど、これは遊んだ記憶ないなんだよね。ところで、まだゲームとかやってるの」的な解答をされるで、やはり「R-360」は幻のままであったりするが、今現在のジョイポリス、いや正直ジョイポリスがまだあった事は今さっき知ったばかりなので、暇があったらいつか行ってみたいけれども、それはさておきジョイポリスには「R-360Z」という北米版フェアレディーZのようなゲーム機が存在しているらしい。

https://note.com/netanker/n/n60097570f297
R-360Z

しかしながら、なんかこう写真で見た感じ「セガの男臭さ」は全く感じられず、なんというか「よみうりランド」の新型遊具に見えない事もなく、正直言えば「コレほんとにセガ製? 中国の会社が作ったんじゃないの?」みたいな雰囲気をプンプン醸し出している。

さておき、そんな伝説のゲーム筐体「R-360」がイギリスの片田舎の農場で発見された模様。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1363433224848822275/
↑その写真1

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1363442306058100736/
↑その写真2

見つけたのはフェイスブックにあるフォーラム「Sega R360 & R360Z Fan Club」のメンバーの方。
https://www.facebook.com/groups/65666653948/

写真を見た感じ「R-360」はスクラップではあるが、キャビネット自体はなんとかすれば、なんとかなそうな気がしない状態なので、ディスカバリーチャンネルかヒストリーチャンネルあたりが、名ゲーム機復活とかなんとか行って再生してもらいたいところ。

なお「R-360なんか聞いた事もねぇよ」という方は以下のリンクを参照されたし。

https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20200704005/
究極の体感ゲーム筐体「R360」の開発メンバーが次代に託すセガの遺伝子。

そんな訳で、若かりし頃にR-360で遊んだ事のある方や、マイケル・ジャクソンが試乗して即購入したという伝説を現場で見ていたかのように話しちゃうアレな方、レストアと称してハードオフで安く勝ってきたボロボロのファミコンをピッカピカの新品状態にしてヤフオクで販売している「凄腕リペアマン」な方などは、こちらのリンク先を眺めて「誰か復元してくれないかなぁ」と他人まかせにしてみてはいかがでは。

追記…たまに「R-360は高かったけど面白かったよ」とか説明されるけれども、筐体を見た事すらないので「そうなんですか」と、当たり障りのない事しか言えないのが心底歯がゆい。

21/02/21 PUI PUIモルカーをHOゲージ化 その他
発想力が異次元 鉄道模型 / モルカー
かの手塚治虫先生が、若かりし頃にアニメ映画のバンビを「映画館に80回ほど繰り返し観に行った」というエピソードを子供の頃に何かしらの書籍で読んだ時、瞬間的に「頭イカれてるな」と思った。

いかに好きな映画とは言え、同じ作品ならば3回も観れば十分。
仏の顔でも三度までと言うし、自分の好きな「ポリスアカデミー2」や「少林寺三十六房」や「地獄のマッドコップ」でさえ3回も観たらどうでもよいシーンまで脳に刷り込まれるし、正直その時間を他の作品に費やしたほうがよいと「近年」まで思っていた。

しかしその近年とは「今年」に入ってからの話であって、例えば「シン・ゴジラ」とか「ガールズアンドパンツァー」とか「マッドマックス4」が社会現象となった「数年前」なんてのは、自分の中で近年にカウントされておらず、そしてその近年こと「時代時代」に各作品のフリークス達が「やれ爆音上映だ」とか「あっちの映画館で4DXだ」とかなんとか言いながら全国の映画館を行脚している様をツイートし、発売されたばかりのBlu-rayのディスクを購入した写真をツイートし、自宅で散々観た筈なのにテレビ放送時に実況ツイートしているのを眺めながら「時代が時代なら、この人達はきっと全員手塚治虫なんだろうな」と思っていたりもした。

考えてみれば、ガンダムだろうが、エヴァンゲリオンだろうが、ガールズアンドパンツァーだろかが、軽く嵌った作品ですら最後まで観ない上に、DVDは買って棚に飾ったところで満足してしまう当方が、同じ作品を彼ら、彼女、キミ、貴方のように繰り返して観る事なんてのは夢また夢であるし、仮にその夢があるとすれば老後にボケて「孫に延々と同じ水戸黄門のDVDをループで見せられる」か、減刑のために「ルドヴィコ療法」の被験者にでもならない限りそのような事はまず無いと持っていた。

あの「PUI PUIモルカー」が放映されるまでは。

老化によるものなのか、最近の当方は30分のドラマでさえ「長いなぁ、複雑なストーリーだなぁ」などと思ってしまう程に脳が萎縮し悩んでいたが、モルカーの「3分」というストーリーを濃縮還元したような時間は、我が頭脳の為に「あつらえたのではないか」思えてしまう程にジャストフィット。

またセリフも「プイプイ」と「プイ」と「プイー」しかないので、セリフの裏に隠れた真実を考察する必要もなく、また突然ブームになった為か「グッズ」が全く発売されていないので、突発的にグッズを見かけて衝動買いする心配もなく、更に結構みんなモルカーを観ているので「今週のモルカーみました?」と話のタネにピッタリと、モルカーは「コロナ渦でシケている我々人類に神が与えてくれた恵み」としか思えず、時代が時代なら「巨人・大鵬・PUI PUIモルカー」と時代の象徴として流行語に大抜擢されていたと思う。

それほどモルカーが夢中であるが故に、今では趣味であったイカ釣りの事などすっかり忘れ、暇があればモルカーの情報をかき集めていたところ「HOゲージをモルカー化」という異次元な動画を発見したのでご紹介。

こちらの動画では天賞堂が発売している「パワートラック」をベースにHOゲージのモルカーを作成。

http://blog.livedoor.jp/kazushiro_c6217/archives/34132602.html
パワートラック

その完成したモルカーは、ただレールの上を走るだけではなく、劇中と同様に手足が動くという徹底っぷりよう。

また作者様はモルカーの他にも「Nゲージ」で「きかんしゃトーマス」に出てくるキャラクターを多数制作されているので、趣味の一つに鉄道模型がある方は是非ともご覧あれ。

http://smallthomas.html.xdomain.jp/
きかんしゃトーマス Nゲージ

そんな訳で、毎週火曜日の朝はテレビの前で正座して放映を待っているという方や、既にモルカー劇場版の登場を心待ちにしている方、アニメはカンフーの修行のように繰り返して観るというスタンスで今日も生きている方などは、こちらのサイトを眺めてニヤニヤしてみてはいかがでは。

参考リンク

https://twitter.com/nobu_tary/status/1359853424389443590
レゴ製モルカー(ポテト)

https://twitter.com/IanHou2/status/1355143051010662401
レゴ製 モルカー1

https://twitter.com/saku_rin/status/1362355769446834177
レゴ製モルカー2(シロモ)

https://twitter.com/hiacefreak/status/1348156505153888260
レゴ製モルカー3

https://twitter.com/MobiliaRobot/status/1357968077535596544
動くレゴ製モルカー(ポテト)

https://twitter.com/rika_ma_ru/status/1352950471728611328
ダイソーのブロック製モルカー

21/02/19 Final Fight 30th Anniversary Edition エミュレータ
MAMEやFinal Burnのファイナルファイトで3人プレイが可能に MAME / Final Burn
カプコン ベルトアクション コレクションが発売された時、月に2回は遊びに行く友達から「俺カプコン ベルトアクション コレクションを買うけど、一緒に買って遊ばない?」と小学生が夏休みに近所の森へカブトムシを獲りに行くような感覚でゲームに誘われた。

考えてみれば、この友達は釣り友であり、車友であり、食友であったりするので、改めてゲーム友達になるのもよいかなと思って二つ返事で了承したが、再び考えれば「嵐の日に頭のおかしい船宿の親父と船を出して一緒に死にかけたり」、深夜の環七で口に出すのも「悍ましいほどの速度」で車をブッとばされて死を覚悟したり、体調が悪いのに深夜にオススメのとんこつラーメン屋に食べに行って「脂負けして死を覚悟」したりと、基本死と隣合わせにするのを趣味としている友達なので、二つ返事をした十秒後には「断っときゃよかったな」と思ったが後の祭り。

発売から一ヶ月間、毎日深夜まで「ファイナルファイト」と「天地を喰らうII」をワンコインクリアをする為に猛練習させられ、挙げ句「深夜にゲームやっていたら近所迷惑でしょ」と当方のアケコンのレバーとボタンを静音式に改造し、挙げ句当方とのオンラインプレイではワンコインクリアは不能と悟った瞬間、たまたまセールで販売された「フライングパワーディスク」を買わせ、上機嫌になっていたら「元フライングパワーディスクのカートリッジ所有者」だった当方にボコボコにされて「こんなの糞ゲーだ!!」とヘッドホン越しに切れられたりもしたが、あれから暫く経過した先週も普通に食事しに行って「お前もSwitch買ってさ、俺と一緒にサイバーボッツろうぜ」などとボンクラ学生のような会話をしているので、こういう腐れ縁の友達は大事だと思う。

しかし友達であれ、スポーツとゲームは趣味、娯楽、ホビーであったとしても、男という生き物は、絶えず本気でプレイし、楽しみ、怒り、罵り、ブーイングを飛ばして長年の友情なんて場合によっては簡単に壊れてしまうけれども、そこは長年の経験で友情を取り戻すので、それはそれでさておいて、当方と友達のゲームは基本的に「カンフーの修行」のように淡々と作業化している場合が非常に多い。

特にベルトアクションなんてものは「どこにどの敵がてできて、どこでどのアイテムをどのタイミングでとるか」という、アクションゲームの形をした覚えゲー的な部分が非常に多いので、我々ファイナルファターである友達と俺のチャットの音声は「あっっ!!」、「チッ!!」、「ふざけんな」、「そのアイテムやる」くらいしか会話がないので、今振り返るとファイナルファイトの協力プレイはヘッドホン/マイクなしでプレイして、裏でリチャード・クレイダーマンのベスト盤でもかけながら、ハーブティー片手にジャッキーカルパスでも食べながら気楽にプレイシておけば、腕が今でも続いている腱鞘炎になる事もなく、健康に生きられたんだろうなぁと思う次第。

そんなこんなありまして、昨日発売されて話題になっているのが「カプコンアーケードスタジアム」であって、そして今回個人的に注目しているのが全く話題になっていない「ファイナルファイト」の3人同時プレイ。

世間的に今回のSwitch版が「世界初の三人同時プレイ」となっているが、実は今から遡る事やく1年前(2019年12月頃)、MAMEやFinal Burnといったアーケードエミュレータの世界では「ファイナルファイト 30周年記念」という事で、アーケード版ファイナルファイトが改造されて「に3人同時プレイに対応」していた。

かつパレットの変更、オープニングの修正部分を補正、敵&ボス&使用キャラのライフゲージを明確化、ロック解除されたキャラクターの選択など、他にも色々な修正点がありとなかなかの一品。

言うまでもなく「アーケード版 ファイナルファイト」がベースなので、ゲームとしてのバランスもバッチグー。

と、褒めるだけ褒めてみたけれども、一点だけ問題が。
これは当方の環境だけかもしれないので何ともなのだけれども、一年前に3人モードでプレイした時には「1P ガイ」「2P コーディー」「3Pハガー」とキャラクタの選択が強制だったような気がするので、このあたりは昔の仲間と「俺がハガー使うって言ったろ!!!」とキャラクタ選択で怒鳴り合い、殴り合いにならないようにご注意されたし。

そんな訳で、90年代にゲームセンターが心の憩いの場だった方や、「カプコンアーケードスタジアム」を発売と同時に衝動買いしてしまった方、ファイナルファイトに出てくるコーディーの人生が波乱万丈すぎて目が話せないという方は、こちらのインストーラーでMAME/ Final Burn用のROMイメージを作成して、久しぶりにアーケードエミュレータを起動してみてはいかがでは?


追記…説明するまでもないけども、コーディーは「彼女を助けに行くナイスガイ(ファイナルファイト)」→「喧嘩に明け暮れて傷害罪で投獄(ストリートファイターZERO3)→「新開発のドラッグを投薬されてデスコーディーに(ファイナルファイト ストリートワイズ)」→「ハガーに推薦されて市長に(ストリートファイターV)」と、なかなか人に歴史あり。

追記2…個人的には「カプコンアーケードスタジアム」がPS4に移植されるの待ち。これ以上アケコンを増やしたくないので。(コンバータは僅かな遅延が嫌なんで)

21/02/16 DAICON フィルム資料集 その他
昔、死ぬほど散財した DAICON FILM
YOU TUBEが普及する前、俗に言う「幻の映像」というものは、同人販売会の端っこの方で「アニメOP/ED集」のビデオテープを売っている謎の中年あたりに「あの映像って持ってます?」と言って入手するか、同好の士が集まった飲みの席で「そういえば」と今思い出したかのように話を振ってビデオテープを交換するくらいしか方法が無かった。

実際これら方法を駆使し、当時の我が家には数えるのも悍ましい程のビデオテープが保存されてえり、正直その様は「ガサ入れをされた時の宮崎勤の部屋」の様相を呈しているとも言え、仮にもし時代が時代であったなら当方は「平成のサイコ野郎」と近所の人に噂されても仕方がない状態であったが、ある時、頭上からビデオテープが入ったプラケースが落ちてきて「死を覚悟」とした事により、希少なビデオテープはマッドビデオのコレクションと共に「友達」と「友達の友達」に引き取っていただき、約15年間続けていた「希少映像コレクション」は幕を閉じた…筈だったが、三つ子の魂百までと言うように「ウルトラセブン 12話」と「DAICON FILM」だけは微妙にコレクションを続けている。

実際のところ、時代がビデオテープからDVDに移行した頃だと、キャプチャボードの品質がまだまだ悪かった為「MPEG2化した際にブロックノイズが目立つ」という問題が発生していた上に、2000年代に入ると「激レア レーザーディスク」として流通していた「DAICON FILM & 八岐之大蛇の逆襲」のディスクにチラホラと「めだかノイズ」というレーザーディスク特有のノイズが発生し始めた事から、当方は「Pioneer LD-X1」と「Pioneer HLD-X9」という御神体のように鎮座する「重量級レーザーディスクデッキ」で再生した映像を、カノープスあたりのAVIキャプチャボードで「できる限りの最大サイズ」でAVI形式にてキャプチャし、ハードディスクに保存をしていた。

この動画データをマスターとして、時代ごとに「いま最も評判が良いエンコーダー」を使って変換するという生活を続けていたが、流石に人生で100回以上同じ動画を見ていると飽きてくる上に、この年齢になるとまわりは「動画を交換をするなら子育てする」という非常に有意義な日常を過ごす方が目立ち始め、気がつけば当方は「DAICON FILMを延々とエンコードし続けるスプーギー」というポジションにあいなり、数ヶ月前に登場した「高度なデジタルリマスターを施したDAICON III & IV」がYou Tubeにアップロードされた事により「もう、やめやめ」と匙を投げてハードディスクに保存されたマスターデータを消去したのが最近のお話。

https://www.youtube.com/watch?v=yDN68LxWW-8
究極的にデジタルリマスターされた「DAICON FILM IV」

そんな訳で、今回紹介するのは「電車男」のブレイクにより一般に認知された伝説の同人アニメ「DAICON FILM」に関する資料を徹底的に集めている「DAICON ARCHIVE」さんです。

こちらのサイトでは、「DAICON FILM」が公開さた時のチラシや、非売品のレーザーディスクに挿入されていたリーフレット、DAICON IIIのビデオに入っていたチラシや、ゼネプロ(ガイナックスの前身)のチラシ、はたまたDAICONのセルガなど「DAICON FILM」に関する資料が盛りだくさん。

これに下記のURLにある設定資料さえあれば、DAICON FILMに関する歴史的資料は「ほぼ」コンプリート。

https://archive.org/details/daiconfilmiiiivartwork/
DAICON OPENING ANIMATIONの本 設定資料集


んで…
実際問題のところ、火星旅行に行くわけでも無いのに、コールドスリープよろしくマスターデータとなる「DAICON FILM」のデータが十年以上、複数のハードディスクに保存されている」という事自体、人間として相当無駄の境地に達していたと思うし、元々の画像がレーザーディスクとは言え「相当ゆるゆるな画質」であるので、リマスターでもしない限り、You Tubeにアップロードされていた「DAICON FILM」には到底追いつけていなかった。

そんな訳で、若かりし頃にヤフーオークションでDAICON FILMの海賊版ビデオを買ったことのある方や、若かりし頃にSF大会でDAICON FILMを見ていた「元祖おたく」のような方、今全力でお若い「ドラマ版 アオイホノオ」でDAICON FILMの存在を知った方などは、まだダウンロードできるうちに、これら資料をダウンロードしてみてはいかがでは。

追記…当時、このレーザーディスクを12万円くらい出して買ったような記憶がボンヤリある。今考えると、完全に頭がイカれていた。


参考リンク
https://archive.org/details/daicon-iii-and-iv-opening-animations-full-vhs-tape-04-17-20
2020年にリマスターされたDAICON III

https://archive.org/details/Daicon_IV_Remaster/
2010年にリマスターされたDAICON III / IV

https://www.youtube.com/watch?v=fFwJe0t-Sj4
2018年にリマスターされたDAICON IV

https://www.youtube.com/watch?v=3tuW5vbqrhA
リマスターされていないDAICON III / IV

https://www.youtube.com/watch?v=FnQAnVG5Aow
電車男版

https://twitter.com/FemboyFilms/status/1360120736313008134
リマスター前、リマスター後の違い

21/02/14 第一次世界大戦の塹壕をチョコレートで再現 その他
バレンタイン・デーだしチョコレートケーキでも バレンタインデー
2月と言えばリオのカーニバルと、バレンタインデー。

普段から高いテンションを維持して生きている訳でもないので、精神的にリオのカーニバルとシンクロニシティが発生する事は無いが、口をあけて待っていれば何かしらのチョコレートが自動的に頂けるバレンタインデーは、世間一般の皆様と同じ用に「今日はバレンタインデーだよね〜」的な精神的シンクロニシティはしていると思う。

これが若い頃、つまりモテなかったり、社会の地位的に完全弱者といった、チョコを貰える数が0であった時代は、同じくチョコレートが貰えない事が確定している日本中の「チョコゼロの民」にエンパシー感じつつ心はシンクロニシティしていたが、世の中には「モテない」「会社の人からもチョコすら貰えない」のにチョコレートを貰えたかのように偽装する人々がいる。

それはインスタグラムが普及する遥か昔、ブログや、Twitterが登場する前の「Mixi」あたりから散見され初めた、チョコレートの写真だけをアップロードし「詳細は写真からイメージしてね」という、読者の創造性に全てを委ねる事により「チョコは貰ってないけど、写真は嘘はついてません」という、本人だけが「相手を騙すのに成功している」と思っている悲しい事象の事を指す。

例えば自分が仲の良い子からチョコレートを貰った時の事を思い出して欲しい。
通常であれば「アップロードしない」か「アップロードした上でお礼を書く」の二択であって、決して「チョコレートの写真だけアップロードするだけ」という無礼千万な事はしないし、実際にやったならば相手から相当嫌がられるし、むしろ相手から常識を疑われても致し方がない。

またもう一つのパターンとしては「女の子から貰った」という雰囲気を写真だけで醸し出しつつ「実はお母さんから貰ったチョコレート」という、やっている本人ですらアップロード時に薄っすらと虚無感が漂うも、読者に対する見栄の方がソレを上回ってしまったが故に公開されるアレについては「自分」も「読者」も「お母さん」も全員がキズつくのでやらない方がよいと思っている。

正直なところ「さくらちゃんがチョコをくれました!!」と、長年愛用している「カードキャプター さくら」の抱き枕と共にチョコレートの写真をアップロードしている、若干サイコパスの方が全面的に清いような気がするし、そちらの方が愛に満ち溢れている気がするのは当方だけだろうか。

ともあれ、バレンタインのチョコレートの存在を偽装する人間が「正々堂々」とか「陰謀を暴く」とか「嘘は許さない」という言葉を振りかざす都度に、カツラの人間が「俺のように正々堂々と生きろ」と当方に説教をした時の事を思い出すので、バレンタインデーが近づくと、ホント毎年憂鬱になる。

そんな訳で、今回紹介するのは「チョコレート」を駆使して戦場の一コマを再現している作品をご紹介。

こちらのリンク先では、第一次世界大戦の塹壕を結構リアルに再現。

そのシーンは戦いがあった後なのか「もぎれた人間の手足」や「痛々しい有刺鉄線」などをチョコレートとマジパンで生々しく作っているので、お菓子作りが趣味を公言しているお母さんならばホント必見だと思うし、海外の手作り菓子ポータルサイトを見回しても「戦場ロマンシリーズ」のような作品は本作品のみ。

キャット・シット・ワンや、コロコロ・アニキで連載されている「劇画ガールズ&パンツァー」が好きな方などは是非ともご覧あれ。

そんな訳で、普段は説明文と共に写真をアップロードしているのに「クリスマス」と「バレンタインデー」だけは「コメント無し」で写真をアップロートしている方や、今年は「テレワークだから会社の子からチョコを貰えなかった」という言い訳を考えながらバレンタインデーを迎えようとしている方、キャバクラで貰ったチョコレートを「本命チョコ」と言い張っている右曲がりなダンディーな方などは、ちょっと戦場チョコレートを見て冷静な気持ちになってみてはいかがでは。


追記…「劇画ガールズ&パンツァー」については、これ一作の為にコロコロ・アニキを買うのもなんなので、国会図書館まで出向いて定期的に一気読みしている。

おまけ

http://gundamguy.blogspot.com/2013/08/chocolate-gundam-gundam-statue-made-of.html
国産 チョコレート製 機動戦士ガンダム

https://www.cakecentral.com/gallery/i/2877205/gundam-rx-78-fondant
外国製 機動戦士ガンダム(マジパンとチョコ)

21/02/11 EEEAAAOOO NES PCM Demo その他
久しぶりに「すげーーー」と思ったメガデモ ファミコン
ある時、雑誌がマジコンという言葉を突然使わなくなった。
理由はわからないが、たぶんプレステという次世代機に移行したことにより「SFCマジコン」が死滅した事と、バックアップ機と書いたほうが世間体がよいからだと思うし、そもそも「マジコン」は「マジックコンピュータ」という名のバックアップ機略称な為、世界的には「マジコン」なんて言葉は存在せず、もしマジコンを英語化するならば「Family Computer(ファミリーコンピューター)≒「Famicom(ファミコン)」と同様に「Magic Computer」≒「Magicom」というスペルになるような日本限定の呼称となるため、雑誌が悔い改めて使用停止したのだと思う。

そして時は2000年代、マジコンなんて単語が完全に死滅した頃、この世から消えてしまった言葉を連呼する失われた古代人のような男が、何を隠そう、いや隠す必要もなかろう当方であって、そして連呼をしながら「SFCマジコン」や「MDマジコン」を買い集めているうちに、少しだけ浸透してきたのかヤフオクの検索キーワードに「マジコン」を投入する人々が増え始め、「こりゃ都合がいいや」とヤフオクでマジコンを買い漁っていたら「NDSのマジコン」が社会問題となり、最終的に「マジコン」というキーワードはヤフオクで禁止ワードに設定されて今に至る。

そんなマジコンが違法コピーのゲームを動かすだけのものかと言えば「そうではなく」、俗に「メガデモ」と言われる「ゲーム機のスペックをフルに活かしたプログラムの能力自慢」のようなROMイメージは、全く違法ではないし、むしろゲーム製作時に制約されている「容量」を完全に無視した凄まじいプログラムが多く、当方のマジコンはゲームの起動率よりも、メガデモの起動率の方が多かったと言っても過言ではないというか、やっぱり過言でゲームの方が起動していたけれども、メガデモは他の人より多く起動していた気しないでもない。

それでは現在我が家のマジコンこと「SD2SNES」や「EverDrive N8」(共にkrikzzの正規品)で何が起動しているかと言えば「いやホントメガデモばっかなんですよ、この目を見て信じてきくださいよ、先生。嘘ついているように見えます?」と、完全に嘘をついている高校生のような事を言っているような気がしないでもないけれども、実際のところメガデモは絶えず「SDカード」の中に入っているし、なによりマジコンに変わって愛機となっている「Mister FPGA」のMicroSDの中にはメガデモ「も」一応入ってる。

そんなメガデモを愛し、メガデモを好み、メガデモと結婚してもよいと思っている当方が久しぶりに「こいつは凄いぞ!!」と思ったのが今回紹介する「EEEAAAOOO (8 Bit Version) (NES Homebrew)」というファミコン(NES)用のメガデモ。

こちらは約1年ちょい前に公開された「EEEAAAOOO」という動画をNESに完全移植したもの。

https://www.youtube.com/watch?v=v1K4EAXe2oo&t=39s
EEEAAAOOO

こちらのメガデモの何が凄いのかと言えば「サン電子の水戸黄門」が裸足で逃げ出してしまう程に「ファミコンが歌いまくる」という上に、スクロールを駆使しまくりなヴェイパーウェイヴさながらのゲロポップな画面展開が続くという、これまたファミコンとは思えない映像表現が特徴。

もし当方が山岡四郎であったなら「このメガデモが駄目なら、俺の首をやる」くらいに大見得きってもよいくらいに素晴らしい逸品なので、マジコンを持っている方ならばダウンロードは必至、元ファミっ子であればエミュレータを久しぶりに起動してメガデモの起動は大必須、スーパーファミコンからゲームに入った30歳くらいの中年の方ならば「絶対ダウンロへどして試すの必至な」と俺が年功序列で命令したくなるくらいの一品なので、本文章を読んだ方はダウンロードし、知り合い5人位にこのメガデモを送らないと「あなたに不幸が訪れます」と不幸の手紙よろしく送信しても、高確率で上司以外であれば怒られないこと間違いなしなので、ほんと騙されたと思ってダウンロードしていただきたい。

ホント絶対に損しないから。


なおYou Tubeで動作させている動画を探したところ、4:3ではなく16:9という現代っぽい比率に間延びしたものしか見つからなかったので、とりあえず当方が自慢のスマホで録画してみたけれども、なんか斜めっているので明日あたりに三脚を買おうかなと思った。

https://www.youtube.com/watch?v=SQqR5lMotOQ
EEEAAAOOO (8 Bit Version) (NES Homebrew) / EEEAAAOOO Nightcore

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1359507981176475649
当方が撮影したショボいの

そんな訳で、よく水泳の時間に体育教師から「お前の本気を見せてみろ」限界突破を命じられ「お前が泳げ」と本音を言ったらプールに突き落とされた方や、イニシャルDを読破した途端「時速300kmの壁を超えてこそスポーツカーだな」と意味のわからない事を言った事のある方、好景気前は毎晩終電帰りで「生き様が絶えず限界突破中」だった方などは、ファミコンの限界を超えたと思われる本メガデモを試してみては如何では。


参考リンク

http://www.pouet.net/prod.php?which=83560
自分の知る中で最も技術力の高いファミコンのメガデモ「HEOHdemo 」のダウンロード先

https://www.youtube.com/watch?v=338r2BRYg3A
HEOHdemoの動画