22/10/05 Nintendo Switchのドックをアルミ削り出しで作る猛者が登場 その他
これで放熱もバッチリだし倒れない Switch
とある事情により当方の趣味は今年の春先くらいから趣味が「裁判傍聴」になった。
この事情はもう色々ありすぎて普段から駄文垂れ流しな当方でも、実際に語り始めたら「2時間は枠を貰えないと語り尽くせない」という壮大なものであるし、当方のこの事情というか愚痴を聞いてくれた人には、漏れなくビールを一杯奢っている。
とは言え、成り行きで始めた裁判傍聴ではあるが、今では「週に一回は裁判傍聴に行かないとストレスが溜まって抜け毛が増えそうになる」などの禁断症状が出てきてたし、出先に地裁の支部があれば「街で話題のラーメン屋」に行くような感覚で裁判所に入ってしまうほど裁判傍聴が癖になってしまった事から、当方と酒を飲むと「愚痴と裁判傍聴」の話しかしなくなってきたので最近あまり人と酒を飲めていない。

という理由からちょっと前より「逆転裁判」ブームが発生したので3DS版「逆転裁判1・2・3」を購入し「裁判とはなんぞや」を学んでいた訳なのだが、当方の老眼が日進月歩の勢いで進みまくっている事から「NEW 3DSLL」を使っていても画面の文字が夕方でもないのに滲んで見えるし、バックライトを上げれば上げるほど「字は読めるが目が痛くなる」という全開バリバリ老化進行中であるが故、「逆転裁判1・2・3のカード」は既に我が部屋の魔窟の何処かに埋もれてしまった。

なので「リアル逆転裁判」こと「裁判傍聴」にますます夢中になったし、裁判傍聴を続けてれば続けるほど「人並みくらいの多様性をもつ当方でも全く容認できない思想」を持つ被告を目の当たりにして愕然としたりしなかったりするので、裁判傍聴とは精神修行にもなるし「多様性の時代と言われる現代社会」を生き抜くためのテクニックが満載とも言える。

例えば道路交通法違反の裁判傍聴では「私は一昨年まで窃盗で刑務所に入りました。この時に初めて物を盗むことが悪い事と知りました。でも飲酒運転と無免許運転が悪い事だとは今日まで思っていなかったので今は反省しています」という価値の違いに愕然としたり、大声を出す事が禁止である法廷内で大声を出した被告人の母親が検事に注意された事に立腹して「車椅子で検事を轢く」という陰惨な事件の被害者である「検事の被害者尋問」を聞きながら「俺も車に轢き逃げされた時はそんな気持ちだった…」と共感したり、携帯電話専門の窃盗団が仲間に「やる事もないから、その場の勢いで携帯電話窃盗団を結成し、分前も確定していないのにまずは強盗する」という、ビジネス書でいうところの「思ったらまず行動、そして大事な事はケチケチしない」を違う方向に履き違えた方々の証言を聞く都度に「俺の多様性もまだまだだな…俺が裁判官なら被害者尋問の途中で処しているかも…」などと裁判官の器のデカさと多様性に感心する事しきり。

というような裁判傍聴の後は「今日も色々学んだな…」と思う反面、帰り道には「裁判所もうやってないけど既に傍聴したいな…」などと遠足帰りに来年の遠足の事を考えている小学生みたいになっているので、カジュアルにバーチャル裁判体験できる「逆転裁判」は老眼であっても必要であると思う。

だが欲望に負けて3DSで「逆転裁判1・2・3」をプレイした瞬間に目はシオシオしてくるし、正直なところNEW 3DSは少々持ちにくい重量バランスである事は否めない。
なので当方にいま必要なのは「Switch版 逆転裁判1・2・3」であるのだが、なかなかセールにならないし、いざセールになると「昔DSでプレイしたゲームを今更買うのも嫌だし、もう電車の中でSwitchとかで遊ぶ年齢でもないしな…」などと要らぬ羞恥心が目覚めてしまい購入には至れないし、販売価格「3,362円」を我慢すれば「リアル裁判傍聴が3回以上観れてしまう」事を考えると、今日も今日とて購入に踏み込めないのが現状だ。

という訳で、今日は「放熱が悪い上にすぐに倒れる」という事でお馴染みの「Switch用ドック」をアルミの塊から削り出し「究極のNintendo Switch用ドック」を作った猛者がいたのでご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=T1cAZ0zR1iQ&ab
Creating the Best Nintendo Switch Dock Ever

こちらはSwitchのドックから取り出した基板を「巨大なアルミ塊」を削り出し、バランスも見た目も究極的に良くした「究極Switch用ドック」が完成するまでの流れを動画で説明している。
また設計をする際に「配線周り」と「LEDまわり」を大幅に調整している上に、アルミ削り出しにしているで「放熱問題」も解決しドッグとしての完成度も本家以上ときたもんだ。

んでまぁ…当方、こうして裁判を傍聴しているのだが、目的である「名誉毀損罪」と「侮辱罪」の裁判が全くと言ってよい程に見つからない。
正直言うと「婦女暴行」や「傷害致死」は開廷表でチマチマ見かけるが、この2つの罪状と「放火罪」は本当に見かけないし、正直に言うと「放火罪」は改定表で見かけた事はあるが「名誉毀損罪」と「侮辱罪」は未だ開廷表で見た事がない。

まぁ最近「侮辱罪」が厳罰化された為か「堀ちえみ氏に対する侮辱罪の裁判」と「ピンクアルテッツア氏が被告人となっている侮辱罪の裁判(池袋事故遺族への侮辱)」は何とか捕捉できたのだが、それより上位である「名誉毀損罪」の裁判が全く見つからないので、誰か「東京地裁」と「さいたま地裁」「横浜地裁」で行われる上記2つ以外の「名誉毀損罪」と「侮辱罪」の裁判を知っている人は是非とも裁判日程を当方のTwitter宛にDMして欲しい。

正直なところ「いま連邦を更新していてもビタ一文利益がない」ので、これくらいは連邦更新の約得があったら嬉しいなと思った次第。

あ、あと一緒に「東京地裁」と「さいたま地裁」の傍聴に行ってくれる」という「傍聴友達」も欲しいので、もし平日のまっ昼間っから傍聴に行きたいという方や、趣味が裁判傍聴という方は当方宛にご一報いただけると超絶嬉しいし傍聴でもした後に軽く一杯飲みましょう…というか飲みたい!!

という訳で、Switchを床に置いているので「結構頻繁にドックごと倒している」という方や、本職が「アルミの削り出し」なので削り出しには何でも興味があるという方、Switchの純正ドックのバランスが悪いのでアリエキスプレスから激安ドックを買って使ってたらSwitchがぶっ壊れたという苦い経験がある方となどは、こちらの動画をみながら「スゲェな、欲しいな…」などと桃色吐息を吐いてみては如何では。

追記…先日たまたま「トー横の殺人の傍聴」をしていたのだけれども、マスコミが報道できない闇の部分が多すぎてクラッときたのはココだけの話だし、「ふわっち」を主体とした婦女暴行事件の傍聴で「色々考えてしまった」のはココだけの話だ。

追記2…なおのこの猛者のアルミおじさんは「アルミ削り出しのXbox SeriesX」なんかも作ってるので、マイクロソフト大好きおじさんはこちらもどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=Y0_sZUbUxIY
Building the World’s First Aluminum Xbox Series X

22/10/03 「ザ・キング・オブ・ファイターズ '98」がメガドライブに勝手移植 その他
オープニングの再現だけでも十分満足 メガドライブ
先日「KOF98」をフルチューンした「KOF '98 ULTIMATE MATCH FINAL EDITION」がPS4で発売され、ほんの少しだけ話題になった。
ストリートファイターシリーズは初代から5の他にEXシリーズやポケットファイターまでプレイしている当方ではあるが、KOFシリーズについてはゲーセンで遊びはしたものの、コンシューマー機でKOFシリーズを買った記憶は全く無い。

正確に言えば「ファミコン用のパチモノKOF」と「メガドラ用のパチモノKOF」は買った記憶があるのだが、今現在「誰かに貸したままそのまま」という理由からそのカートリッジは手元に無いし、もし手元に戻ってきたとしても「ああカセットが返ってきた」程度の感動くらいしかないだろう。
正直「弱・強/パンチ・キック」をファミコンの2ボタンや、メガドラの3ボタンで再現しようというのは、かなり無理がある。

今の当方にKOF愛は全く無いし、先日友達と車に乗っている時に「KOFって98が一番傑作だと思うんですよね」と話を振られても「95と98と2000と2003と2008だっけ?」とWindowsのリビジョンと勘違いする程に興味がない。

また普段は老人級に話が長くまどろっこしい当方であっても、KOFに至っては0〜3歳児までの記憶同様ほぼ脳内に記憶されていないし、どんなチームを組んでいたかとか、ラストのボスが誰だっかかも覚えていないので、これ以上駄文を書いても意味がないし、同じくあまり興味がないセガについてなら幾らでもグダグダ書く事はできるが、KOFに限ってはホント無理。

という事で本日は「さっさ」と駄文を切り上げて本題に入ると、メガドライブ用に「KOF98が勝手移植中」というお話。

https://youtu.be/Ffh0thlvFk8?t=11
メガドライブ版 KOF98のオープニング(オリジナルのオープニングを完全再現)

https://www.youtube.com/watch?v=l-yC1RGQQJI
メガドライブ版 KOF98のプレイ動画とダウンロード先(ダウンロード先は"もっとみる"をクリックすると出てきます)

こちら現在「誠意製作中」という事から「ゲームとしては成立していない」けれども、KOF98のオープニングをメガドライブで完全再現再現したROMイメージはの完成度は中々のもの。
今から15〜20年程前に「メガドラ版 パチモノKOF98」を入手して小躍りした方経験のある方であれば「オープニング画面」はきっと楽しめると思う。

とまぁ「ゲームとして成立していない勝手移植のKOF」だけ紹介するのも何なので、もう一個おまけにメガドラへの「勝手移植」というか「テクニカル・デモ」をご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=mTiKyAW86us&t=5s&ab_channel=SEGAZONE
ヴァンパイアの勝手移植(ダウンロード先は"もっとみる"をクリックすると出てきます)

正直なところ、当方「ヴァンパイア」シリーズもKOF同様「ほぼプレイしなかった」&「興味がほぼ無い」のでコレ以上はノーコメントとさせていただきます。

という訳で、若かりし頃に「アテナ」や「不知火舞」の卑猥な同人誌を書いた事のある方や、若かりし頃に「草薙京」と「八神庵」の卑猥なBL同人誌を書いた事のある方、若かりし頃に「Mr.ビッグ」と「Mr.カラテ」と「チャン・コーハン」の一儀に及ぶ同人誌を書いた事のある方は、こちらのロムデータを試しながら「KOF人気」を再確認してみてはいかがでは。
ああ、メガドライブの話なら何でも良いメガドライバーの方とか。

参考リンク
https://www.4gamer.net/games/639/G063948/20220621073/
PS4版「KOF '98 ULTIMATE MATCH FINAL EDITION」本日配信。「KOF '98」をフルチューンナップし,オンライン機能を強化

22/09/30 ドリキャスに「ストリートファイター1(無印)」がまさかの勝手移植 その他
今までの勝手移植と違いゲームとして成立しているのが凄い ドリームキャスト
当方が一時期所属していた会社では「ドリームキャスト」が中世の「ペスト菌」と同等に忌み嫌われていた。

どれくらい忌み嫌われていたのかと言うと「ドリームキャスト」という単語を出しただけで古い社員は顔を歪め、人によってはいい大人なのに「舌打ち」をしていたし、最も恨んでいる社員の場合は「アレな」とハリーポッターで言うところのヴォルデモートが「例のあの人」と呼ばれているかのように「口にするのすら嫌」な位に嫌いだったようだ。

何故この会社はドリームキャストに対して嫌悪感を持っているのか?

その理由は簡単な事で「弊社はドリームキャストの発売時にセガのドリキャス出荷用の倉庫として運用された」為、弊社の社員たちは「社員は兵隊」位に考えていた役員の命により労働基準法をガン無視した「24時間不眠不休の出荷体制でドリームキャストを出荷し続け社員全員が疲弊した」という悲しい歴史があるからなのだそうな。

なので世間的にドリームキャストは「全然売れなくて失敗したセガのゲーム機」という印象を持たれているが、弊社的には「プレステ2より売れたモンスターゲーム機」扱いになっていた。

またその名残なのか「セガの販促商品」が業務で使う日常品として社内であちらこちらに散見されており、この会社に就職し事務所に入った瞬間「やべぇな、この会社…完全にセガ菌に汚染されている…」と思った事は君と僕とだけの秘密だ。

ともあれそのハードなミッションを評価して頂けたのかセガ者はドリームキャストの販売終了後も当社に「セガダイレクト」のお仕事をくださったので、社員一同セガ様に足を向けて寝られなかったし、ドリームキャスト時代に引き続きセガの社員さんが「販促品」や「売れ残った商品の付属品」などを弊社に寄贈してくれたので、入社初日に当方へ支給されたデスクトップパソコンには「PS2用 ザ·タイピング·オブ·ザ·デッド」に付属のキーボードが、同時入社した上司のパソコンには「ファンタシースターユニバース USB ワイヤレスキーボード」が接続されていた事は、今でも稀に夢に見る程に「悪夢」以外の何物でもなかった。


という訳で本日紹介するのは…

頭のおかしいセガマニアの皆様、おまたせいたしました。
本日の連邦では遂に次世代機である「ドリームキャスト」の勝手移植ソフトをご紹介。

その名も「Street Fighter ( BETA)」。(勝手和訳 カプコン ストリートファイター1(ベータ))

https://archive.org/details/street-fighter-beta
Street Fighter ( BETA)

こちらはストリートファイターシリーズの第一作である「ストリートファイター」を世界の名もなきセガマニアが「ドリームキャスト」に勝手移植した凄い作品。
しかも一般的な勝手移植と違い「敵がちゃんと攻撃してくる」という、当サイトで定期的にメカドライブの勝手移植情報をチェックしている方からすれば本作が「一級品の勝手移植」である勝手移植である事にすぐ気づくだろう。

なので「ドリームキャストをSDカード起動/HDML化」という改造をしている人も、ドリームキャストエミュレータを嗜んでいる人も、昔はエミュレータを嗜んでいたけれども最近いじってないという「セガマニア」の方も、是非とも一度騙させれたと思って本「CDIデータ」をダウンロードし試し俺と

なお、これは余談ではあるが、当方がお友達であるセガ社員の方に「これ、うちの会社に昔あったものなんですけど差し上げますよ」と手渡した「セガのロゴが入ったガムテープ」はセガ社内でも見た事がない逸品だったそうなので、弊社が倒産する際に「当方が事業ゴミとしてセガガムテープを回収」しヤフオクで売りまくったら「中古のクラウン」とか余裕で買えたような気がするので、ホント俺ってセガに対して見る目がないなぁ…と思った次第。

という訳で、PS5やSwitchといった最新ゲーム機を所有しているにも関わらず「ドリームキャストをSDカード起動 & HDMI出力可能」にしている方や、車に乗り込もうとしている時に「セガなんてダッセーよな!!」と見知らぬ子供達が言っていたら「子供であろうが得意のシャイニング・ウィザードで仕留めてやる」という位にセガを絶対神として崇めている方、当サイトを読みながら「この人はメガドラとスーパーファミコンの話だけで一生を終えていくんだろうな…かわいそうに…」と俺に聞かれたらシャイニング・ウィザードで仕留められてしまう方などは、この「ドリームキャスト版 勝手移植 ストリートファイター1」を起動して「これゲームとして成立しているじゃん!!」とビビリまくってみては如何では。

追記…なお弊社でどれくらいドリームキャストが忌み嫌われていたのかと言うと、ドイツで言うところの「アドルフ・ヒトラー」&「ナチス」並にに禁句だったと言えばお察しいただけると思う。

追記2…なお今回の話に登場する弊社は先に書いたように「とっくの昔に潰れた」ので、まぁ今更書いても誰も怒らないと思うしセガは「この程度で怒るほど」ケツの穴が小さくない……筈。

22/09/27 「ストZERO3」の内部判定(ヒットボックス)を表示させるスクリプトが登場 その他
CPS2版、PS2版、SS版、PS1版、GBA版に対応っのが凄い ストリートファイターZERO3
若い頃は苦労を買ってでもしろと言う。

実際にそれはその通りで、子供の頃に努力した人間は大体大人になって報われているし、親の言う事を無視して「カブトムシ取り」と「テレビゲーム」に勤しんだあげく、パソコンを買ってもらっても「ゲームしかやっていなかった子供」というのは、伸びしろ微塵も伸ばさずそのまま大人になってしまい、その大人になった時に「子供の頃にに真面目に勉強していれば、今頃はノーベル賞をとって世間からチヤホヤされていただろうなぁ…」などと思っているのではないだろうか。

かく言う当方も大嫌いな運動を子供の頃にまじめにやっていれば今頃「巨人軍の4番でエースのピッチャー」か、東京オリンピックで「十種競技で金メダル」くらいはとれていたと思っているし、勉強さえ真面目にしていれば今頃「オードリー・タン氏」とチャット友達になって、夜な夜な「明日とか母国の政治どうしちゃう?」などとビールを飲みながら国について語り合う仲になっていたと思う。

ともあれ過去を振り返っても仕方がないし「俺は過去より今抱えている糞みたいな問題」を解決する方が大事なので、この話はさっさと終わらせるとして、当方が「ストリートファイターシリーズ」にて「若い頃に苦労しておけばよかった」と思っているのとは「昇龍拳」「波動拳」「ザンギの一回転」のコマンドを真面目に練習してばおけばよかったという事と、真面目にキャンセル技を練習しておけばよかったという事だろうか。

当時の当方は「これらコマンドがうまく入力できない」という理由から3回目くらいのプレイでメインキャラを「エドモンド本田」「ブランカ」「ガイル」「春麗」に固定。
その後、我が田舎では「待ちガイルは卑怯」「春麗を使っているとオカマ野郎」呼ばわりされる事から「エドモンド本田」と「ブランカ」をかれこれ30年以上使い続けている。

なのでストリートファイターシリーズのシリーズで新キャラが登場する都度に「リュウ/ケンコマンドを覚えておかなかった事」を後悔しているし、ブランカ/エドモンド本田が過去シリーズで「強かった」という話を一切聞かないので、「学びごとはいつから初めても遅くない」とよく言う言葉を信じ、はそろそろ当方は「真・豪鬼」か「狂オシキ鬼」に乗り換えて「昇龍拳」「波動拳」を極めし時になったのかもしれない。

そんな当方が最もゲームに熱を入れていた時に愛読していたのが「ゲーメスト」。
読んだだけで「ゲームがうまくなった気」がしたし、ゲーメスト書かれている情報はゲームセンターで遊ぶ子供にとってキリスト教で言うところの「聖書に書かれた名エピソード」くらいに会話の共通項であったので、当方は毎月ゲーメスを買って「ゲームが上手になったような気がしていた」。

だが実際は「テクナートの広告漫画」と「雑君保プの漫画」くらいしか読んでいなかった事から当方にとっての「ゲーメスト」は豚に真珠もしくは猫に小判と言え、仮に当方がゲーメストから学んだ事があるとすれば「誤字(誤植)をしても問題はない」という事でもあるが、誤字脱字を得意技としている当方からすれば「凄く影響受けましたよ」と断言できる。

そんなゲーメストに掲載された「ストリートファイターシリーズの記事」を読んでいた頃、どのように撮影していたのか全くわからなかったのが「ヒットボックス」。

先日「カプコン ファイティング コレクション」バージョンアップで新たに搭載された新機能、あたり判定の可視化と言えば「あー、あれか…」と思い出す人は多いと思う。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1574538628935847936/photo/
ヒットボックスの説明画像

だが今の当方は「動体視力」と「反射神経」が老化により低下してしまったので「今更まじめにヒットボックスを理解した上でストリートファイターシリーズを再勉強」しても、これら判定を認識する事はできないが、もし当時「ヒットボックスを掲載していたゲーメストの記事」を真面目に読んで「リュウ/ケン」あたりを使用してていたならば、今頃「ウメハラ」氏でもなし得なかった前代未聞の「エボで8年連続三冠王」みたいなスーパープロゲーマーになっていたと思う。

人生、後悔する事はばかりだ。

という訳で、本日紹介するのは「ストリートファイターZERO3」のヒットボックスを表示させる凄いスクリプトが日本人の方の手により公開されたのでご紹介。

その名も「ZERO3の解析に役立つluaスクリプト」。

https://github.com/0xZERO3/sfa3_support
ZERO3の解析に役立つluaスクリプト

こちらのスクリプトは先に説明したように「ストリートファイターZERO3」でヒットボックスとか「いろいろな情報」を表示させるというもの。

そして何よりも凄いのが「CPS2版、PS2版、SS版、PS1版、GBA版」と、様々なハードウェアで発売された「ストリートファイターZERO3」に対応しているという点。

以下、本スクリプトを導入する事により表示されるパラメーター
●ヒットボックス関連
●無敵フラグ、投げによる無敵、ピヨりによる無敵、時限無敵を表示。
●投げ不能時間を表示。
●ターボ設定を表示。
●攻撃によるヒットストップや時間停止による行動不能時間を表示。
●連続ガード回数を表示。
●残りOC時間を表示。
●アニメーションデータへのポインタを表示
●残り体力を表示。
●ピヨり値関連を表示。
●ガードクラッシュ関連値を表示。
●キャラクターの座標を表示。
●キャラクター同士の接触フラグを表示。
●キャラクターの向いている方向を表示。
●キャラクターの位置を表示。
●残りゲージを表示。
●現在のアニメーションの残りフレームを表示。
●現在のモーションを表示。
●現在のステータスを表示。
●現在の入力を表示。

センキューフォーカミン マジ本当ありがという気持ちなる程こりゃスゲぇ。

という訳で、子供の頃にゲーメストを死ぬ気で読んでアーケードゲームに勤しんていた方や、ストリートファイターシリーズの話をした時に「やっぱストIIなんかよりZEROシリーズだよなー」と、子どもたちが湯川専務がいる事を知らずに言っていたような事を思っている方、ヒットボックスさえ理解できれば「ウメハラ氏」にも勝てるのにとプロゲーマーを軽んじている方などは、このスクリプトを投入し「やべぇな、これ…」と感嘆の声を漏らしてみては如何では。

22/09/25 パチモノファミコンの100%互換機を作る男が登場 その他
「ファミコン」ではなく「パチモノファミコン互換機」というのがミソ パチモノ
今考えると「頭がおかしかった」と思う事に、偽ファミコンの収集がある。

皆様もご存知のように、世界的に人気となったファミコン(NES)は、アジア各国で様々な偽物が粗製乱造された。
また「小覇王」や「GAME AXE」のようにオリジナルファミコンを余裕で凌駕した突然変異のようなパチモノも存在しているが、基本的に「狼の皮をかぶった羊」的に本体のデザインに重きを置き互換性がアレなパチモノが大多数。

集め始めた当初(1990年代)は「頑張りゃなんとか集められる程度のアイテム数」ではあったが、2000年代に突入すると世界各国でクローンファミコンが発売され、気づけば世界に出向かなくとも近所のドン・キホーテやビレッジバンガードでパチファミが買えるようになり、パチモノマニアの部屋は「居住空間よりパチモノを保管するスペースの方が広い」という、人としてどうかと思えるようなライフスタイルになったりならなかったり。

んで、この小さなビッグウェーブにビッグ・ウェンズデーのジャン・マイケル・ビンセントばりに渋く乗っていた当方は


「やっぱ、ちゃんとした"メーカー物"のパチもんがいいよなぁ」

などと「頭痛が痛い」とか「心の優しい連続殺人犯」と同じくらいに何を言っているのかイマイチわからない事を言っていた。

実際にこの頃は「テレビCM放映されているパチモノ」が世界には存在していたし、先述の「小覇王」がなんぞは、「ジャッキー・チェン」を広告やパッケージに起用するというインド人もビックリな広告展開をしていたので、芸人が半グレのパーティーに芸人が呼ばれ挨拶をしただけで仕事を干される昨今に比べると、1990年代とはなんておおらかなな時代だったのだろう。

話を戻す。

「ちゃんとしたメーカーのパチモノ」の代表格は、なんと言ってもロシアの「Dendy(デンディ)」だと思う。
この「デンディ」というパチモノファミコン、任天堂がロシアに進出していなかったのを良いことに、テレビCMをガンガン流した事からペレストロイカ直後で家計が火の車であったロシアのご家庭対して「パチモノファミコンを月に3000台も販売するのに成功」した。

しかも併売されていたゲームは「最初っからN in 1」という犯罪の臭いがプンプンするような逸品だったが、任天堂も日本のゲームメーカーもロシアに進出していなかったので無問題。

アメリカ大陸を発見し上陸した白人達が、何も知らない原住民たちに対し「アレやこれな事」を教えたような感覚で「N in 1」という著作権法をガン無視したお得なカートリッジをバラまいたおかげで、その後のロシアはしばらく「N in 1のカセットばかり売られるゲーム無法地帯」であった事が近年発見された「90年代のロシアのゲームシーン」を克明に映し出した写真が証明をしている。

、ゲームという甘い蜜を市場にドロップした上に、お店にならんでいるゲームは軒並み「N in 1カセット」なので、糸巻き一個を買うために数時間並んでいた当時のロシア人たちにとってDendyは「とても経済的なテレビゲーム機」に映ったかもしれない。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1502534986112827392
90年代のロシアのゲーム少年

そんなロシアのゲーム史を語る上で外せない「Dendy」も、発売から30年も経過すれば「パチモノらしくぶっ壊れている」場合が大多数であるし、プーチン体制になってから飛躍的に経済が向上したロシア国民にとって「薄汚い偽ファミコン」は、部屋の掃除をするお母さんが「俺が組んだ素組のガンプラ」を捨てるのと同様に廃棄対象になっていた為、あれだけ売れた「Dendy」は希少種になってしまい、今ではパチモノのくせに世界のゲームコレクターが鵜の目鷹の目で探す事態に。

そして、そのロシアの隣国である「東ヨーロッパ」のボスニア ヘルツェゴビナ、チェコ、ポーランド、ユーゴスラビアで恐ろしく普及していたパチモノファミコン「Pegasus」。
先にも書いたようにパチモノの癖にテレビCMを流していたので、東ヨーロッパでは売れに売れた。

https://youtu.be/TzTx8PbPAa8?t=609
PegasusのテレビCM

だが所詮はパチモノ、「Pegasus」は「Dendy」同様に希少種となってしまい、今では適度に高値で取引をされている。
そんな「Pegasus」を一個人で復元した猛者がいたのでご紹介。

https://hackaday.com/2022/07/31/hackaday-prize-2022-an-eastern-bloc-nes-clone/
EASTERN BLOC NES CLONE

https://www.youtube.com/watch?v=pQxRzfF1_Oo
Homemade famiclone works now(動画)

こちらの自作「パチモノファミコン」の作者様は、古の名機「Pegasus」のCPUとGPUを入手し、そこからPegasusを再設計。

元が「Pegasus」な事から「ファミコン」と100%の互換性は無いものの「Pegasus」と100%の互換性に成功。
なのでファミコン/NESの公式カードリッジの起動率は純正に比べて低いが「Pegasus」の起動率の悪さは100%完全再現するという、パチモノとしては百点満点なクオリティ。

パチモノマニアならば「すげぇな…」となるが、生粋のゲームマニアならば「中古のニューファミコン買えばよくない?」と思えてしまう、なんつーかかんつーか当サイトの読者にマッチした凄いビルドと言えよう。

そんな訳で、部屋にドン・キホーテで買った「パチモノファミコン(ファミコン互換機)」が置いてあるという方や、今から10年くらい前に「ゲームバンクでパチものファミコンや魑魅魍魎を買っていた」という方、部屋に「車型の走るファミコン互換機がある」というパチモノコレクターの方は、こちらの「偽ファミコンクローン」を眺めて感嘆の声を漏らしてみてはいかがでは。

22/09/23 今日は「スターフォックス2」を60fps化するパッチが登場 その他
無印の「スターフォックス」じゃなくて「スターフォックス2」 スターフォックス
当サイトを読まれている方は「大体40歳以上」と思われるので、最近は当方同様に「物忘れが激しい」と思う。
また酒を飲んでいると「主語」がなんだったかをすぐに忘れてしまい「あー、アレだよアレ」とか「ほら、アレ」とか「なんだっけ、アレって」などと、法事の席で酔っ払ってタコ坊主みたいになっていた「親戚のおじさん」同様、完全なる馬鹿になってしまっているであろう事は明白であるし、最近は「同じような年齢」もしくは「同じような趣味」同士の飲みでないと、互いに「アレ」と「ソレ」と「コレ」の応酬合戦となって話が成立しなくなってきているので、飲みの相手を選びが慎重になりつつある今日この頃である。

閑話休題

かの細野晴臣は
----------------------------
僕はもうすぐ60才。
物忘れがひどくなってきた。
これは「結構良い」なと。
お陰でこだわることが出来なくなってきた。
軽くなった。
----------------------------
という仙人のような事を仰っているが、我々凡人は物忘れが進むと「アルツハイマー」とか「徘徊老人」への第一歩となってしまうので、日々「焼き魚」や「シーチキン」あたりでDHAを摂取しつつ、この健忘という老いと戦っていると思う。

だが現実は悲惨なもので、30代の頃に比べて「ズボンのチャックの上げ忘れ」は多いし、一年の半数は「今日の朝食なに食べたっけ」と夕方に考えているので、当方と同年代もしくは当方より年上の方は、仕事用の書類を誤って2回作ってしまった時に「これデジャヴか?」などと自分の非を認めず「既視感」もしくは「超常現象」として処理しているに違いない。

嗚呼、なんて便利な言葉「デジャヴ」。

ともあれ、本日の連邦は非常にマズイ。
なにせ「結構ビッグな大ネタ」にも関わらず、内容が前回の「スターフォックスが60fpsで動いて凄い事になったぞ!!」とほぼ字面が変わらぬ「スターフォックス2が60fpsで動いて凄い事になったぞ!!」なので、老化によってボケ気味の方々が「また連邦の奴が同じ記事を書いてるよ…ホント馬鹿だな」と言ってくる可能性はゼロではないし、当方も書いていて「デジャヴ?」とか思ったし、そもそも先に書いた文章を一年ほど前に書いたような記憶がボンヤリあるので、今後も当方は「新しい若い読者」を獲得せず、老化で心地よいくらいに物忘れをしてくれて「お、凄いニュースだぞ、これは!!」と古い話であっても新しい気持ちで読んでくれる「気のいいボケ気味の中年/老年」の方と歩んでいきたいと思う。

という訳で、スーパーファミコンミニに隠し玉として投入され話題となった幻のタイトル「スターフォックス2」が、先日の「スターフォックス」に引き続き「60fps化」されたのでご紹介。

https://archive.org/details/starfox-2-60fps
Starfox 2 60fps

こちらは先日紹介した「60fps化 スターフォックス」の作者様が作ったもう一つの「60fps」シリーズ。
作者様いわく「Rromhacking.netでの公開予定はない」との事なので、日本では「連邦」を読んでいる中年読者様くらいしか捕捉できていない暗黒ゲームニュースだと思う。

また説明するまでもないかもしれないが、本パッチを「スターフォックス2のロムイメージ」に適用する事により、「スターフォックス2」を「60fps」という夢のような速度でプレイできるので、「スーパーファミコンミニ」を買って「スターフォックス2」に夢中になっていた方にはまさに朗報。


そんな「スターフォックス2 60fps仕様」動作時の注意点をデジャヴ的に書かせて頂くと…
------------------------------------------------
このゲームはコンソール(ハードウェア)では動作しません。CPUのオーバークロックが必要です。パッチはUSA 1.2 UNHEADERED romを必要とします。

SNES9X - HACKSのCPU OVERCLOCKはMAXに設定されています。

BSNES - CPU OVERCLOCKを126%に設定 (BMLファイルも提供されます。BSNES用の同名のROMと同じフォルダーに置いてください。)

MESEN - "Wait 60 scanlines AFTER NMI "にセット。

Retroarch SNES9X - CPU OVERCLOCKはHACKSの "REDUCE SLOWDOWN "と呼ばれているかもしれません。

最高の体験のために、より速いCPUオーバークロックのカスタムSNES9Xビルドのために私たちのdiscordをご覧ください ;)
------------------------------------------------

とまぁ、時流にのって「BSNES」や「MESEN」を使っている方は問題がないけれども、ちょっと古いSnes9xを使っている方は「うまく動作しない」可能性があるし、最下段にかかれている「私たちのdiscordをご覧ください」なんてところにアクセスするのも面倒な方の為に、当方が「彼らのdiscord」にアクセスし、彼らがご推奨の最新「SNES9Xビルド」のダウンロード先を発見しておいたので、この機会に「最新の超イケてるSnes9x」を入手し、コーラとドンタコス片手にコントローラーを油でベタベタにしながらゲームに興じてみると良いかも知れない。

https://github.com/Sunlitspace542/snes9x-neo/releases/tag/09-21-2022
SNES9X-NEO-092122(2022年9月21日版)

またこの「スターフォックス2用の改造パッチ」は「ips形式」ではなく「bps形式」なので、普段使用しているアプリで適用できない、普段使用しているサイトで適用できない…という方は、当方が愛用している「パッチ適用サイト」をどうぞ(無広告なので安心)

https://www.marcrobledo.com/RomPatcher.js/
当方愛用のパッチ適用サイト


そんな訳で、スーパーファミコンミニを買って一番最初に起動したのが「スターフォックス2」という方や、当サイトを読む事を日課の一つにしているという方、当方の駄文は基本スッ飛ばしリンク先だけクリックして満足している「俺の心、読者知らず」の方などは、今回リリースされたパッチを「削除されてネットの海に消えてしまう前にダウンロード」してみては如何では。

追記…まぁ、この手のものはすぐに落としておかないと貴方様が存在事態忘れてしまったり、作者さんが気まぐれで消してしまったりする事がよくあるので、ご興味のある方はお早めに。

追記2…当初作者様は「」で公開するつもりは無いと言っていたけれども、気が変わったのが公開にしたらしい。
https://www.romhacking.net/hacks/7170/

22/09/22 スーパーファミコン版「スターフォックス」を60fpsで動作させるパッチが登場 その他
あの「スターフォックス」がヌルヌルに動くゾ! スーパーファミコン
若かりし頃に「バイトで得た金」や「会社のお給金」でパソコンのパーツを買ってアップデートし、なおかつ「エミュレータ」に入れあげた人間、もしくは「3Dブリバリのポリゴンゲームにドハマリ」していた方にとって「60fps」という言葉には何者にも代えがたい魅力があると思う。

ただし、ゲームをかじる程度に遊んでいた方にとって「fps」は聞き慣れない単語であろうし、まわりにパソコン友達がおらず、休みの日は一人で部屋に籠もって買ってきたグラボで3Dゲームやプレステエミュレータを「ぐふふふふ」とかあだち充のように「むふっ」と一人悦に浸りながら遊んでいた街の小さなマッドサイエンティストのような方ならば、この「fps」という単語を知らないまま人生を終えるのかもしれない。

ともあれ「今このゲーム、50fps近く出てるぅ!!!」という自身の歓喜の呻きは、グラボを買い換えたばかりのゲーマーにとって欣喜雀躍であると思うし、「やべっ60fps出てる!」なんて事になったら自身が全能の神ことゼウスのような気分になっていた事は間違いなく、確かに当方なんかも奇跡的に「60fps」の表示がされた時には「トラ・トラ・トラ ワレ奇襲ニ成功セリ」と思ったし、その日はいつになく気分よく酒を飲んだ。

という程に「60fps」は夢の言葉だし、ドゥドゥドゥ・デ・ダダダは俺の言葉さって訳で、今日はその「60ffps」の奇跡をご紹介し、皆様のファミっ子魂を先日紹介した「様々なゲームのSA-1化」並に滾らせて欲しいし、今日は気温が非常に低くて寒いので心だけでも滾らせないと、ポロシャツで外出してしまった当方は寒くて死にそう。

そんな訳で本日ご紹介するのは、スーパーファミコンの名ポリゴンシューティング「スターフォックス」を60fps化/30fps化/full化する改造パッチが「やっと公開」されたのでご紹介。

https://www.romhacking.net/hacks/7163/
Starfox 30+60FPS Patches

こちらの改造パッチはその名が示すように「スターフォックス」を60fps化/30fps化させ、現代のゲームのようにヌルヌルとした動きにできるという奇跡的なアイテム。
若かりし頃にスターフォックスをプレイした際に「ゲームセンターのポリゴンシューよりはスムーズじゃないけど、スーファミでここまでできるなんて任天堂ってやっぱスゲーーー」とか思っていたが、数年後に「サターン/プレイステーション」で発売されるシューティングゲームで遊ぶようになり、久しぶりに「そういや…」とスターフォックスを遊んだ瞬間「遅せぇ…」とかなんとか思っちゃったりなんかしちゃったような方が、再び「あの時のスターフォックス」の感動を取り戻せる事間違いなし!!

俺もビビったから君もビビれ。

ただ動作環境が限られており…(以下、動作環境)
------------------------------------------------
このゲームはコンソールでは動作しません。CPUのオーバークロックが必要です。パッチはUSA 1.2 UNHEADERED romを必要とします。

SNES9X - HACKSのCPU OVERCLOCKはMAXに設定されています。

BSNES - CPU OVERCLOCKを126%に設定 (BMLファイルも提供されます。BSNES用の同名のROMと同じフォルダーに置いてください。)

MESEN - "Wait 60 scanlines AFTER NMI "にセット。

Retroarch SNES9X - CPU OVERCLOCKはHACKSの "REDUCE SLOWDOWN "と呼ばれているかもしれません。

最高の体験のために、より速いCPUオーバークロックのカスタムSNES9Xビルドのために私たちのdiscordをご覧ください ;)
------------------------------------------------

とまぁ、時流にのって「BSNES」や「MESEN」を使っている方は問題がないけれども、ちょっと古いSnes9xを使っている方は「うまく動作しない」可能性があるし、最下段にかかれている「私たちのdiscordをご覧ください」なんてところにアクセスするのも面倒な方の為に、当方が「彼らのdiscord」にアクセスし、彼らがご推奨の最新「SNES9Xビルド」のダウンロード先を発見しておいたので、この機会に「最新の超イケてるSnes9x」を入手して「現代型のスターフォックス」を今晩辺りに酒をチビチビ飲みながら楽しんでみては如何がだろうか。

https://github.com/Sunlitspace542/snes9x-neo/releases/tag/09-21-2022
SNES9X-NEO-092122(2022年9月21日版)

という訳で、「ニンテンドウクラシックミニ スーパーファミコン」が発表された時に「スターフォックスだけじゃなく、スターフォックス2まで入ってんの?!!!」と息巻いた方や、新しいスターフォックスが発売されるタイミングで「任天堂の新機種」を買っているという方、スターフォックスが劇中で話している「ウニョムニュムゴムニュ」言っている謎の言語を友達に同日通訳できる「IQが300くらいありそう」な超天才な方などは、今回リリースされたパッチをダウンロードし、最新のエミュレータで「夢のスーパーファミコンゲームを堪能してみては如何では。

追記…なお「SD2SNES(FXPAK PRO)」や「MiSTer FPGA」の実機系では動作しないので、久しぶりに君のエミュ魂に火をつけるんだ!!

追記2…本件はここ数ヶ月間ずっと追いかけていたのだけれども、なかなかリリースされなかったので待望と言える。

22/09/20 SA-1チップに対応化された「グラディウスIII」「スーパーR TYPE」「魂斗羅スピリッツ」がバージョンアップ その他
処理落ちするSFCの名作タイトルが快適に動くようになる改造パッチ スーパーファミコン
休みの日になると秋葉原に「ハードディスク/メモリの価格調査」に行ってメモするだけの青春を過ごしていた貴方や当方も「いい加減大人になってしまった」ので、今は価格調査もせず地味で質素な生活をしていると思われるが、時たまあの「無意味な情熱をかけていた青年期」をフッと思い出す事がある。

また3Dゲームもやらないのに「高価なグラフィックボード」買っていた時期や、「この週に作られたロットのCPUは一般品よりもクロックアップしやすい」という情報だけでCPUを衝動買いしたり、経済の事なんぞ全く知らなかったにもかかわらず「もうすぐ円安になるからHDDの価格が上がる」というソースの出どころが怪しい円安情報を鵜呑みに「HDDをまとめ買いしてみたり」と、あの頃は完全に頭が狂っていたと思う。

だがそんな無駄なパソコン生活をしていても「3DMarkのスコア」さえ上がっていれば俺は十分幸せな気分になれていたし、ベンチマーク的にしか使わなかったけれどもプレイする事は永久にない「A列車で行こうの最新作」を「中古」で買ってきて、快適に動く電車と町並みを眺めながら「余は満足じゃ」と我が世の春を謳歌したものだった。

またクロックアップに失敗しCPUが死んでも、PC製作中についうっかり電源が落ちる前にケーブルを抜いてHDDを壊しても、全裸でメモリを刺さなかった為にマザボが静電気で死んでも、これらを神が与えた軽く笑えるユーモア、もしくはうまくやり抜く賢さと思って「あ゛ぁ゛ぁ゛ーーー、俺のパーツが死んだ…ま、いいか…来週アキバにまた買いに行けば」と前向きな姿勢をとっていたが、今だったら「酒のんで不貞寝して3日ぐらい引きずっている」と思う。

それ程までクロックアップや高速化というのは夢のある遊びであったし、実際にガクガクした動きであったのゲームが「パーツを変更したらヌルヌル動いた時の感動」はコンシューマー機では味う事ができなかった慶福であると断言できるし、もしあの時にパソコンパーツの購入をせず地道に貯蓄をしていたならば、今でも欲しくて仕方がない「程度のよいデボネアの中古車(エンジンスワップ済み)」が買えてしまう事は明白なので、過去の趣味に使った投資に対して悔いない当方でも「ゲームやらないのにパソコンをバージョンアップさせていたのは完全に無駄遣いだった」と認めざる得ないし悔いざる得ない。

まさに若き日の過ちであるし、ギターを燃やしたジミヘンと、マザボとCPUから火を出した俺は「その場はよくても絶対にあとから後悔していた」と思う。

とまあ「パソコン」を主体にクロックアップの話を書いては見たが、コンシューマーゲームの場合は「SA-1チップ化されたスーパーファミコン」のクロックアップが最も有名だろう。
特に数年前、彗星のように現れた「グラディウス IIIをSA-1化するパッチ」には世界中のオールドゲーマーが驚いたし、これがリリースされた直後はSA-1チップに完全対応したフラッシュカートリッジ「SD2SNES」が品切れをしたと記憶している。

ともあれ「ガクガクしないスーファミ版 グラディウス III」は実に快適なゲームであったし、この技術を流用して作られた「スーパーR-Type(SA-1化)」、「スーパー魂斗羅(SA-1化)」なんぞも、子供の頃にスーパーファミコンの貸し借りで交渉術のいろはを覚えたゲーム馬鹿一代な中年であれば「マジすげぇな…」と感嘆の声を漏らした事は間違いなく、かく言う当方なんかは「ヌルヌル動きすぎてクリアできる気が全くしないし、チートが当たらなくなったから絶対にクリアできねぇ…」と嗚咽を漏らした記憶があったりなかったり。

その「SA-1化する」パッチ「SA-1 Root」がが本日、4つ同時にバージョンアップするという奇跡が発生したのでご紹介。

https://github.com/VitorVilela7/SA1-Root
SA-1 Root

この「SA-1 Root」について説明すると(以下、翻訳)

SA-1 Rootは、SA-1チップを使用したゲームを高速化するためのプロジェクトです。
ハードウェアの互換性を保ちつつ、ゲームの内容を最大限に最適化するパッチのパックです。
SA-1 Rootは、SA-1カートやbsnes、Snes9xなどの最新のスーファミエミュレーターなど、
実際のハードウェアで動作することが保証されていますが、Zsnesでは動作しません。

つまり「パッチを当てた対応ゲームの処理落ちを無くしてくれる」素敵な改造パッチという事だし、以下動画はその動作比較。

https://m.youtube.com/watch?v=6SDqm7uAJa0
グラディウスIII(SA-1)

https://m.youtube.com/watch?v=fTkKE1NURrY
魂斗羅スピリッツ(SA-1)

https://m.youtube.com/watch?v=cF7DNnyKJYU
スーパーR-Type(SA-1)

https://m.youtube.com/watch?v=i9_4mwd7cYg

Race Drivin' (SA-1)
※日本未発売

いや、ホントこれは凄いって。

なお今回のバージョンアップでは
●「グラディウスIII」「スーパーR TYPE」「魂斗羅スピリッツ(Contra III)」「Race Drivin' (日本未発売)」用パッチがアップデート
との事。
●このバージョンでは、ブートコードのI-RAM(SA-1内蔵RAM)設定に関する問題を修正しています。
●今までハードウェアによって起動がまちまちであった「スーパーR TYPE」「魂斗羅スピリッツ」の動作率が一気に向上
●その結果「グラディウスIII」「スーパーR TYPE」「魂斗羅スピリッツ」は確実にハードウェア起動が可能になった


という訳で、子供の頃に今回アップデートしたタイトルをスーパーファミコンで動かして「ちょっとカクついているなぁ…」と不満を持った方や、「開発側はこういう処理落ちとかカクつきも踏まえて開発しているんだよ!!」という持論を長きに渡り展開して友達を数人無くされている方、SA-1対応のゲームが動かしたいという理由で「SD2SNES(FXPAK PRO)」を買ってはみたものの「動かした所で飽きてもう使っていない」という方などは、今回アップデートされたパッチをロムイメージに適用し「スーパーファミコンの可能性」を再確認しみては如何では。

22/09/18 「Oculus Quest2」をバーチャルボーイ化するデータが無料公開 その他
見た目だけですけどね Oculus Quest2
連邦を止めていた約4年間の間に何が起きていたか。

ひらたく言えば「ひき逃げにあった(未解決)」「被害者として事件に(未解決)」「病気で入院(一応解決)」の3つに別けられる。
これらを一括に「厄年だから」と言ってしまえばそれまでなのだが、厄年を理由に毎回「ひき逃げ」にあったり「被害者として事件になる」なんて事になるのであれば、友人知人親類縁者が競うように行っている前厄/厄年/後厄の都度の厄払いをする他ない。

本件を「三年前に最もついてなかった知り合いの女子」に聞いてみたところ「前厄、本厄、後厄に高い祈祷料を払って厄払いをしても後厄に自己破産したので効き目はないと思う」という体験談に基づいた検証結果を提示されたので「その不幸は哭きの竜に麻雀で勝たなきゃ駄目なレベルですね」などと余計な事を言ってしまったところ、ちょっとだけ険悪な関係になってしまったのはココだけの話。

ともあれこの数年間で当方は「散々な目」にあったし、どっちかというと「不幸が過去最大の大フィーバー」をしていたと言っても過言ではなく、じゃあ何が言いたいのかと言えば「その件はおいおい語るので今はお待ちあれ」という事にして話を進めると、今日はこの4年もの間に当方のゲーム機環境がどれだけ変わったのか…という事をお話したい。

まず当方はこの数年で珍しく「XBOX」を覗いた全ゲーム機の最新型を買った。
これは人間のクズが「酒と女に逃げる聖者へのララバイ」をするのと同様、ゲームさえあればこの面倒至極な事象から現実逃避出来るかもという淡い期待のもとに行われた購入計画であるのだが、ゲームで嫌な事が全て忘れられるほど現実は甘くないし、もしゲームが酒以上に現実逃避効果があるのであれば、世界はゲーム中毒者に溢れ、ニューヨークのハーレムあたりで黒人のイカついブローカーが「お兄さん、いいゲームギア入ってるよ」と声がけしてそうなものだし、そもそもの話は「第三者から数年の嫌がらせを数年された」の結果な当方は「音と光に過剰反応する」ような薬を処方されて今に至っている。

なので当方の日常は「原子力潜水艦 やまと」に乗っているソナー兵のように音に対し集中しているし、デカい音と眩い映像を楽しめる「映画館」には「ゼロ・グラビティ」以降行った記憶もなければ、ゲームをプレイする時には「彩度」と「光度」をギリギリまで落としているし、ボリュームは相当小さい目に設定しているので「キャラクターボイス」が入っているゲームは「字幕」無しではプレイできない状況だ。

という状況下で何をトチ狂ったのか「PSVR」を買った。

これは「ショック療法的に光や音を与えれば治るかも」という光明を見出したからとも言えるし、単に時代についていこういう「コスい」考えもあったのかもしれない。
だが所詮「ショックはショック」だったのか、買って一時間もしないうちに「音と光に酔って死にかけた」。

プレイしているタイトルが悪いのかな…と思い、プレイステーションストアのセールの都度「安いPSVRのゲームを片っ端か買う」という非効率的かつ非生産的な方法で解決を試みたが、素晴らしいゲームになればなるほど「ショックがデカすぎてギブアップまでの時間が短くなる」という予想通りな結果を導きだすに至り、我が家のPSVRは「やくしまるえつこ『放課後ディストラクション』360°MV」を再生するだけの機械に成り下がったし、今でも当方は思い出したかのように「やくしまるえつこ『放課後ディストラクション』360°MV」を再生しては「俺の中のVR元年」を今年も楽しんでいる。

https://www.youtube.com/watch?v=6gu4L9jkl-k&ab
やくしまるえつこ『放課後ディストラクション』360°MV

という訳で、数年前に「これからはVRだ!!」と大々的に広報されるも「アダルトVR」以外はイマイチ普及している気がしない再生機「Oculus Quest2」が大幅値上げをするというニュースは、VRに興味がある人にもない人にもセンセーショナルな出来事として報道され、ヤフーオークションでは微妙に高かった「Oculus Quest2」の落札価格が超高くなるという由々しき事態になっているし、これから「Oculus Quest2」を購入している人にとって寝耳に水だった。

当方なんかは「いつか買うものリスト」に入れていたので「寝耳に水」どころか「青天の霹靂」だったし、当方がもし武将だったら「虚をつかれた!!」と憤り全軍を本陣に向かわせる自爆命令をしていた事だろう。

ともあれ何時でも手が届く筈だった「Oculus Quest2」が高値の花になってしまった今、VR令和元年を迎えようとしていた方々は「部屋に転がっているPSVR」か「タンスの奥にしまったバーチャルボーイ」を取り出して代替品として遊ぶしか方法は無くなったし「Oculus Quest2」に「74,400円(256gb)」を支払うのであれば、PS5か新しいグラフィックボード代金にしたいのが本音なところだし、当方的にはその金で「毎日つぼ八で1人大宴会」をしたいのが本音。

ただ「Oculus Quest2」を持っている方ならば「えー、今更こんなのが欲しいの」と上から目線で軽く自慢できてしまうのが本音だろうし、実際に「Oculus Quest2」を所有している人が「飽き気味」というのも本音らしく、ヤフーオークションには日刊ペースで多数の「Oculus Quest2」が高値で出品されては落札されて、資本主義の原理法則がひと目でわかってハッとしてgood!!。

という訳で本日は、超需要がないと思うけれども「Oculus Quest2」をバーチャルボーイ化する「カッティングシートの型紙」が無料公開されていたのでご紹介。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1571070134458134529/photo/1
オラクルのバーチャルボーイ化

https://drive.google.com/file/d/1T89oWztYNw-_8Y3hHLxzrbR7w7GJ6TZy/view
カッティングシートの型紙

https://www.pngegg.com/en/png-dvjad
任天堂ロゴとバーチャルボーイロゴ

という訳で、価格が上がる前に「Oculus Quest2」を買っていた方や、他人と違う「Oculus Quest2」を持ちたいという方、Oculus Quest2でバーチャルボーイエミュレータを動かしながら「こういう大画面じゃなくて、立体視じゃないと駄目なんだよなぁ…」とボヤいている方などは、なんとなく息抜きでこちらのデータを覗いてみてはいかがでは。

嗚呼、あと今後「Oculus Quest2」を買う予定の方とか。

22/09/15 「スーパーハングオン」を子ども用のTVおもちゃで動作させる猛者が登場 その他
Playing Super Hang-On with a Paw Patrol toy! ハングオン
最近感受性が乏しくなったのか、ゲームがあまり面白くない。

また動体視力、反射神経も落ちた為か「慣れ親しんだゲーム」でない限り、ステージが全くクリア出来ないどころかチュートリアルすらクリアできなくなっているので、もう当方のゲーマー人生は終わりに差し掛かっているのだろう。

だが「慣れ親しんだゲーム」すなわち「子供の頃に遊んでいたゲーム」の場合、なんとなく身体が覚えているのか多少身体の機能が低下をしていてもそれなりに遊べるので、結果的に「昔の復刻ゲームばかりPS4で買ってる」というのが現状であるし、いざ復刻ゲームを買って遊ぶと「楽しかった。でも昔に散々遊んだから暫くはいいかな」と、せっかく移植してくれたゲーム会社および開発者の方が怒髪天を衝く勢いで「買ったゲームはちゃんと最後まで遊べよ、このバカちんが!!!」とお怒りになられても仕方のないるプレイスタイルになりつつある。

何故このような事になりつつあるのかと言えば、それは先述のように「老化による動体視力/反射神経/集中力」の低下が原因であり、それでは「哲也 雀聖と呼ばれた男」に出てきた「印南善一」のようにヒロポンを打ち込んで全てが見える「おチャクラ大開放」状態にすればよいのかと言えば、たかだかゲームの為にヒロポンで命を削るのは具の骨頂でしかなく、んじゃまぁどうすれば良いのかと考えた結果「カプコンアーケードスタジアム」が市販ゲームで初めて導入をした「無敵プレイのDLC」を購入しゲームを堪能すれば万事解決と言いたいところではあるが、これはあくまでもカプコンアーケードスタジアムにのみ適用される事から他社のゲームで「無敵でいやっほーい」なんてアハ体験はできた試しがないし、本来当方が心からクリアしたい「セガ」とか「ナムコ」とか「MKM」のゲームでは無敵も超ベリーベリーベリーウルトライージーもないので、源平討魔伝は地獄に落ちてばかりだし、ハチャメチャファイターは墜落死、スペースハリアーに至っては「しっかり前を向いているのに木に激突死」という、気の利いていないメーカーもメーカーだが、老人級に全ての運動能力が欠落した俺も俺な状態なので、今は毎日「あの頃のゲームは楽しかったなぁ…てか、ゲームが楽しかったんじゃなくて俺が元気で健康だから楽しかったんだろうなぁ…」などと、「若さ = 輝き」を痛感するに至り、90年代にゲームセンターの端っこで「上海」とか「四川省」とか「麻雀バニラシンドローム」を「ストII」や「バーチャ」や「鉄拳」よりも楽しそうにプレイしていた中年の気持ちが完全にわかった。

そんな事から最近「若者に嫉妬でキレる老人」の気持ちが少しだけわかりつつある。

閑話休題

子供の頃、セガの「動く大型筐体」は本当に輝いて見えた。
スペースハリアー、アフターバーナー、パワードリフト、スーパーハングオン、G-LOK…これら大型筐体はお金が手元にあればプイしたし、友達が「ダライアスやニンジャウォーリアーズも凄いんだぜ!」と言っても「あれ動かないし」とバワードリフトに狂ったレベルの100円玉を投入し、レバーをガチャガチャ言わせながらカーブを曲がっていたが、ゲームセンターの元店員さんに言わせると「あれはホントやめて欲しい攻略法だった」との事だったが、当方ゲームマニアにありがちな「運動神経と反射神経が欠落している子供」だったので、今でも許されるのであれば「パワードリフト」はギアガチャでプレイしたい所。

ともあれ、あんな大型筐体を部屋に置けるのは「ド地方」に住んでいるか「実家に蔵」か「倉庫」がある人間だけと思われるし、いまあれら大型筐体を買ったら「フル装備の中古のハスラーの程度が良いもの」が余裕で買える金額になると思うので、否かに引っ越し土地を所有していてもパワードリフトは所有できないし、あの筐体の動くモデルが現存しているという話を聞いた事がないので、昔の人が言う「夢は叶わないから夢とい言う」はあながち間違いではないと思うし、もし可動型のパワードリフトが土地と蔵が手に入ったとしたら「会った事もない遠い金持ちの親戚からデカい遺産が転がり込んできた」時か「酔って買った宝くじで1等ならびに前後賞が当たった時」だけだと思うので、それは夢の為に努力した結果ではなく、偶然による「金の力」だと思うし、できれば当方は後者での成功を掴みたい。

という訳で、もし成功をしたら俺専用ゲームセンターに「パワードリフト」と「ゴルゴ13」と「スペースハリアー」と元に設置したい「スーパーハングオン」を、子ども用のTVに繋ぐバイクゲームに内臓した猛者が登場したのでご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=kHApOIClPoA&ab_channel=WithProfessorTom
Playing Super Hang-On with a Paw Patrol toy!

こちらの動画では、テレビに繋ぐ子ども用のバイク玩具に「Raspberry Pi」を内蔵しスーパーハングオンをプレイ。
その様はまるでファミコンで発売された「トップライダー」を彷彿させる懐かしさ。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1569895963678093312/
ファミコンのトップライダー

なおこちらの作者様、過去に「世界で一番大きいゲームウォッチ」や、「コーヒーミルで動かすパズルボブル」「竹製/塩ビ管製のレーシングコントローラー」なども作られているので、日がな一日ゲームの事を考えている方は、是非とも彼の過去の偉業をご覧あれという感じ。

https://www.youtube.com/watch?v=ZdzVsbIxEac&t=35s
コーヒーミルとマグカップで動かすパズルボブル

https://www.youtube.com/watch?v=rtiDU2G79Ss&ab_channel=WithProfessorTom
世界一大きいゲームウォッチ「オクトパス」

https://www.youtube.com/watch?v=sEiyS4P_-hM&ab_channel=WithProfessorTom
竹製 レーシングコントローラー

塩ビ管製 レーシングコントローラー

http://www.tomtilley.net/
作者様のホームページ

という訳で、地方のホテルに宿泊すると「まずはホテル併設のゲームコーナー」にあるオールドゲームの確認をする方や、ホテルを選ぶ基準が「併設ゲームコーナーにある大型筐体」という方、Go toを駆使して地方に散らばる「稼働する大型筐体」を見つけては一喜一憂しているインディージョンズ的な楽しみ方をしている方は、こちらの自作ハングオンを眺めながら「たまには、こういうのもいいよね」とか思ってみては如何では。

追記…とは言え、スマホゲームの「ゆるゲゲ」は狂ったくらいに今日もプレイしているので、多分感受性が無くなったよりも「ずっと画面を見ていて疲れる」が正解なのだと思う。