22/09/12 「マスターシステム版ヶソニック・ザ・ヘッジホッグを「メガドラ版」にするパッチが登場 その他
8年かけてチューニングされ続けた凄いハックロム マスターシステム
明るくてテンションが高い人間と酒を飲むより、休みの日は家でユナボマーよろしく1人で爆弾とか作ってそうな人間と酒んを飲んていた方が楽しい。
…というのは、当方が「25年近いアルコール人生」を振り返って思うこと。

そもそも当方は「聖徳太子」と違い「複数人の会話を同時に聞けるほど器用じゃない」し、聞いてもいないのに「最近の成功談」をという名の「スネ夫の自慢アワー」な話を聞かされるのは「昨日のセ・リーグの順位と今年の阪神タイガースの展望」を聞かされるより面倒くさいし、逆に「当方の事を根掘り葉掘り聞いてくる人間」と飲んでいると「こいつの息子が街の変質者に犯されて殺されねぇかなぁ…」なんて感じに殺意が湧くので、最近の当方は「飲み会」というものに対して非常に慎重であるし、今まで断れなかった「次の飲みの時に紹介したい人がいるんですけど一緒に連れてきていいですか?」と問われても即「嫌です」と即答するスキルをついに手に入れたし、最近はこの断りテクニックに磨きがかかり「でも本当に凄い人なんですよ」「嫌です」「一度あったら絶対に得しますって」「嫌です」「ホント吉野さんのファンなんですよ」「嫌です」「断られたらその人ががっかりしゃいますよ」「嫌です」「一回くらい会っても損はないと思いますよ」「嫌です」と、ウメハラが連続ブロッキングから「背水の逆転劇」をしたのと同様に「嫌です」いうブロッキングから「しつこいですよ、ホント」まで畳み込めるようになったので、最近は結構ヒール気味。

ともあれ、ここまでガードを硬くすると「飲み会は趣味の合う人としかやらないので楽しい」し、一時期酒を完全に辞めていた時にや気づいた「酒を飲まない人間は酒をのんでいる人間を冷静なポジションで見ているので絶対的に有利」という事を踏まえ「下戸で飲まない人間がいるなら、その飲みには行かない」という「下戸ハラスメント」を躊躇なく行った結果、「ほぼ全員がベロベロで趣味の会話もままならない楽しい飲み会」が増えた反面「翌日は全員二日酔い」という阿鼻叫喚というか幸せの前借り現象も多々発生しているので、飲みに行く数は以前に比べて大幅に減ったと言えよう。

閑話休題


当方の中で「ユナボマーみたいに休みの日は家に籠もってゲームをしている人」と「会社の仲間とのバーベキュー大会の輪に入れない人」は同類になっているのだが、同類とまでは言わなくともそれに近いのが「年季の入ったゲームマニア」だと思っている。
何故だがわからないが「ユナボマー」のパーカーを被っててサングラスをした似顔絵を見た時に「中野のブローウェイに観光しにくる外人っぽいなぁ」と思ったし、屋内なのにパーカーを被った外国人を「まんだらけコンプレックス」や「スーパーポテト」で見かけたような気がしないでもない。

ともあれユナボマーだろうが、ゲームマニアだろうが、任天堂ファンであろうが、口を開けばゲームの話しかしない中年は往々にして影で「いい歳してゲームの話しかできないバカ」呼ばわりされてしまうので、我々はユナボマーが爆弾作りをひた隠しにして生活していたように、普段は野球や政治やマクドナルドの新製品の話をしながら「ゲーム趣味」を適度に隠すのがよいのではないかと、ゲーム好きの当方は思う。

ちなみ「車が趣味」であるS君なんぞは、前の前の会社で同僚に「車高をペタペタに下げた自慢」をしたところ、社内での信用が大葉に下落したとボヤいていたし、当方の場合は以前勤めていた会社で「趣味はパソコンとゲーム」などとさり気なく話していた所、秋葉原通り魔事件(2008年6月8日 日曜日)が発生した翌日には会社で「吉野はあの事件に巻き込まれたらしい」という噂を流されたので、嘘でいいから趣味は「キャンプ」か「ゴルフ」か「映画鑑賞」くらいにしておくのが、大人としての節度なのかもしれない。

というシケた話をブツブツしてしまったので、今日は「セガマニア」も「オールドゲーマー」も「大人も子供も、おねーさんも」マジか!!となるビッグニュース、すなわち「マスターシステム版 ソニック・ザ・ヘッジホッグ」を、メガドラ版「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」に近づけるという「かなり頭のおかしいハックロムプロジェクト"Sonic Genesis for Master System"がやっと終結しました」っていうお話。

https://www.smspower.org/forums/18542-SonicGenesisForMasterSystemV104
Sonic Genesis for Master System v1.04

https://www.youtube.com/watch?v=otVyd35jWdQ&ab_channel=R%C3%A9voSEGA8-bit
Sonic Genesis for Master System v1.04の動画

なんとこちらのハックロム、2014年6月から2022年8月までの足掛け8年(サントリーピュアモルト 8年と同じ年月)をかけて変更や調整が行われたビッグプロジェクト。

なので「なんだよ…メガドラじゃなくて今更マスターシステムかよ…」とか思った方は喝!!喝!!喝!!! 
本サイトを読まれている方は、この素晴らしきハックロムが暗黒ゲーム史の中に埋もれ入手不能になる前に即ダウンロードしておくべきだと思うし、もうかれこれ30年以上ゲームに勤しんでいる方ならば「パッチを当てて動作させた瞬間」に目から鱗が落ちて即日白内障になっちゃうレベルにマジで凄いから、俺もダウンロードするから君もすぐ落とせと口を酸っぱくして言いたい。

何が凄いって「8bit機」であるマスターシステムに「16bit」機の内容をそのまま移植しようという考え方がそもそもクレイジーであるし、よくあるキャラクタのグラフィックのアップデートだけならいざしらず、背景の大幅な書き換え、スプライトの変更、音楽の修正、存在していなかった音楽を新たに追加するという、もしこの作者様が俺の子供だったらならば近所中に「俺の自慢の息子だ」と触れ回るレベルにホント偉業。

という訳で「Everdrive GG」や「Master EverDrive」や「MiSTer FPGA」や「中華ゲーム機」をお持ちの方や、子供の頃にゲームギア版「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」をプレイして「残像が酷すぎる…」とがっかりした記憶のある方、「ユニクロ」や「しまむら」でセガTシャツが発売されると「オフ会で着る予定もない」のにセガTシャツを買ってしまう「いつまでたっても心はセガ好きの少年」な方などは、騙されたと思ってこの「Sonic Genesis for Master System」をダウンロードし試してみてはいかがでは。

追記…実機で動くってのはホント素晴らしいと思う。最近登場した凄いハックロム「メガドラ版 ゴールデンアックス」を「32x版のぐらぬ機能」」を使用して「アーケード版 ゴールデンアックス」に近づけるという凄いパッチは、実機での動作ができない「エミュレータ専用」にだったんで。

https://www.romhacking.net/hacks/7112/
Golden Axe 32X edition(エミュレータのみで動作)


追記…最近は歳のせいか「相当酔いやすくなった」ので、飲み会前には必ず「ビッグマックのセット」か「牛丼の味噌汁付きセット」を食べ満腹状態にしている。食べないと二時間も持たずにグデングデン。

22/09/09 パワーグローブで最新鋭のゲーム機を操る男 その他
PS5とか、Switchとか、Xbox Srise Sとか、マリオカートのラジコンとか パワーグローブ
「連邦ってどうやってマネタイズするんですか?」
…という質問をされる都度「資本主義の犬め…」と思う。

まぁ当方の知る限り仕事をしていて「いくら儲かってんの?」と会うなり聞いてくるのは往々にして大阪人だけであるし、随分前に当方の勤め先のある社員が「ちょっとしたミスで顧客に原価を知られて会社が倒産寸前まで追い込まれる」という忌忌しき自体となった事は記憶に新しいし、その影響を受けて「給料が2ヶ月半遅延して会社の備品が盗まれまくる」という80年代のブロンクス(ニューヨーク)みたいな経験もしたし、その結果として本社に毎日取り立て屋と貸主が来社し怒号の中で仕事をするという中々無い体験もさせて頂いたので、当方はこの質問をしてきた人間に対しては「警戒心MAX」で対応をさせて頂いている。

ともあれ大体の人は「マネタイズとか本当に考えてないんですよ」と答えれば波が引いたように話を終わりにしてくれるのだが、これが酒の席こと無礼講の場だと「本当はマネタイズの方法考えているんでしょ?」と二度も三度も聞いてくる人もいれば、目を真っ直ぐ見ながら「貯金とか幾らあるんですか?」と更にしつこく聞いてくる「酔っ払い」&「二十年ぶりに電話をかけてくる投資詐欺をやっていそうな同級生」&「某宗教」なんてのもいるので、金とはげに恐ろしきものだと思う。

ともあれ当サイトは「収益化」どころか「営利目的」は一切ない。
当方がいま抱えている秘密案件は所々で「相手は営利目的であるか」という質問をされたし、「別の組織の方々」から本件は営利と非営利で扱いが大きく変わってくると説明されたので、当サイトはそれに習い「ビタ一文」受け取るつもりがないし、そもそも今が2020年代にも関わらず「スマホ完全非対応」「フレームあり」「読みにくさ大炸裂な説明文」のホームページに広告を出したい酔狂な人はいるのだろうか。

まぁ企業サイトがやっているように「当サイト」から「リンク先」との間に一旦広告を置くという方法もあるけれど、当方はこの手の疾風のように現れる広告を見つける都度、疾風のように去っていく月光仮面的な対応をしているので、本手法を連邦に導入する気はない。そもそもサイトの存続条件として「うちは100%非営利である」という旗印がある以上、非営利でどうやって広告収入を得るかというのは「豁然大悟する為に延々と禅問答している寺の小坊主」となんらかわらないので銭の話はこのあたりで終わりにするとして話を次に進めると、当サイトは一段落前に書いたように「20世紀末の様相を呈したホームページ」となっている。

なので何かのツイートがバズった際に「何処かの誰か」さんが当サイトを見て「PSPを改造している時に読んでた古いページかと思ったなら中身が最新だったwww」みたいなツイートをされていたので、当方は連邦を「ガワはD-51、中身は松本零士の考える未来メカを搭載した銀河鉄道999」と良い方向に解釈したが、まぁ実際のところどうなんスかね?

こうして文字に起こすと当サイトは「還暦過ぎても気持ちだけ若いからデュラン・デュランみたな格好をして街を歩いている時代錯誤なお洒落老人」もしくは「見かけは大人、中身は子供のフォレスト・ガンプ」的なサイトのような気がしてきたが、00年代に楽しい事を嬉々として書いていたテキストサイト界隈の方々が今は「アベ政治を許さない」とか「AV新法反対」とか「トランプの陰謀論」などと嬉々として憤っているのを見ると「俺はずっとフザけたまんまでい〜よぅ」と思ってしまう。

ともあれ、そういう「政治話好き」の方々と酒を飲んでいると「今日の飲み代全部出せよ」って位につまらないので、当サイトはいつか開かれるかもれしない「君と俺とで懐かしい話をするだけの飲み会」の為だけに、今日も明日も明後日も「80年代」と「90年代」と「00年代」を中心にダベっていくつもりだ。

という事で、本日は「最新ゲーム機」を80年代の迷機「パワーグローブ」で操作する動画を色々とご紹介。


https://youtu.be/mRvHjixIxyY?t=183
PS5をパワーグローブで動かす

https://youtu.be/fOwx_oSAG3o?t=186
Xbox Srise Sをパワーグローブで動かす

https://youtu.be/s4XY2UGoXC8?t=276
Switchをパワーグローブで動かす

https://youtu.be/s4XY2UGoXC8?t=496
マリオカート ライブ ホームサーキットをパワーグローブで動かす

動画を見ている感じ、紹介文からリンクされている「ConsoleTuner Titan One」と「USB NES RetroPort v2」を組み合わせる事により、パワーグローブと最新のゲーム機をシンクロさせている模様。

https://www.amazon.com/ConsoleTuner-Titan-One-Xbox-playstation-4/dp/B00LH5XZQS/
ConsoleTuner Titan One

https://onl.la/hWNRWLk
USB NES RetroPort v2

なおパワーグローブと言えば、当方が個人的に「パワーグローブ」の広告やネタを探してはTwitterにまとめているので「パワーグローブを眺めながら酒を飲みたい」という方は暇つぶしにどうぞ。

https://qr.paps.jp/VUrzk
当方のまとめた「パワーグローブ」に関する情報あれこれ

そんな訳で、部屋に中古で買ったパワーグローブが転がっている方や、子供の頃にパワーグローブを買って「苦い思い出」がある方、日々「80年代、90年代は楽しかったなぁ…タイムマシンがあったらあの時代に帰りたいな」と思っている頭が夢想花な方などは、こちらのサイトをボンヤリと眺めてみてはいかがでは。

22/09/05 「純銀製のポケットモンスター 銀」を作るビルダーが登場 その他
ちゃんとゲームボーイで起動するのが素敵 ゲームボーイ
最近ダサくなったような気がしてならない。

数年前までスニーカーショップに行けば「このスニーカー、凄くカッコいいな。欲しいな」と思っていたが、3年ほど前から「この店にあるスニーカー、どれもダサくないか?」と思うようになってきた。
また駅ビルに入っている馴染みだったブランドの服屋の前を通る都度に「買わないけど今年のコレクションはセンスが悪いな」と思ったいたが、これが2年ほど続くと「もしかしたら俺がもう流行について行けてなくなっただけでは?」と疑念を持たざるを得なくなったし、万が一の可能性を確認する為に近所の古本屋で売られている「去年のファッション誌」をペラペラめくったところ、なに一つかっこよく思えなかったので、最安値で叩き売られている数年前のファッション誌をあるだけ遡ったところ「5年前のファッション誌でやっとカッコいいじゃん!!」みたいな服装が出来たので、当方は5年前から時代に追いつけていないという現実を目の当たりとする事に。

考えれば最後に買ったアウターの購入理由が「軽くて温かい」という機能性のみがであったし、確か買った時に「カッコいい」とか「キマってる」なんて事は一切考えなかった事を考えると、これすなわち「老化によるオシャレ感覚の消滅」であるような気がしてきたので、先程ほど夏場であるにも関わらず冬物のアウターを羽織ってみたところ、なんつーかかんつーか通院と散歩が趣味のおじいちゃんと寸分違わぬファッションであった事から、今年の冬は「オーシャンズ」か「LEON」あたりを近所の本屋で立ち読みし、それっぽい服をユニクロかGUで買ってキメキメ中年になろうと心に誓った次第。

そんな当方も若かりし頃はモテたくて銀製品を人並みにジャラジャラつけていたし、スニーカーにも結構金をかけていた。
だがある時、仕事で紹介された銀職人が「シルバーアクセサリーの原価とシルバー業界の裏話」をした日から銀製品に対する熱は冷め始め、決定打は「冷え性が悪化して冬に銀製品をつけていると指や腕が銀の冷たさでモゲそうになる」という健康上の理由からシルバーアクセサリーは全て売ってしまったし、「これは気に入っていたしな」と残したリングも「飲みすぎで指がむくんでサイズが合わなくなる」という健康上の理由から、近年二束三文で売ってしまったような記憶がある。

ともあれもし当方が、かの「沢田研二」が「カサブランカ・ダンディ」で歌っていたように「男のやせ我慢、粋に見えたよ」を有言実行するファッション第一主義なオシャレ革命戦士であったなら、今頃シルバーアクセによる凍傷になって指が数本モゲ、友人知人親類縁者から「指が数本ないけど、エベレストで凍傷にでもなった?」とか聞かれていたであろう事は間違いないだろうし、その時にはきっと「シルバーアクセサリで指が凍傷になっちゃってね」と誇らしげに答えていたと思う。

だが今の当方は「至ってダサい」し、先日なんぞは「刑事裁判の傍聴席で他の傍聴人に紛れる為の傍聴用迷彩服ことネルシャツ」を買ったので、最近ダサさにより磨きがかかったと言っても過言ではないし、この話を先日連邦に書いた事をここまで書いたところでやっとこ思い出したと言っても過言ではないので、これだけ過言ばっかりしていると、もう俺の言葉になんも信憑性がないなと思った。

という訳で、90年代から00年代にかけて「オシャレ」を嗜んだ方ならば、一度はファッション誌や駅前の怪しい露天アクセサリー屋で「欲しいな…」と思ったことがあるのが「シルバーアクセサリー」。
もしい富があり、家族もあり、ちょっと大きなお家にお住まいだったなら、銀のカトラリーがまず間違いなくある程に「銀製品」は一つのステータスシンボルであると思うし、フランスの貴族の家系の家には「銀の燭台」が高確率で一つや二つ、なんつーか我々の家の倉庫や引き出しに「ゲームボーイカラー/GBA-SPが必ずが2・3色ある」ような感覚であると思っている。

そのシルバーアクセサリーの技術を駆使して「ポケットモンスター銀(ゲームボーイ)のケース」を作ったビルダーがいたので本日は「俺のオシャレ復帰宣言」として大紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=7sN6IiTMJa8&t=10s&ab_channel=Modified
純銀製のポケモン銀

こちらの動画では、とある海外の銀職人がゲームボーイで発売された「ポケットモンスター銀」のプラスチックケースを「純銀」で作るという、金があったら俺も作ってゲーム友達に自慢したくなるようなアイテムを大作成。

その製作工程は全て本動画で公開されているので「いまの時代の銀製品って機械があれば、こんな簡単に作れちゃうんだ」と思っちゃう事間違いなし。

とまあ、ここまで俺なりのオシャレ宣言を書いてはみたものの、最近抜け毛が増え、身体からデオコでも抑えきる事ができない異臭がし、洗顔料でも落としきれない程の脂が毎朝顔から湧き出ている事を考えると、まずは食生活の改善と適度な運動を開始する事が最適解と思われるが「抜け毛が運動で治る」という話は聞いた事がないし、よくよく考えたら「裁判傍聴をしている傍聴人でハゲた人あまり見かけない」ので、傍聴はもしかしたら運動以上の若返り効果があるのかもしれないので、もう少しネルシャツは買い込もうと思った次第。

という訳で、子供の頃にポケットモンスターを散々遊んだという方や、青年期に子供じゃないのにポケットモンスターを遊んだという方、中年になってもまだポケットモンスターで遊んでいる方などは、こちらのビルドされた「純銀製ポケットモンスター銀」を眺めながら「富とはなにか」を考えてみては如何では。

22/09/04 スーパーマリオワールド ワイドスクリーン Ver1.11リリース その他
夢のようなスーパーマリオワールドを貴方に スーパーファミコン
当サイトは中年と老年しか読んでいないと思うし、読者層の半分以上が「昔は連邦を読んでいた」という方々であると思われるので、昔は随分エミュレータを嗜んでいたという事を前提として今日は話をガンガン進めていこうと思う。

我々が中年が若かった頃、はたまた老年の人が中年だった今から20年前は、スーパーファミコンエミュレータと言えば「Snes9x」か「ZSNES」だった。

他にもスーパーファミコンエミュレータは存在していたが、「SA-1」をはじめとした特殊チップや、サテラビューこと「BSタイトル」が動作する事を考えると結果的にこの2つエミュレータのどちらかになっていたし、この当時秋葉原を会場とした飲み会を開催があれば誰ともなく「俺はSnes派、いや俺はZSNES派」などと、小学生が授業の休み時間に「俺はコロコロ派!!、俺はボンボン派!!」と論争するかの如く語り合ったものだが、えまエミュレータを嗜んでいる中年や老年は「駄目っ子動物」と言われても致し方ない程の少数派になってしまったし、実際に俺の中でここ二年ほど誰かとスーパーファミコンエミュレータの話をした記憶がない。

序に言えば酒の席で「アーケードゲーム」や「昭和/平成プロレス」についても話をした記憶がないので、きっとこの手の話を腰を据えて語るのは「老人ホームに入った時」だと思われるが、その頃までそれら生きていく上で必要の無い知識は残っているのだろうか。
もし仮に他の記憶が大体消えていて、Snes9xと藤波辰爾の話しかしない老人になったら、老人ホームで働いている方にこっそり殺害されても文句は言えないような気がする。

ともあれ、その二年ほど前に「今のスーファミエミュの主流はSnes9xやZSNESじゃなくてbsnesなんですよ」と話した事は間違いないし、その一年後である去年にbsnesの作者である「Near(byuu)」氏がネット上での「誹謗中傷」を苦に自殺するという、当方からすれば「他人事じゃない事件」がおきた事は記憶に新しい。

その「bsnes」は他のエミュレータを余裕で凌駕する「再現性」を誇るだけではなく、独自企画である「MSU-1」を搭載した事により「ゲームの音楽を従来のものから指定した音声データに入れ替えて楽しめる」という新しいカタチのスーパーファミコンライフを我々に提案をしてくれた。

だがある日、Near氏の作った「bsnes」は開発を停止し、そのソースコードを元にbsnesは他の人に引き継がれ「bsnes HD」と名前を変え開発は継続され今に至る。

https://github.com/DerKoun/bsnes-hd
bsnes-hd(スーパーファミコンエミュレータ)

そして去年、Near氏が亡くなった直後に登場したのが「スーパーマリオワールド ワイドスクリーン」というロムハッキングだった。
なんでもハックロムの作者様いわく「亡くなる前のNear氏にも色々相談し、その結果できあがった」との事なので、ある意味「Near氏の最終作」とも言えない事はない。

https://github.com/VitorVilela7/wide-snes
スーパーマリオワールド ワイドスクリーン

んでまぁ、この「スーパーマリオワールド ワイドスクリーン」について簡単に説明すると、本パッチスーパーマリオワールドに適用した上で「bsnes HD」で起動をすると、「スーパーマリオワールド」の4:3のゲーム画面を、ただの画面引き伸ばしではなく「ちゃんとした16:10 (ピクセル ストレッチなし)のワイドスクリーン」でプレイする事が可能になるというもの。
なので従来のスーパーマリオワールドのプレイ時には見えていなかった「画面の先の方」まで見えているので、まるで「任天堂が現代のテレビ環境にあわせて再発売したようなスーパーマリオワールド」を楽しむ事ができるぞっていうお話。

また今回のバージョンアップ(正確には一つ前)で「エクストラワイド(2:1/18:9/18.5:9 (ピクセルストレッチあり)、16:9 (ピクセル ストレッチあり)」という超絶ワイドスクリーンに対応したので、若かりし頃に「ダライアス」や「ニンジャウォーリアーズ」といった多画面を利用したワイドスクリーンで興奮した方ならば、まず間違いなく「すげぇな、このマリオワールド…。今から中古で薄型モニタを何枚か買ってくるか…」などと気が触れたような気分になってしまうのが超ナイス。

https://github.com/VitorVilela7/wide-snes/releases
各ワイドスクリーンの差

なお今回のバージョンアップでは

●「エクストラワイド」をサポートし、内部解像度384x224を追加しました。16:9 モード (ピクセル ストレッチングなし) および 2:1/18:9/18.5:9 (ピクセル ストレッチングあり、CRT テレビと同様) で使用可能。352x224 は 16:9 (ピクセル ストレッチングあり) および 16:10 (ピクセル ストレッチングなし) でも使用可能。
●シェイク/スターリング/ランニング時に、垂直方向に画面外にあるクッパシェルが画面に表示されるのを修正。
●一部の敵が正しい方向へスポーンするように修正

と、機能追加とバグ修正。

まぁこれは雑談になるけれども、ここ最近「MSXシーン」が激アツなようで、例えば数年前に「スーパーマリオワールド」がMSXに勝手移植されたりしているので、興味のある方はこちらもどうぞ(動画の説明欄にダウンロード先あり)

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1565948654531121152
MSXに勝手移植された「スーパーマリオワールド」。

という訳で、子供の頃に「スーパーマリオワールド」を狂ったようにプレイしていた方や、デイトレードを始めるよりも前に「パソコンをマルチスクリーン」にして「ニンジャウォーリアーズみたいでカッコイな…俺んち…」とか思った事のある方、ここ何年もエミュレータは弄っていないので「最新のエミュレータ事情を全く知らない」という方は、これを機に「bsnes HD」も一緒にダウンロードして、まだ見ぬワイドスクリーンのスーパーファミコンのゲームを楽しんでみては如何では。


参考リンク
https://github.com/DerKoun/bsnes-hd
bsnes-hd(スーパーファミコンエミュレータ)


追記…ちなみに「Snes9x」はこっそりとバージョンアップが続いている。

http://www.s9x-w32.de/dl/testbuilds/
Snes9xのテストビルド

22/09/01 PCエンジン版「R-TYPE」のスプライトを倍にして高画質仕様にするパッチ その他
なんと「スーパーグラフィックス」にも対応 PCエンジン
「手塚治虫」や「藤子不二雄」のマンガを読んでいると、よく巻末に「本書には現代で不適切な表現がございますが、当時の時代背景なども踏まえてオリジナルのまま復刻いたします」といった趣旨の事が書いてある。

なので今日は「当時」小学生もしくは中学生だった当方が、狭い交友範囲で統計調査を行った結果を「当時の時代背景を踏まえた上」で書いてみたいと思う。

ファミコン = 普通の人
メガドライブ = キチガイ
PCエンジン = オタク

これは書くまでもなく「そのゲーム機を所有している人がどんな人か」を短絡的に表した子供の俺なりの結果であって、更に言えばPCエンジンユーザーあり、かつメガドライブ持ちであった当方は「キチガイのオタク」という事になるのだが、まぁ正直なところ「周りのメガドライバーは軒並み狂信者」であったし、「THE 功夫」と「カトちゃんケンちゃん」以外のPCエンジンソフトを持っている人間は「軒並みオタク」であったので、今でもこの結果は何も間違っていないと思っている。

これを読んで「ふざけんなよ!!」と憤慨する方もいるかもしれない。
だがこれは、あくまで北関東のド田舎に住んでいた当方の狭い区域内での統計結果なので、まぁ「そういう終わっている地区もあるんだな」くらいに思っていただければ幸いだし、これに異論のある方はきっと「虫取りとザリガニ釣りとテレビゲーム」以外のアミューズメント施設が身の回りにあった方だと思うので、そういう場所に今もお住まいになられているのであれば「正直羨ましい」し、そういう人はメガドライブ/PCエンジンの他にちゃんと「ファミコン」も一緒に持っていた幸せな方と思われる。

ともあれ、人が何と言おうが、俺が何と言おうが「PCエンジン」は最高に夢があったゲーム機だと思うし、大人になったら名刺ケースから「Huカード」をサッと取り出せるくらいのヤンエグになりたいと思った時期があった。
だが後継機であるPC-FXが発売される頃には好景気も終わり、あれだけ栄華を誇っていたNECも気づけばPCエンジンどころかPC-98シリーズの販売を止め、気づけば「PCエンジンの話をする相手」すらいなくなる始末。

正直なところ当方もそれなりの歳なので、友達が昨日買った中古ゲームの話より、医者から貰って昨日貼った湿布の効果の方が気になるし、憧れのPCエンジンGTよりも、スポーツ選手が広報している高い腰痛用コルセットの方が欲しいと言えば嘘ではないし、昔のようにアグラをかきながら薄いカルピス片手にゲームをするなんて夢また夢。

とは言えPCエンジン愛は未だ衰えていないつもりであるし、先日「次の更新はPCエンジンだよ」と予告しておきながら「マスターシステム版 PC原人」を紹介した時には、今までセガマニアの影に隠れて見えてこなかった「PCエンジンファン」であるフォロワーさん達が目に見えてガッカリしていたので「自称 街のPCエンジンおじさん」である当方が、今回とっておきのPCエンジンネタを投入したいと思う。

ほら前回の更新で「ちょっとシケた話」を書いてしまったので、お口直しという事で。

という事で本日は「PCエンジン版 R-TYPE」の最大スプライトを64から128に拡大し「PCエンジン スーパーグラフィックス対応」にした「R-Type PCE/TG-16 to SuperGrafx Hack (Unfinished)」をご紹介。

https://www.chrismcovell.com/creations.html
R-Type PCE/TG-16 to SuperGrafx Hack (Unfinished)

https://www.chrismcovell.com/data/R-Type%20(U)%20%5BUnfinished%20SGX%20Hack%5D.zip
ダウンロード先

こちらはPCエンジン版 R-Typeが抱えていた「スプライトの関係で画面の上下がキレてしまうのでスクロールせざる得ない」という問題を解決したスーパーハックロム。

最大スプライトをハックして倍にした事により画面サイズを縦方向イッパイまで広げる事に成功し、従来のように自機をゲームの垂直方向にスクロールさせなくてよくなったと…という、当時の移植を知る人ならば「マジかよ!!」となるナイス改造。
また縦方向の画面配置を調整も可能なので、その場合にはゲームを一時停止して「I」ボタンをを押したまま、上か下を押せばOK。
更に「デバッグ無敵モード」というものを搭載しており、ゲームプレイ中にセレクトを押すと発動するとの事。

しかもパッチを適用したロムイメージの拡張子を「.PCE」から「.SGX」に変更する事により、「PCエンジン スーパーグラフィックス」用として動作するスグレモノ。
これが一番凄い!!

ただ作者様曰く「このハックは未完成で、レベル4くらいまでは動きますが…」という事らしい。
当方シューティングゲームが滅茶苦茶下手くそなので、作者様の言う「レベル4」が面数なのか、それともフォースの強化段階なのかは不明であるし、先程動作確認も兼ねてプレイしてみたところフォースを取ったところですぐ死ぬ」というデジャヴュのような経験を10回以上したので、この「レベル4」問題に直面しなかったのはココだけの話。

ともあれ、本パッチの存在により「PCエンジンにはまだまだ伸びしろがある」という事を理解できたので、今後もPCエンジンについては出来る限り調べていこうと思った。

という訳で、子供の頃に「大人になったら憧れのPCエンジンGTを買って通勤電車の中で遊ぶんだ!」と心に誓っていたにも関わらず通勤電車の中で「GBAでポケモンの新作ばかり遊んでいた」という方や、R-TYPEが移植される都度に「新しいゲーム機」を買っていたという方、人がR-Typeの話をし始めた瞬間、言葉を遮って「ああ、M72システムのあれね!!」などと変なマウントをとってくる若手に厳しいオールドゲーマーな方などは、こちらのパッチを適用した「R-Type」をエミュレータなりEverdriveで動かしてPCエンジンの新しい可能性を体感してみてはいかがでは。


参考リンク
https://twitter.com/covell_chris
作者様のTwitter

22/08/29 「野球格闘リーグマン」と「キャプテンコマンドー」がメガドライブに勝手移植中 その他
目の付けどころがシャープでしょ メガドライブ
時々思い出したかのように書いているが、当サイト「連邦」は数年前に当方の意志に反し更新を停止した。

それは「所轄の警察署からの指示」であって「裁判所命令」ではない事を明記しておく。
この更新停止は当方ならびに警察も「大体半年、長くて9ヶ月」と予想していたが、担当刑事が季節の移動で何人も変わり、序に警察署長も入れ替わり、更に検察官も移動するという「4年間」にも及ぶ更新停止になった事は、当方的にプラスだったのかマイナスだったのか今でもわからない。

そして一昨年の秋頃、警察からやっと連邦の更新許可が出た。

その際に警察から「今住んでいる場所が特定されるような写真はアップロードしないように」&「個人が特定されやすい事柄は書かないように」というお達しを受けた上に、またやられるかもしれないから「連邦を更新しないのも一つの方法」とご助言頂いたが、どうしても紹介したい「アウトランの記事」があった事、このまま終わらせたら「我慢していた数年にも及ぶ更新停止は何だったのか」という事もあり、今に至っている。

この肝心かなめの更新停止理由については「書く必要性が出てきた場合」にのみ公開するかもしれないが、基本的には書かない予定だ。

ただ更新をしている以上、警察から助言された「いま何処にいる、いま何をしている、いま誰といるなどは書かない方がよい」を忠実に守りこれら情報は個人の安全の為に差し控えさせて頂くし、その影響で一昨年から先日まで「ゲーム」&「ラーメン作り」といった部屋に籠もって1人で行う「生活感が見えない趣味」だけを公開していた訳だが、最近になって「裁判所は入館時に金属探知機でボディチェックされるので安全だろう」という事に気づき「裁判傍聴」という趣味は情報解禁とした。

真面目な話、ゲームを趣味としていれば「行ったゲームセンターの写真」や「近所のハードオフで安く売られているオールドゲームの写真」などを記録として公開したいし、ラーメン作りをしていれば「ラーメン作りの勉強の為に食べに行ったラーメンの写真」なんかも公開したくなるのが「人」ってものだだと思う。
たが今の当方は「旅行の写真」や「友達と飲みに行った時の写真」どころか「近所のショッピングモールへ買い物に行った写真」すらTwitterや連邦で公開ができない。
なので復活した連邦は「身内がほぼ登場せず」、「楽しそうな話もなく」、「情景描写がまったくない」という、ロボトミー手術を受けて感情がなくなった人間が書く電脳絵日記の様相を呈してきている。

まぁ正直なところ「ニキビは潰さず薬を塗って触らないようにしてください」と医者に言われても潰してしまう中高生よろしく理由なき反抗してしまう歳でもないなので、当方は警察の助言に従い、事が全て終わるまで出来る限り日常を見せない方向であるし、そんな理由から今日も「老化」か「セガ」の話でも書いてお茶を濁すつもりだ。

さて、復活前から連邦を読まれている方ならばご存知のように、当方は「ギチギチの任天堂信者」であって、どちらかというと「セガマニア」ではない。
むしろ「セガのゲームは難易度が高い」という事からセガ自体を毛嫌していたし、どちらかというと「アンチセガ」なポジションにいた。

ただ「改造コード」を使用し自機/自キャラを無敵にしたメガドライブの難易度高めなゲームは「あのセガのゲーム機で動いている」とは思えない程に面白いし、それを昔から横で視ている友達のS君なんぞは「ファミコンの"いっき"ばっかり遊んでいるから、ゲームの面白さがわからなくなっちゃったんですよ」とか無礼な事を言ってくるので、いつか呪詛で呪い殺してやろうと思っていた昨今っていうか一昨日、S君から「コロナになった。身体が辛い」というメッセージが届いたので、俺が呪詛る前になにかしらの大きな力が動いてS君に天誅が下ったんだろうなぁ…と思う。
※PCR検査の結果は陰性との事なので多分「夏風邪」。

ともあれ最近は自分の意志に反し何となくメガドライブの情報を発信していたところ、見ず知らずの「セガマニア」こと「セガ人」の方々がツイッター上で声がけしてくれるようになってきた事から「あれ? なんか俺の知ってるセガマニア(狂信者)の人と違うぞ…」と思えてくるようになってきたし、日々セガの情報を集め、セガの勝手移植ゲームを動作確認しているうちに「セガの情報を発信する事が俺の生まれてきた使命かも」と思えてきたので、「セガ」という目に見えない何かは「アンブレラ社のT-ウィルス」のような感染するものか、はたまた宗教のように幸せと不幸が表裏一体となった中毒性の高い何かなんだろうなぁ…と思ったり思わなかったり。

そんな偉大なるセガ様のお作りになられた世界戦略機「メガドライブ」は、製造から30年以上経過した今でも世界の「セガ人」が崇拝している事から、今日も今日とて勝手なゲーム移植こと「勝手移植」が行われているし、PS5やSwitchが発売されてから数年経過したにも関わらず「今回の次世代機戦争の勝者は多分ドリキャスだろうなぁ…」などと時代錯誤な事を行っている方々にとって、「いまメガドライブが世界のマニアの間で隠れたブーム」という現状は、アメリカの治安はマジェスティック・トゥウェルヴによって守られているのと同じくらいの常識と思われるが、その手の人は「比婆山にヒバゴンが住んでいる」と信じているんじゃないかなぁと当方は睨んでいるので、たぶんちょっと狂ってる。

それら「勝手移植」の大半がゲームとして成立していない事は当サイトをお読みになられている諸兄であればご存知の事であると思う。
だが稀に「勝手移植のゲームがマトモに動かねぇよ、馬鹿!!」と激高してくる方が存在している事は紛れもない事実であると言っても過言でもないし、正直そんな方々はマスクをせずに商店街を歩いている若者対して突如杖で殴りかかってくる老人級の狂犬だと思うので、そういう人はヤフーニュースのコメント欄で未のない討論でもしてストレスを発散しているのが良いのではないだろうか。

閑話休題

勝手移植のゲームとは元々メジャーな存在では無い上に、作者様が「飽きた」と開発を停止してしまえば二度とゲーム史に浮上してこない夢幻(ゆめまぼろし)のようなもの。
その代表格である「メガドライブに勝手移植されたスターフックス」は、数回のバージョンアップが行われ結構盛り上がっていたにも関わらず、今では最新版を探すのが超困難なロムイメージになってしまったし、当方もそのメガドラ版 スターフォックスの「最新版」や「ちょっと前のバージョン」をネットの広大な海からサルベージする事に成功していない。

それ程までに勝手移植の世界は暗黒ゲーム史ちっくなものなんで、ダウンロードしたらRAID仕様にしてあるハードディスクへ保存しておくのがよいのではないでしょうかと御提案させて頂きたい所存であるのですが、当サイトなんて読んだらそこでお終い的な戦後のカストリ雑誌みたいなものだと俺個人は理解しているつもりなんで、そこは各々でよろしくお願いいたします、だから「落とし忘れちゃったからURL教えてプリーズ」とかいう連絡をしないようにと平身低頭でお願いしたいところ。

という訳で本日は「これメガドラに勝手移植しちゃうの?!」というタイトルを3本ほど「まとめて」ご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=hhbMwIa-rfM&ab_channel=SEGAZONE
勝手移植版「野球格闘リーグマン」」(リンク先は説明文にあり)

https://www.youtube.com/watch?v=up1AjsolUs4&t=649s&ab_channel=SEGAZONE
勝手移植版「キャプテンコマンドー」」(リンク先は説明文にあり)

https://www.youtube.com/watch?v=uk0ZIw3XBMg&ab_channel=SEGAZONE
勝手移植版「ストリートファイターZERO2」(リンク先は説明文にあり)


特に「野球格闘リーグマン」なんかは存在をすっかり忘れていたので、見つけた瞬間「これを勝手移植しちゃいますか!!!」とちょっとテンションが上がって鼻血ブーであった事をここに告白するし、その「野球格闘リーグマン」は過去どの機種にも移植された事がないので、動作が中途半端とは言え「移植された事自体が偉業」だと当方は思っている。

んでまぁ、話しを元に戻すと「何月何日にどこに行く予定」というのも「当然」書かない方が良いのは間違いないので、いま当方がツイッター上で「観に行くのが楽しみ!」と興奮気味に書いている「Vtuber」の公演情報は一切書けないし、4年にも及ぶ連邦の更新停止期間中に、当方がハッカージャパンという雑誌で連載をしていた際の担当編集者だった「岡本さん(hagex氏)」が福岡の施設内で直接の面識がないインターネットの人間に「刺殺」された事件もあるので、このあたりは慎重に動いているというのが本当のところ。

という訳で、今週は特に予定もないので夜はメガドライブで遊ぼうかな…と思っている方や、まだまだコロナの感染者が多いので外出は控えて自宅でゲームを楽しもうと思っている方、「俺の知る中で"機動戦士ガンダム"と同じように「濁点(゛)が3つもあるのは"メガドライブ"と"チャバネゴキブリ"だけだな…どれも強さが半端ないぜ…」などと頭のネジがすっ飛んだような比較基準でメガドライブを肯定している方などは、今回紹介した「メガドライブの勝手移植」をエミュレータなりマジコンなりフラッシュカートなりで動作させてみてはいかがでは。

追記…無理くりではあるが「バイオハザード2」も勝手にメガドラに移植されているので興味のある方はこちらもどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=TQx5scCCjCc
勝手移植版「バイオハザード」(動画)

https://pscdgames.itch.io/bio-evil
勝手移植版「バイオハザード」(ダウンロード先)

追記2…ちょっと前に「当方が裁判所命令で連邦の更新停止していた」といった趣旨のツイートを見かけたけたので、今回は誤情報を訂正する為に近況を書いた次第。

追記3…本件は現在進行形で終わっていない案件なので、もし当方がショッピングモールに買い物行っている写真などの「楽しそうな写真と情報」をアップロードし始めたら「やっと解決したんだな」と思ってください。

22/08/26 「タイムギャル」の全動画がAIの力を借りてHD化 その他
LDゲームの名作と名高いアレ タイムギャル
私事で大変恐縮ではあるが、昨日遂に老眼鏡を買った。
ここ7年ほど「ものの距離感がとれない」とか「コンタクトレンズが目に張り付いて取れなくなる」などの目のトラブルが頻発していたが、遂に先週あたりから「全開バリバリの老眼」になってしまったので、Kindle書籍に書かれたルビを読むことが絶望的に不可能に。

考えてみればここ数年、「腰痛」を理由にナイキのスニーカーを卒業し「アシックス」と「ミズノ」のウォーキングシューズを履き始めたり、肩がけバッグで腰痛を悪化させてしまい完全なリュックサック生活になってしまったし、先日なんて整骨院に行った際に「貴方に行っている施術は長い入院から出てきた老人の為のものですよ」という驚愕の事実を教えて頂いただいた事から、心の中で嗚咽した挙げ句なんとなく自殺したい衝動にかられたので、もうこれは老化として受け止める以外方法はないと思う。

そしてこの老眼発動により、当方は「高画質化」という呪縛から解き放たれたような気がした。

当方は「2001年宇宙の旅」という作品を死ぬほど愛している。
この作品が死ぬほど面白いのかかと言えば「ジョニー・トー監督の作品の方が全然好きっスね」と答えてしまう程に面白いと思っていないし、未だ5回鑑賞すれば2回は途中で寝てしまう程ダルい作品という認識だ。
正直そのダルさはモデルナのワクチンを撃った翌日よりも気だるいし、ストーリーにおいては「未だ何が言いたいのか未だイマイチわからない」という状態なので、脳の老化が始まってしまったこれから先の未来に「2001年宇宙の旅」に込められた真のメッセージの意味を理解できるとは到底思っていない。

だが「2001年宇宙の旅」の映像については世界一カッチョいいと絶えず思っているし、この映画を大画面で観たくて「プロジェクター」を導入したり、リージョンフリーに改造されたSONYの最上位DVDデッキを購入したのはホント今思えば良い思い出。。
また「クライテリオン版 2001年宇宙の旅のLDは唯一キューブリック監督が監修したので色味が違う」という情報を仕入れた時には輸入盤LDを高値で購入したような記憶があるし、ジャケット違いのLDが発売された時には「ただそれだけの理由」で買い増しをしたような記憶もボンヤリとある。

そしてDVD時代に突入すると、その行為はジャケ違い、スペシャル版、廉価版が発売される都度、息をするかのようにDVDディスクを買い増していたし、ブルーレイ版 2001年宇宙の旅が発売されたと知るやいなやブルーレイデッキを買ってきた事は良い思い出だと思いたい所であるし、それに伴いテレビも買い換えて来たので人から見たら完全に「鬼印の部類」ではないかと思うし、俺は今その事を振り返ると「アレはかなり頭がおかしかった」と思う。

ただ先述のように数年前から「目の不調」が発生していたので、近年鳴り物入りで発売された「2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD& Blu-ray」は購入しておらず、そしてこの昨日付けの「老眼」により「再生媒体がいくら綺麗になっても、目がもう追いつけない」という理由から、長きにわたる「メーカー vs 俺の高画質ディスク購入戦争」は当方の完全敗北により終止符が打たれたと言っても過言ではない。

なので近日中に発売されると言う「The Last of Us Part I」や、既に発売済みの「FINAL FANTASY VII REMAKE」といった「高画質リマスター版」のゲームを購入をする事は未来永劫ないと思うし、最近は「ゲームは画質じゃないよ、本質が大事だよ」と、街の寺の生臭坊主が説法でのたまっていそうな事を偉そうに語っていたりもするが、もし誰かが「PS5をタダでくれた」ならば、当方は即「Marvel's Spider-Man Remastered」と「JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered 」をプレイする気も時間も無いのに買ってくる事は明白っていうか間違いないだろう。

また、もし「クロノ・トリガー」や「バストアムーブ2」といった当方がこよなく愛するゲーム作品が「PS5にリマスター移植」されたならば、俺が死ぬほど嫌っている人間の次くらいに嫌いな「転売ヤー」からプレミア価格でPS5を買う可能性も否めないし多分買う。
嗚呼、これ以上ゲーム機は増やしたくないが、高画質化されたゲームはエンディングまで到達できなくても「とりあえず」試してみたい。

…というような事を何度も繰り返しているのが「スペースハリアー」と「タイムギャル」のファンだと思う。

スペースハリアーについては以下の動画と確認していただくとして、問題は「タイムギャル」の方。

https://youtu.be/MUSeWNOr1Ac
スペースハリアー 移植28作品比較動画

タイムギャルはご存知のように「レーザーディスク」を使用したインタラクティブムービーゲームである事から全編流麗なアニメーションが流れる。
当時はなたれ小僧であった当方はその感動を知るよしもないが、当時中学生くらいであった「年配のオタク中年」の方に飲み屋で話を振ると、大体「ジョッキ3杯分」くらいの時間をかけて当時の感動を語り始めてくるので、ほんとタイムギャルはオタク殺しな作品だったのだと思う。

そのタイムギャルは過去に「MSX/X1のVHDシステム」「メガCD」「マッキントッシュ」「レーザーアクティブ」「メガLD」「プレステ」「サターン」と、マルチメディア的な事を売りにした様々なゲーム機に移植されており、そして発売される都度に「あのタイムギャルが!!」と話題に上がっていたような気がしないでもない。

そんな各機種でタイムギャルが発売される都度、本ゲームの本質である「画質」部分が話題となり、「やっぱアーケード版をほぼ完全に再現できたのはレーザーアクティブだけか…」みたいな話しになっていたのだが、近年の動画圧縮技術の向上、記憶容量の無制限化がおこなわれた「スマホ版 タイムギャル」が発売された際には「おぉ、高画質」と話題になるかと思いきや、人は死ぬほど贅沢な生き物だからか「SD画質か…せっかくならHD画質で出して欲しかった」などと「オリジナル超え」をサラリと要求していくる人がチラホラいらっしゃったので人ってホント怖いなと思ったし、もし仮にHD画質のタイムギャルが発売されたなら、きっとこの人達は「どうせなら旧画質のオリジナル版も入れてほしかった」とか「一番画質が悪かったメガCD版も入れて欲しかった」などと、移植メーカーの開発者の根気と努力をしゃぶり尽くすような要望を出してくるのではないかと予想される。

というような作品「タイムギャル」が外国人 & AIの力により「全動画がHD化されて公開されましたよ」って話をご紹介。

https://www.catsuka.com/news/2022-08-19/time-gal-cinematiques-en-hd-upscalees-par-mes-soins
https://www.youtube.com/watch?v=mTBszQnXZoA&ab_channel=Catsuka
AIによりHD化されたタイムギャル

https://www.youtube.com/watch?v=XynfKRKzMtk&t=151s&ab_channel=ReplayBurners
リマスター前のタイムギャル

https://www.youtube.com/watch?v=SL9nIGW59iQ&ab_channel=NintendoComplete
セガCD版 タイムギャル

https://www.youtube.com/watch?v=OotIlXk5B2o&ab_channel=WorldofLongplays
プレステ版 タイムギャル

https://www.youtube.com/watch?v=znG4LUUPtdU&ab_channel=NintendoComplete
サターン版 タイムギャル

https://www.youtube.com/watch?v=wXGP53cPkbg&ab_channel=makids
スマホ版 タイムギャル

こうして見比べると、AIによりHDリマスターされたタイムギャルがいかに「高画質化」されているかわかるが、数分ほど眺めていると当方老眼の為か「ちょっと綺麗になっている位」にしか観えなくなってきたので、老眼鏡をお持ちの方や、まだ老眼が始まっていない方は、各機種版のタイムギャルの動画を眺めながら「なるほどねぇ…」と思ってみるのもよいかもしれない。

またこちらのサイトの方は「プレイステーション版 攻殻機動隊」のOPアニメーションを凄いレベルでアップスケールしているので、当時「ゲーム音楽聞きたさに攻殻機動隊のディスクを買った俺みたいな方」は、是非ともこちらもご覧あれ。

https://www.catsuka.com/news/2022-08-25/ghost-in-the-shell-sur-ps1-upscale-de-l-opening-hiroyuki-kitakubo-x-toshihiro-kawamoto
PS1版 攻殻機動隊のOPをアップスケール

https://www.youtube.com/watch?v=uKpbP4naLvY&ab_channel=papico
オリジナル版 PS1の攻殻機動隊のOP

という訳で、タイムギャル欲しさにレーザーアクティブを買ったという方や、タイムギャル欲しさにメガCDを買ったという方、若かりし頃にゲームセンターでタイムギャルを遊んでいたら筐体が読み込みエラーでブッ壊れて「死ぬほど焦った」という記憶がある方などは、今回リリースされたタイムギャルを眺めながら「AIの凄さ」と「現代技術の無駄遣い」に感動してみてはいかがでは。

追記…タイムギャルは定期的にユーザーの手でHD化されているのだけれども、今回のはちょっと品質が一段階違うような気がする。

22/08/23 「アレックスキッドのミラクルワールド」が「PC原人」にハックされた その他
この夏はマスターシステムも熱い マスターシステム
「ゲーム機の出荷台数」や「東寺遊んでいたユーザの数」で考えると「ファミコン」VS「マスターシステム & セガマークIII連合」の戦いはファミコン側の圧勝と言わざる得ない。

だが当時のセガユーザー達は長きに渡り「スペツナズ」や「ネイビーシールズ」のように裏に隠れながら粛々と腕を磨き、気づけばこの現代においてライバル次世代機であった「スーパーファミコン」のHomebrew(自作ソフト)をすら余裕で凌駕する、数々の頭がおかしい逸品を公開している事は余り知られていない事だろう。

その「頭のおかしい逸品」の代表格は、今年の春先に公開されたコナミの名作アーケードゲーム「グリーン・ベレー」をマスターシステムに勝手移植した「Green Beret Remake」である事は間違いない。

https://www.smspower.org/Homebrew/GreenBeretRemake-SMS
Green Beret Remake

なにせ本作は一般的な勝手移植にありがちな「ゲームとして成立していない」とか「オリジナルと全く違うゲーム」なんて問題は無く、むしろ過去に公式移植された「ディスクシステム版 グリーン・ベレー」よりも完成度が高いような高くないような、そこは各々の価値観かもしれないが、とにかくホントよく出来ているナイス移植なので、セガ人でなくても一度はプレイする事をオススメしたい。(合法的なROMですし)

この他にも「ボンバーマン」なんかが勝手移植されており、セガファンはホント幸せだなぁと思う反面、これらインディーズ的な作品を事細かに追いかけるのが相当しんどいと思う。

https://www.smspower.org/Homebrew/BOoM-SMS
マスターシステム版 ボンバーマン(動作環境が結構シビア)

という感じにマスターシステムの「Homebrew」は絶えず激アツであるが、それ以上にアツいのは「アレックスキッドのミラクルワールド」のハックロムじゃなかろうかってのが当方の考察であるし、実際に近年公開された「アレックスキッドのミラクルワールド」のハックロムは結構アタマがおかしい。

なので今月は茹だるような暑さで脳が茹だってクルクルパー気味な当方が、クルクルパー気味な凄いハックロムを何点かご紹介。


まずはアレックスキッドを徹底的に改造し、PCエンジンの名作「PC原人」に改造されたハックロムを。

https://youtu.be/5m974pJYVNA
「PC原人」にハックされたアレックスキッドの動画(音に注目)

https://www.smspower.org/Hacks/AlexKiddInMiracleWorld-SMS-PcKidded-Mod
PC原人化パッチのダウンロード先

こちらは見た目だけではなく「音楽」まで手が入っているので、もう何年もPC原人のゲーム画面を観ていない中年の方ならば「懐かしいね、PC原人」と勘違いしてしまう事まちがい無し。

次に紹介るのは「アレックスキッド」をできる限り「スーパーマリオ」に寄せた「Alex Kidd in Mushroom Worl」。d」。

https://www.smspower.org/Hacks/AlexKiddInMiracleWorld-SMS-AlexKiddInMushroomWorld-Mod
スーパーマリオもどきの「「Alex Kidd in Mushroom Worl」

こちらはステージ全体、音楽、敵をスーパーマリオ化したハックロム。けども攻撃は「踏む」ではなく従来どおりの「殴る」。
龍が如くに通ずる暴力性は流石セガと言える。

さて、この次あたりから「アレックスキッドのミラクルワールド」のハックロムは少々おかしなものになっていく。

https://www.smspower.org/Hacks/AlexKiddInMiracleWorld-SMS-PcEngineParodier-Mod
スターパロジャー(もどき)

https://www.smspower.org/Hacks/AlexKiddInMiracleWorld-SMS-1969-Mod
1943改(もどき)

https://www.smspower.org/Hacks/AlexKiddInMiracleWorld-SMS-TwinBee-Mod
ツインビー(もどき)

これらは「アクションゲーム」だった筈の「アレックスキッドのミラクルワールド」を「シューティングゲーム化」したという変態ハック。

ただどちらかというと雰囲気ゲーなところがあり

スターパロジャー(もどき) = 横シューティング
ツインビー(もどき) = 画面上部から下部に向かう縦シューティング
1943改(もどき) = 縦シューティングなんだけれども「テレビを縦に置きにした上でプレイ」しないと駄目

と、マスターゲームは自由だと言わんばかりに好き放題やっているので、ご興味あるかたは是非ともどうぞ。

なお対象となるカートリッジは「アレックスキッドのミラクルワールド」の海外版である「Alex Kidd in Miracle World」なのでご注意あれ。

そんな訳で、任天堂に「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALへのアレックスキッドが参戦希望」というご意見メールをちょくちょく送っている方や、「カセットを差し込まないで電源を入れるとスペースハリアーの音楽が流れる」というマスターシステムの特徴を利用して「暇な時にラジカセ感覚でマスターシステムの電源を入れている」という方、アレックスキッドが元々「ドラゴンボールのテレビゲーム化」として企画されるも版権獲得に失敗し今の形なったという事を最近知り「鳥山明は商機を逃したな…」などと寝ぼけた事を言っている方などは、こちらのハックされた様々なアレックスキッドをプレイしながら、自分のセガ愛を再確認してみてはいかがでは。

追記…個人的に「PC原人」化のハックパッチと、「グリーン・ベレー」のHomebrewは凄いと思うのでオススメ。

22/08/20 スーパーファミコンの特殊チップタイトルに「偽物」が存在していた事が発見される その他
パチモノ好きなら逆に欲しい筈 スーパーファミコン
雑誌連載を大量に抱えていた頃、確か1回だけ原稿を落とした。
いまでこそ笑い話にできるが担当の編集者さんから「輪転機を止めてます」と言われた時には「遂に手塚治虫と並んだか」と思った反面、本気でマズイと思ったので携帯電話の電源をOFFにしたまま海外へ逃亡した記憶がある。(元からあった仕事の出張)

帰国後。
心の底から猛省し、内省した後、深く自省したので編集者さんのところへ謝罪に行ったところ「そうですね…次の連載で8ページと読者プレゼントを出してくれたらそれでいいですよ。原稿は私が書いてなんとかなりましたし」と許して頂いたので、当方は陳謝の意味をこめて「当時コレクションしていたスーパーファミコンのソフト400本」を読者プレセントとして放出した訳だが、その次号の読者プレゼントコーナーに「400本のスーパーファミコンカートリッジを1名様にプレゼント」というプレゼントと書かれており、心底ド肝を抜かれたので、担当編集者さんに「1人10本で40人とかにした方が喜ばれません?」と釈迦に説法的な意見を投げたところ「吉野さんがまた原稿を落とす可能性もあるから、時間は大切にしたいんですよね」みたいな事を言われ反省した訳だが、確か当方のボンヤリとした記憶だと「その次号で雑誌が廃刊」になったような記憶があるので、ジョー山中で言うところの「母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね…」みたいな気持ちになった。

これ以降、ゲームのコレクションは「金銭的な理由」と「スペースの関係上」行わなくなったが、世の中はどうも違っているようで「古いゲームの価値」は年々上がり、世の中に「中国製の偽カセット」がごまんと出回るようになっている事は、当サイトを読まれている方ならば「ジャイアント・マシーン」の正体が「アンドレ・ザ・ジャイアント」である事くら常識であると思うし、これを理由に「ファミコンのカセットのコレクション」をしない人は結構いると思う。

またここ数年、eBayを中心にスーパーファミコンのカセットの偽物も結構メジャーになり始め、海外オークションでは「カートリッジを分解した写真も見せる」のが暗黙のルールになりつつある事は、現在進行系でゲームコレクションをしている方ならば常識であり、そして当方はそれを眺めながら「今から25年近く前からスーファミは偽物があったらしいっスよ」とボンヤリ考えたり考えなかったり。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1358783638217781253
1995年発売のゲームウララに掲載された「SFC版 ストリートファイターIIのカセット偽物がある」という記事

とまぁ、そんな事を考えながら思っていた事は「ま、特殊チップものは偽物がないんだけどね」って事だったのだけれども、2022年7月に「マリオカート」などで使われていた「DSP-1」チップが、2022年8月に「ストリートファイターZERO」に搭載されていた「SDD-1」チップの偽チップ(クローンチップ)が内臓された偽カートリッジがあった事が発見された事は、今日現在まで我が愛すべき母国日本で全く話題になっていないし「本物よりパチものが欲しい」という駄目っぽいオジサンの集合地になりつつある当サイトの読者様であれば「マジかよ!逆に欲しいぜ!!」とか言い出すような気がしてきたので、今日はその情報を紹介してみよう思う。

https://snescentral.com/article.php?id=1229
ストリートファイターZERO2の偽物(S-DD1)

https://snescentral.com/article.php?id=1250
マリオカートの偽物(DSP-1)

これが近年の技術でクローン化されたものであれば「中国の技術って凄いよね」程度で終わるのだが、説明写真には「1997年」の文字列があるので「暗黒ゲーム史」の世界は奥深いと思ったし、去年亡くなった「Near」がスキャンしたスーファミ基板の画像がこういう時に生きるんだと痛感した次第。

んでまぁ、当方がゲームのコレクションを始めた頃の記憶をボンヤリと思い出してみた所「SFCマジコンで特殊チップ者は動かない」(DSP-1は特殊な方法で動作する)という理由で、特殊チップものを中心に集めていたところ、途中でカートリッジのリビジョン違いに気づいてバージョン違いの収集も開始、そのうち「一部マジコンで警告文が出る」というタイトルがある事気づき、「マジコン対策のゲームも収集」ついでに「動かないマジコンも収集」と本当に収拾がつかない事になっていたので、ほんと目的と手段が入れ替わってしまう癖はなんとか直さないといけないと思った。

という訳で、若かりし頃に「マジコンでDSP-1のゲームが動かないっていうけど、DSP-1チップを積んだカートリッジをスロットに刺すと動くんだぜ」とファミ通読者は一生知らないどうでも良い情報を自慢気に語っていた方や、ストリートファイターZEROを買った時に「スーファミ初の長いロード時間」を体験してカセットを床に叩きつけたという方、上京目的が秋葉原の「露天兄貴」からN in 1やパチモノゲームを買う事がだった「元アングラゲーマー」な方などは、こちらの記事を読みながら「世界って広いな」とかなんとか思ってみてはいかがでは。

22/08/16 メガドラ版 「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」のプロトタイプには「スリラー」が入っている その他
これでシックリきたし、メガドラの音源で聞くスリラーは最高 メガドライブ
マイケル・ジャクソンが死ぬちょい前、ネット界隈には「マイケル・ジャクソンはロリコンだから弄って良い」みたいな流れがあった。

実際にそうだったのかは神のみぞ知る事ではあるのだが、今から15年近く前の全世界は「有名人なら有名税として幾ら叩いても良い」という、現代ならば名誉毀損で逮捕当たり前みたいな風潮があったので、マイケルが亡くなり、THIS IS ITが劇場で公開され、テレビ番組の司会者達が「マイケル・ジャクソン」と呼び捨てしていたのが「マイケルさん」と敬称つきで呼ばれるようになった辺りから「友情パワーに目覚めた時のアシュラマン」のようにマイケルが善人扱いされ始めた時には、ホントなんか人間の薄汚さを見せつけられたような気がした。

ともあれマイケル・ジャクソンの映画と言えば「THIS IS IT」より「ムーンウォーカー」であると当方は思うし、ムーンウォーカーと言えばセガが発売した「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」と「ゆうゆのクイズでGO!GO!」は双璧と言っても過言ではない傑作芸能人ゲームだと思う。

実際に「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」は様々なゲーム機に移植され、古くからゲームをプレイしている「自称ゲーマー」が高い目線から若者に「キムタクのジャッジ アイズも面白いけど、ムーンウォーカーはもっと面白いよ。マイケルだし」と倒置法を使ってまでマウントを取ってくる事は俺のまわりではちょっとした常識になっているし、こないだも年上の人と酒を飲んでいて「アーケード版 ムーンウォーカーの面白さ」という話を俺よりオールドゲーマー目線で蒸し暑く語られたので、同じく酔うと「ファミコン版 いっきの面白さがわからない人間は全員バカ」くらいの発言をしてしまいがちかな当方は、買ったまま放置になっている「宇宙防衛軍 4.1」をいい加減クリアして時代の波に乗らなきゃマズイかもしれないなぁ…と思った次第。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1553673738276655104
「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」の移植歴

そんな「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」が面白いゲームである事は、90年代から00年代を駆け抜けたオールドゲーマーなら、二代目タイガーマスクの正体が三沢光晴くらいの一般常識であると思うし、いま実際何となく「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」をプレイし直しても、まごうことなき傑作である事は否めない。

稀に「いやさぁ…」と「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」に物言いがつく時は、大体「メガドラ版よりアーケード版の方がいいよね」という、対象にしてはいけない上位との比較の話であって、それではこの21世紀に「エミュ基板ではないマイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」をゲームセンターで遊ぶことは可能であるかと言えば限りなく不可能に近いし、中古ゲーム市場でちょこちょこ見かける「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」をメガドラとセットで買ってきてプレイしたいかと言えば「いやぁ…そこまでは…」と先程までの威勢はどこえやらって位に小声になってしまうので、早くセガはPS4やSwitchやSteamで「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」を再発売するべきだと思う。

そんな「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」を「THIS IS IT」以降にマイケル・ジャクソンのファンになった若者が、どのようにプレイしているのかは謎であるし、もし仮に「ははぁーん」と彼らのプレイ方法が浮かんだ意識高い系のオールドゲーマーが歯に衣着せず「エミュで遊んでんでしょ?」などと言おうものならば、その日から空気の読めない駄目中年呼ばわりされる事は大確定なので、一般生活をする上で「エミュ」というキーワードは、ハリーポッターの世界で言う「ヴォルデモート」のように「名前を言ってはいけないアレ」くらいの秘密キーワードにするのが妥当ではないだろうか。

閑話休題

今回の連邦は「メガドラ版 マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカーのプロトタイプカートリッジが凄いぞ!!」という話なのだが、古くから「アレ」こと「エミュ」を嗜んでいる方ならば「プロトタイプって未完成品でしょ」とか「完成しているカートリッジに商品サンプルってシールが貼ってあるやつでしょ」と言ってくるに違いないし、こないだ話していた人間も「なんかプロトタイプで凄い事ってあんの?」と上から目線で聞いてきた。

だが「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」のプロトタイプはそんじょそこらの「プロトタイプのゲーム」とは一味違う。

なんと「アーケード版」にも使われていなかった「スリラー」が第3ステージで使われているよって話。

https://www.youtube.com/watch?v=JVc2gTYXxgY&ab_channel=brianthehedgehog
プロトタイプ版 マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカーのステージ3(スリラー)

https://www.youtube.com/watch?v=6bzwNMZoPHo&ab_channel=brianthehedgehog
プロトタイプ版 マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカーのサウンドテスト(スリラー)

https://www.youtube.com/watch?v=BYwXh2ae1AE&t=7s&ab_channel=brianthehedgehog
プロトタイプ版 マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカーが発見された時の動画(コメント欄の盛り上がりが凄い)

超初期ロットのマイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカーで、ダンスアタックをした際に一瞬だけスリラーは流れるけれども「BGM」としてフル版のスリラーが流れるのはプロトタイプのみ。
また本プロトタイプで流れているBGMは市販されたものよりも少し音が粗めになっている事から、良く言えばBECKみたいな「ローファイ」でズ太い音、悪く言えば「ノイジー」で粗野な音だけれども、まぁ個人的にはプロトタイプ版の方が力強くでイカす感じがする。

なおプロトタイプのロムイメージへのリンクは「著作権」の関係で行わないけれども、当サイトを20年近く読み続けているオールドゲーマの方ならば「Michael Jackson's Moonwalker」「Prototype」あたりのキーワードからアレについては連想できると思うので、気になって夜も眠れないという方は「超自己責任」で探してみるのも良いし、子供の頃にムーンウォーカーをプレイした際に「なんでゾンビが出ているのにヒット曲のスリラーが入ってないの?」とか思った元マセガキだった方などは、久しぶりに探究心を持った上でネットの海を勝手に大冒険してみてはいかがでは。

そうそう市販版の「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」とプロトタイプ版「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」の違いはこんな感じ

★ステージ3の曲が「Another Part of Me」ではなく「Thriller」になっている。
●ラスボスが異なっている。
●市販版とドラムサンプルが異なり、アレンジも若干異なっている。
●ステージセレクトがデフォルトで有効になっている。
●一時停止時に「PAUSE」の文字が出ない。
●タイトル画面の後にデモがない。その代わりにメインメニューに入る。
●孔雀王2(Mystic Defender)のROMヘッダーを使用している。


追記…Amazonにて「プロトタイプ版の偽物カートリッジ」を売っている人もいたようなので、コレクターの方はご注意を。

https://www.amazon.com/Michael-Jacksons-Moonwalker-PROTOTYPE-Sega-Genesis/dp/B08MLGQBY3
プロトタイプ版の偽物

追記2…市販バージョンの曲順(ステージごと)は次のような感じ。ラウンド3の「アナザー・パート・オブ・ミー」が著作権の関係で収録できなかった「スリラー」になっていると思っていただければ良いかも。

ラウンド1 - CLUB30(音楽:「スムーズ・クリミナル」)
ラウンド2 - STREET(音楽:「今夜はビート・イット」)
ラウンド3 - WOODS(音楽:「アナザー・パート・オブ・ミー」)
ラウンド4 - CAVERN(音楽:「ビリー・ジーン」)
ラウンド5 - THE ENEMY HIDEOUT(音楽:「バッド」)
ラウンド6 - MICHAEL'S BATTLE PLANE

追記3…マイケル・ジャクソンが自分用に作ったと言われているパワーグローブ(オークションに出品されたらしい)

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1405144566169104385
マイケル・ジャクソンのパワーグローブ

22/08/13 「ザ・キング・オブ・ファイターズ '98」がメガドライブに勝手移植 その他
オープニングの再現だけでも十分満足 メガドライブ
最近「KOF98」をフルチューンした「KOF '98 ULTIMATE MATCH FINAL EDITION」がPS4で発売され、ほんの少しだけ話題になった。
ストリートファイターシリーズは初代から5の他にEXシリーズやポケットファイターまでプレイしている当方ではあるが、KOFシリーズについては、ゲームセンターで遊びはしたものの、コンシューマー機でKOFシリーズを買った記憶は全く無い。

正確に言えば「ファミコン用のパチモノKOF」と「メガドラ用のパチモノKOF」は買った記憶があるのだが、今現在「なぜか」それは手元に無いし、もし手元に戻ってきたとしても「ああカセットが返ってきた」程度の感動くらいしかないであろう。
正直「弱・強/パンチ・キック」をファミコンの2ボタンや、メガドラの3ボタンで再現しようというのは、かなり無理がある。

なので先日友達からドライブ中に「KOFって98が一番傑作だと思うんですよね」と話を振られても、「95と98と2000と2003と2008だっけ? 俺は2000が長かったよ」とWindowsのリビジョンと勘違いする始末。

普段は老人級に話が長い当方も、KOFについては想い出がほぼ無いので、上記の話でKOFに対する想いは語りきってしまったような気がしないでもない。。
という事で本日は「さっさ」と駄文を切り上げて本題に入ると、メガドライブ用に「KOF98が勝手移植中」というお話。

https://www.youtube.com/watch?v=Ffh0thlvFk8
メガドライブ版 KOF98のオープニング(ネオジオのオリジナルを完全再現)

https://www.youtube.com/watch?v=l-yC1RGQQJI
メガドライブ版 KOF98のプレイ動画(タコ殴り)

https://drive.google.com/file/d/1zwmRCJYU-e6lbPpef_XmwYb5o1OkX3GL/view
現物(ダウンロード先)

こちら現在「誠意製作中」という事から「ゲームとしては成立していない」けれども、KOF98のオープニングをメガドライブで完全再現再現したROMイメージはの完成度は中々のもの。
今から15〜20年程前に「メガドラ版 パチモノKOF98」を入手して小躍りした方経験のある方であれば、きっと楽しめると思う。(特にオープニング)

そんな訳で、若かりし頃に「アテナ」や「不知火舞」の同人誌を書いた事のある方や、若かりし頃に「草薙京」と「八神庵」のBL同人誌を書いた事のある方、若かりし頃に「Mr.ビッグ」と「Mr.カラテ」と「チャン・コーハン」の一儀に及ぶホモ同人誌を書いた事のある方は、こちらのロムデータを試しながら「KOF人気」を再確認してみてはいかがでは。
ああ、あとセガマニアの方。

参考リンク
https://www.4gamer.net/games/639/G063948/20220621073/
PS4版「KOF '98 ULTIMATE MATCH FINAL EDITION」本日配信。「KOF '98」をフルチューンナップし,オンライン機能を強化

22/08/11 素敵な自作「LEDスーパーマリオ置き時計」 その他
Mario Bros. Clock スーパーマリオ
数年ぶりに会う人の大半が口を揃えて言うのが「太った?」「髪薄くなった?」「老けたね」の3つである事は、中年の皆様にとって周知の事実であり、目を背けたい現実であると思う。
稀に「少し痩せた?」と言われる場合もあるが、それは「ダイエットに成功したんだね」という称賛ではなく、「病気にでもなったの?」という意味を表し、なんというかかんというか、会ったそばから「なんかカッコよくなったね」みたいな事を言う人が誰もいないので、我々中年は只枯れていくだけのような気がしてならない。

なので自分だけでもプラスな事を言ってみようと心がけてみたが、数年ぶりに知人と会うなり「髪、随分薄くなりましたね」と疑問形ではなく断定系で厳しく薄毛を指摘してしまったし、相手も相手で「君も随分ハゲたよ」と直接的に毛髪の欠損を指摘してきたので、そろそろ「フィナステリド」の導入を本格的に考えなくてはいけいないと思えてきたし、最近ヤフーニュースを読んでいると「デュタステリドの広告」ばかり表示されてくるので、いま我が家は「1984」に登場する「ビッグ・ブラザー」のような何かに監視されているのだろう。

ともあれ人生の折り返し地点を経過してラストスパートに近くなってきた為か、夜中に何度も起きるし、朝起きるが辛くなってきた。
特に朝の目覚めのダルさについては「シンナー吸ってダルそうにしていた中学の時の先輩」と同等だと思うし、朝につく「ため息」の数をギネスに申請したならば、まず間違いなく「朝のため息回数世界一」として認定されると思う。

また老化によるバカさ加減についても「シンナー吸っていた中学の先輩」と同じ位になってきているのか、人との会話で「アレだよアレ」を多用しているので、良く言えばユニコーンの大迷惑にある「アレは何、何はアレ」、悪く言えば「街を徘徊するホケ老人」のようであるので、正に光陰矢の如し。
この様子だとハッと気づいた時には「アテント」を常用していそうだし、気づけば世界の頂点に立つアスリートが「プロレスのチャンピオン」以外「全員年下」という現実を垣間見ると、なんかプロレスってスゲェなぁ…と思わざる得ない。

そのプロレスと言えば、最近やっとプロレスを冷静に見定める事ができるようになってきたのか、ジャーマンスープレックスを相手に放つ瞬間「相手も飛び上がっている」事とか、バックドロップを仕掛けた相手が「間合いを合わせてジャンプしている」という事に今更気が付き「流血の魔術 最強の演技」に書き記されていた事柄が事実かもしれないと疑念を抱きはじめたが、瀬戸内寂聴が「わだかまりを捨てると、心に風が吹きます」と言っていたので、もう少しだけ著者である「ミスター高橋」を信じてみたいと思う。

とまぁ「言いたい事を色々」書いてはみたが、それは先述の「瀬戸内寂聴」が「健康の秘訣は、言いたいことがあったら口に出して言うことです。そうすると心のわだかまりがなくなります。」と言っていたからで、いざこうして実践してみたところ「現実を直視する事により性も根も尽きた」ので、ホント故瀬戸内寂聴には「瀬戸内寂聴の呪詛入門 あんた地獄に落ちるわよ」的な「現実を直視した本」を出して頂きたかったなぁと思う次第。

そんな我々中年、元ファミっ子が心のゲームとしている場合が多い「スーパーマリオ」をLED時計にした職人さんがいたのでご紹介。

https://www.instructables.com/Mario-Bros-Clock/
Mario Bros. Clock

こちらの電子工作は、LEDパネルに「ファミコンのスーパーマリオ」を映し出し、1分単位でマリオが「?ブロック」を下からバインバインして時間を表示させるというもの。
なんつーかかんつーか、この夏休みに「特にやることもない」という元電子工作好きのファミコン中年ならば是非ともお試しあれという感じ。


んでまぁ、その「瀬戸内寂聴」曰く、「自分で老いを自分で感じた時、その年になる」との事なので、先日「若ぶってストレッチ」をしたところ即ぎっくり腰になったので、今後は自己啓発本などに頼らず、自分自身の身体とは「身の丈にあった」つきあいをしていこうと思う。

という訳で、この盆休みはやる事もないので「昼から酒飲んで、ファミコンでもやるか」という方や、スーパーマリオのゲームウォッチ(近年発売されたやつ)を買ってはみたものの完全に「アラーム時計」としてしか使っていない方、ステーショナリータイプの高級半田ごてを買ってはみたものの「一緒に買ってきたゲルマニウムラジオ製作キット」とか作っていない「買ったところで満足してしまう方」などは、こちらのサイトを眺めながら「やるか、電子工作…」とか何とか思ってみてはいかがでは。

追記…就寝してから二時間半で覚醒、一時間ごとに起きているので、正直身体のダルさが取れるわけない。

22/08/08 メガドライブ用のリズムゲー「Mega Guitarrista」が登場 その他
ベアナックル、ソニック、ストII、ゼルダ、ファンタシースターなどで音ゲーができる メガドライブ
以前も書いたが、当方の趣味の一つに「刑事裁判の傍聴」というものがある。

これは最近の諸事情から始まった趣味なので、裁判所でよく見かける「傍聴のプロっぽい方々」に比べたらまだまだ初心者であるが、これが本当に面白い。
特に詐欺事件なんかはその典型で、裁判という形式上「どのような手法で詐欺を行ったか」を検察官は証拠から説明しなてくてはいけないし、被告は被告で「その手法を裁判官に問われて更に細かく説明」してくれるので、まだテレビやネットニュースに出てきていない最新詐欺テクニックが盛りだくさん。
事件によっては被害にあった会社が「この騙しの手法は本当に犯人と裁判官しか知らないのか? 業界的にこの方法がバレたら大変だ」と証言している場合もあり、万が一そんな裁判にあたると「ラッキー至極」だったりするのだが、裁判の花形は「有名人」もしくは「ピンク事件(エロ)」なので、詐欺テクニックを聞くのを目的に公判を傍聴している人間は少ない印象だ。

また稀に「暇だから」と傍聴した裁判がたまたま「ヤクザの組長」もしくは「ヤクザの幹部」という場合があり、そんな裁判時に何となくメモを取っていたところ、裁判後に「傍聴していた組員」に後ろをつけられ、裁判所の入り口にある「開廷表」をボードに貼る為のマグネットを付けたり貼ったりされながら「無言で謎の威嚇で脅される」という事もあったが、小学生時代に道徳の時間で習った「その行為をやっている人の気持ちも考えなさい」という質問を思い出し「ヤクザにもメンツってもんがあるしなぁ…」と考えながら、そのヤクザの怒りの波が過ぎるのをマグネット下に貼られた「今日の残りの裁判予定が書かれた開廷表」読みながらを待っていた。

という日常であるが故、当方は裁判気分を気軽に味わう為に「逆転裁判」を暇な時に何となくプレイし直している訳だが、実際の裁判は「逆転裁判」のようなスピーディーさは全く無い。
全く無いが「リアル」であるが故に「逆転裁判」以上に面白いし、なによりゲームと違って「プレイしないで、ただ聞いているだけ」という、言ってしまえば「酒を飲みながらNHKのラジオドラマを聞いている感覚」で裁判傍聴は楽しめるので、老眼を理由に「ゲームができない」とか「テレビを長時間みれない」とか「本を読んでいて焦点が合わない」という言い訳ブッこきまくりな「老化した俺」の現状にピッタリ。

とは書いてみたが、この裁判傍聴をしている理由は先述のように「当方の諸事情」の為なのだが、いつの間にか「目的と手段が入れ替わってしまった」ようで、今では暇な時間ができ都度「東京地裁」ならびに「さいたま地裁」に電話を入れ「xxxxって被告の裁判、何日にありますか?」と、発売されたばかりの「ねんどろいど」の在庫を家電店に問い合わせるような感覚で「目的の事件の裁判日」をチェックしている。

そんな事から今当方が最もよく聞いているゲームのサントラは「逆転裁判 MEETS AGAIN ~オーケストラ&ジャズ~」。
生楽器演奏の為に耳障りもよく、また収録曲も「これスティーヴ・アオキが選曲したんじゃないの?」というくらいに選曲がよいので、裁判所に向かう道すがらは「弁護士」というより「被告」の気持ちを考えながら「逆転裁判 MEETS AGAIN ~オーケストラ&ジャズ~」を聞いて気分をブチ上げているが、こんな趣味になる前は「ストIIのケンとガイルステージの音楽」を気分ブチ上げ用に聞いていた。

今でこそ「ストII」のCPU戦において「ガイル」&「ケン」のステージは楽勝でクリアできるが、若かりし頃は何故かこの2ステージでよく負けた。
理由は間違いなく当方が「エドモンド本田」使いであるからなのだが、まぁ兎にも角にもよく「ケン」と「ガイル」にはよく負けたので、悪い意味で音楽が耳に残っている…というか、もう耳にこびりついて離れない。
ベトナム戦争において虐殺をしまくった米国兵士が、帰国後に虐殺をしたベトナム人の断末魔が耳から離れず発狂して頭がおかしくなる原理のアレと言っても過言ではないし、あの二曲においては「ストIIシリーズのどのバージョンのガイル&ケンステージか」というのが聞き分けられるほど耳に残っているので、もし俺が若くして死んだら出棺時に「ケンステージの音楽にしてください」と遺族に遺書を書き残したいところではある。

という感じに、当方同様ゲームに今でも勤しみ、青春時代の思い出を振り返ると「ゲームセンター」と「家庭用ゲーム機」で遊ぶ自身しか思い出せない方ならば、ソニック・ザ・ヘッジホッグ、ベア・ナックル、ゼルダの伝説、悪魔城ドラキュラの音楽なんて、最初から最後まで鼻歌が歌えると思うし、生粋のセガおじさんであれば「マイケル・ジャクソン」というアーティスト自体は知らなくとも「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」に流れた「スムースクリーム」は完全に鼻歌れる事は間違いない。

つーこって、本日は「メガドライブ用のリズムゲーム(音ゲー)」が「Mega Guitarrista」無料公開されたので「騒げー!(Scream!)」という感じでご紹介。

https://github.com/SirMacho2/Mega_Guitarrista/releases/tag/v0.1
Mega Guitarristaのダウンロード先

https://www.youtube.com/watch?v=t9CHKoqeQ78&t=0s
Mega Guitarristaのプレイ動画(ファンタシースター、トップギア、悪魔城ドラキュラ)

https://www.youtube.com/watch?v=XYnh1mWOtYk
Mega Guitarristaのプレイ動画(悪魔城ドラキュラ)

最近のメガドラシーンに疎い当方は「世界初のメガドラの音ゲーかも!!」と思っていたが、どうも2019年に「コロンバス・サークル」さんが「16BITリズムランド」というゲームを発売していたので、たぶん世界で二番目に発売された「メガドラ専用音ゲー(リズムゲー)」と思われる。

https://www.columbuscircle.co.jp/products/?id=1544158988-429784
16ビットリズムランド

また収録曲が「オールドゲーマーの琴線をジャランジャランと掻き鳴らしてしまう」素晴らしいし、ゲームのインターフェイスも「メガドラの3ボタン」を超有効活用した設計なので、若かりし頃に「BM98のデータを集めて悦に浸っていた」という方なんかは、あの頃の気持ちを思い出してメロウな気持ちになってしもうかも。

収録曲(プレイ可能曲)
●「グレートヒルゾーン」/ソニック・ザ・ヘッジホッグ
●「バックインバック」/ソニック・ザ・ヘッジホッグ
●「ストリートオブレイジ」/ベアナックル
●「ガイルのテーマ」/ストリートファイターII
●「ゼルダの伝説のテーマ」/ゼルダの伝説
●「悪魔城ドラキュラのテーマ」/悪魔城ドラキュラ
●「トップギアのテーマ」/トップギア(ユニバーサルのアーケードゲーム)
●「獣王記のテーマ」/獣王記
●「スムースクリーム」/マイケル・ジャクソンズ ムーンウォカー
●「モータビアタウン」/ファンタシースター

そんな訳で、メガドライブをエミュレーションして遊ぶ時には「メカドライブミニ用6Bコントローラー」を使用している「こだわり派」の方や、自作タイトルを遊ぶために海外から「Mega EverDrive」を輸入したと公言しているメガドライバーな方、「セガより美し言葉って無いよなぁ…」と何を言ってるんだかよくわからない「セガマニア」の方などは、セが魂を滾らせながら、久しぶりの音ゲーを楽しんでみてはいかがでは。

追記…この話の大事なところは「被告は当方じゃない」という点なので、そこのところは勘違いしないように。

追記2…当方が目的としている罪状の裁判は「東京地裁」「さいたま地裁」のどちらに確認をしても「ホント珍しい裁判なんですよ」と言い切られるレベルのもの。

22/08/05 ファンメイドのWindows版 新作ソニック・ザ・ヘッジホッグが登場 その他
Sonic Triple Trouble 16-Bit ソニック・ザ・ヘッジホッグ
当方は基本的にソニック・ザ・ヘッジホッグが苦手だ。

正直なところ「武井壮」や「ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル」のような動体視力を持たず、また反射神経を欠損して生まれたとしか言いようのない当方は、ソニック・ザ・ヘッジホッグのようにスピーディーな展開のゲームをクリアするなんて夢また夢、なんとチートコードを使ってもソニックシリーズのゲームをクリアした記憶はない。

当方にとってゲームなんてものは「逆転裁判」や「どうぶつの森」くらいの難易度のゲームが理想であるし、最悪「はっちゃけあやよさん」のようなリターンキーを叩いているだけでエンディングに到達するゲームでも十分だ。

なので「エルデンリング」や「東海道五十三次」なんて死んでもプレイしたくないし、「人間兵器デッドフォックス」や「バーチャロン」のような反射神経を必要とするゲームなんて、後ろで眺めているだけでも神経がすり減ってる。

だが子供の頃の当方は、まだ自律神経も副交感神経もマトモだったので、スピーディーなゲームに死ぬほど憧れた。
その代表格が「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」だったよう記憶がある。

そのソニック・ザ・ヘッジホッグをテレビのCMで観た時、あのスピード感と何か凄い事をやっている感に子供の当方は相当シビれた。

なにせ「ファミコンを余裕で凌駕した」と日々吹聴していた我が愛機「PCエンジン」にあそこまでスピード感のあるゲームは存在していなかったし、発売されて間もない最新機種「スーパーファミコン」でも、ソニック・ザ・ヘッジホッグのような「目が追いつかないレベルのゲーム」は無かったと記憶する。

だがもし「セガ至上主義」の友達に「ソニックやりたいんだけど」と言おうものならば「またセガの布教をされる」のは火を見るより明らかであるし、ちょっと前に「メガドラよりPCエンジンの方が面白いゲームが沢山ある」と言い放ってしまった手前、今更「メガドラのゲームで遊びたい」などと言う事は「仁義なき戦い」の菅原文太で言うところの「おどれも吐いたツバ飲まんとけよ!」のという事なので、口が裂けても彼らに言うわけにはいかなかった。

そんな人生の中で言えば「糞どうでもよいくらい些細な悩み」を抱えていた当方に、歯医者の息子で金持ちなG君が「お父さんにメガドライブとソニックを買ってもらったから遊びにきなよ」と声がけをしてくれたのは不幸中の幸い、当方は小泉局長に媚びへつらう富井副部長のような低姿勢でG君の邸宅へ。

彼の自宅はマラカニアン宮殿とまではいかなくとも立派な自社ビル、そして彼の子供部屋には全日本国中の少年達の憧れ「部屋にテレビとテレビゲーム」が設置されていた。
あの金持ちの代名詞「スネ夫」でさえ「自宅の居間にテレビとテレビゲーム」なのに。

また信じられない事に、彼の部屋にはエアコンことエアーコンディショナーまで設置されていた。
メガドライブのゲームやりたさにセガマニアの友達んちの木造建築で「扇風機もない暑い部屋で、セガの素晴らしさと、NECのヘボさと、任天堂への呪詛」を聞かされていた当方は、この極楽浄土のような環境に心底骨を埋めたくなったが、埋まったら埋まったでエドガー・アラン・ポーの黒猫みたいな殺人事件になりかねないし、まずは今回の目的はメガドライブの新作「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」で遊ぶこと。
エアコンの涼しい空調を体感したければ、行員にいやがられながらも銀行にでも行けば良い。

その真新しいメガドライブでゲームをはじめようとした所、G君のお母さんがお菓子と飲み物まで持ってきてくれたので、もし虫歯になったらG君の歯医者で、万が一体育のソフトボールの授業で顔面デッドボールで歯が折れたらG君の歯医者で差し歯にしようと心に誓った。

色々誓った後、メガドライブのスイッチを入れたオープニング画面が表示された瞬間、G君のお母さんの入れてくれたカルピスを何となく飲むと濃い。
当方が親のいないスキに勝手に作る「俺専用カルピス」よりも濃いし、このまま氷にかければシロップとして使えるような甘さからは「富」しか感じられなかった。

だが当方の幸せはここで終わる。

先にも書いたが当方は、人間として終わっている程に「反射神経」と「動体視力」を持ち合わせていないので、テレビの中のソニックの動きに全くついていけない。
これが武井壮であれば、初プレイで「スターライトゾーン」位まではいけるのだろうが、バッティングセンターで最遅のピッチングマシーンでも「バットに球がかすりましない当方は、何度ソニックをプレイしても一面である「グリーンヒルゾーン」をクリアする事ができなかった。

なのでつい…

「これクソゲーだよ、絶対」

と言ってしまった次の瞬間、G君が「吉野くんは"PCエンジン"で定吉七番とか、大地くんクライシスとかばっかやってるから下手なだけだろ! "PCエンジン"にもスペースハリアーとか、アフターバーナーIIとか、獣王記とかやってゲーム上手くなれよ!」とカルピス片手に声を荒げた。

金持ち喧嘩せず…と昔から言うが、脳が短期間でソニックというセガ要素が高いゲームに脳が侵されてしまったG君は、金持ちの冠詞と言っても過言ではない「金持ち喧嘩せず」に相反し怒り始めたのだからさぁ大変。

とりいそぎ思い浮かぶ限りのメガドラの知識を総動員するも、NECに魂を売り渡していた当方の口から出る言葉は軽々しいにも程があり「メガドラは黒くて黒人みたいでかっこいい」とか「メガドラのコントローラーは空気抵抗が凄い良さそう」などと、G君の怒りに油を注ぐようなものばかり。

なので最後は「次のお小遣いで、中古の獣王記のHuカードを買ってくるよ」と言って、なんとかG君の怒りを諌めた。

そして小遣い日。
少しお金が足りなかったのでお年玉を少しだけ引き出し、駅前の中古ゲーム屋で欲しくもないPCエンジン版の獣王記を買い、家でのPCエンジンで獣王記をプレイした瞬間「やっぱクソゲーじゃん…」と思ったが、学校で会ったG君には「獣王記、凄く面白かったよ。やっぱセガは最高だね!」とカルピスとエアコンの為に言ったのはココだけの話。

という訳で、当方はムズくて苦手なゲームだけれども、世界的に熱狂的なファンがいる「メガドライブ版 ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズの新作を勝手に作った猛者がいたのでご紹介。

その名も「Sonic Triple Trouble 16-Bit」。

https://gamejolt.com/games/sonictripletrouble16bit/322794
Sonic Triple Trouble 16-Bit

こちらのゲームは我々が最も慣れ親しんでいるドット絵で書かれた「ソニック」および「テイルス」および「ナックルズ」が、メガドライブ版のあの爽快な感じで画面狭しと動き回るファメイドの勝手ソニック・ザ・ヘッジホッグ。

https://www.youtube.com/watch?v=oVocshOvY_s
Sonic Triple Trouble 16-Bitの予告動画(後半が本作のゲーム画面)

その完成度は「セガがPS4で新作のソニックを売り出したんだぜ」と会社の中年同僚に言われたならば即答で「へぇ、懐かしいね。昔とあんまり変わんないんだね」と、あまり驚きはしないが「懐かしみ」の対象にする程の完成度な上に「無料」というのが素晴らしい。
また、こちらのゲームは「Windows」版なので、自宅に持ち帰った業務をこなす為のパソコンがあれば、即遊べて超ラッキー。

んでまぁ、常々書いているけれども、当方は後に「PCエンジンに軽く飽きてメガドライプとPCエンジンを、本件の1年半後くらいに物々交換」をしてメガドライバーになっているので、決してセガが嫌いな訳でもなく、なんというか「難しいゲームが苦手な男」ってだけなので、その点はご容赦くださいませ。

という訳で、最近「ソニックの音楽はドリカムのベースが作った」という豆知識を得たので飲みの席で「ドリカムはソニックの音楽を作っている」と少し誇張してセガの偉大さを広報した事のある方や、ソニック・ザ・ヘッジホッグが好きすぎて「ソニックオリジンズ」を「PS4/PS5版、Xbox版、Switch版、Steam版の全てを勝手ニヤニヤしている」という方、過去に移植されたソニック・ザ・ヘッジホッグのYou Tubeを見て「この挙動は、PS3で発売されたセガビンテージコレクション ソニック・ザ・ヘッジホッグ版だね」と中島誠之助級のセガ目利きな方などは、こちらのソフトをダウンロードして「スゲェなぁ…」と感嘆の声を漏らしてみてはいかがでは。

22/08/03 セガ「マスターシステム」に「ゲームギア」がドッキング その他
市販されていてもおかしくない完成度 セガ
連邦を「思うことあって復活」させたのは、一昨年の10月末ごろ。
当初の予定ではその数カ月後に「連邦を数年間止める羽目になった理由」についてツラツラと書き続ける予定であったが、本件を相談した方々が口々に「今はまだその時期じゃない」と諭してきたので、きっと「その今がそろそろ来る」と信じ、連邦を一年半近く更新し続けている。

また数年前に連邦を更新停止をするよう依頼をかけてきた機関から「本件きっとまた続くだろうから、身の回りの事や、身の回りの人の名前は出さないほうが良いよ」と助言を頂いたので、本サイトでは以前のように当方の馬鹿げた日常は書かないよう心がけ、「友達」「知人」「親類縁者」などは極力登場させず、もしキャラクタとして登場させるとしても事前に許可を取った上で伏せ字、なおかつ「今現在」ではなく「少し前の話」しか書かないようにした。

序に書くと、その助言をしてきた機関から「前みたいに言葉尻を取るために"切り取りやられる"可能性もあるから、自分の考えとかも書かない方がよいと思いますよ」という新たなる助言を、連邦再開とほぼ同時に頂いた結果「切り取りがやりやすい"政治"や"世相"に対する意見や考え方は書かない」というルールも追加されたので、いまこのホームページは「ベトナム戦争帰りの兵士がPTSDで感情を無くし、明かりもついていない部屋の隅でブツブツ独り言をしゃべっている」ような感覚で更新されていますよってのが、今現在の俺の話。

なので日々「当たり障りのないゲームの話」をこうして書いている訳だか、流石に一年半近くも「言論制限全開バリバリ状態」で書いていると「ゲームの話に引っ掛けてついうっかり世相に関する個人的な意見」を書いてしまう日もあったので、ここ一ヶ月くらいは「政治」とか「世相」の話題が全く関連しそうもない「セガ」の話を中心に「連邦」および「Twitter」の更新をしていたところ、寝ても覚めてもセガの事を考えるようになってしまったし、いまもし自分が北米住まいだったなら先ず間違いなく近所のタトゥー屋に頼んで「セガのロゴをガイルのアメリカ国旗と同じ位置に彫ってもらう」と思うので、ほんとセガは麻薬か宗教のような中毒性があるとしか思えない。

なので世界各国にセガマニアが存在し、そして日中はセガの事しか考えていない当方は、PCマニアが仮想通貨をマイニングするような感覚でセガの情報を探し続けているので、今日も「セガの話」をしようと思う。

という訳で、今回は「セガ人」の中でも「オールドゲーマー」な人しかビビっとこない「セガ マスターシステム」の改造をご紹介。

その名も「Game Gear/Master System Console」&「SEGA Master System/Game Gear console」。

https://www.youtube.com/watch?v=8SOp6YD4Isg
Game Gear/Master System Console

https://www.youtube.com/watch?v=FQLIq6mjjCk
SEGA Master System/Game Gear console

こちらの「改造セガ機」は、「セガ マスターシステム」の本体に「ゲームギア」を組み込んで一体型とした「2 in 1マシン」。

更にゲーム機としての利便性を上げるため、以下のような改造を敢行。

2 in 1モデルだけれども単電源化
●マスターシステム側
-FMオーディオ対応
-内部でポーズを変更
-NESコントローラーのポーズをカスタムペイント。
カスタムオーバーレイ
-電源投入時、LEDが緑色に点灯
-ネイティブRGB

●ゲームギア側
-カートリッジスロット(ダストフラップ付き
-ステレオ
-RGB、S-ビデオ、またはコンポジット
-カスタムオーバーレイ付きポーズ修正SMSコントローラ
-電源投入時、LEDが青色に点灯

もし本製品がセガから新商品として発売されたならば、メガドライブミニ、メガドライブミニ2、ゲームギアマイクロなどを「息を吸うような感覚で買っている」セガ人が問答無用で買うのは間違いないし、やはりオリジナルサイズのゲーム機は俺ら昭和のゲームキッズの琴線をジャランジャラン掻き鳴らしちゃう程に魅力的な逸品だと思う。

そんな訳で、友達や会社の同僚と昔ばなしをしていて「ファミコンのライバルはPC-エンジン」みたいな話の流れになると言葉を遮って「ファミコンのライバルはマスターシステムでしょ」と声を上げて反論してしまう方や、「ゲームボーイと真っ向勝負したのはゲームギアだけ」とLYNXの存在を忘れてゲームがたりをしてしまう方、海外のセガマニアに「僕の持っているマスターシステムFM音源と3Dグラス端子付きの高級品だから、しょぼちんなアメリカ仕様のマスターシステムと一緒にしないでほしい」と伝えたらキレてバンされ「セガ自慢は国境を超えた友情すら簡単に破壊するのか…」という後悔を人生で何度もしている「マウント好きのセガマニアの方」などは、こちらのカッチョイイ 改造マスターシステム/ゲームギアを眺めてみてはいかがでは。

追記…こちらは元々フェイスブックのフォーラムで公開されていたのだけれども、いまは諸事情により削除されてしまったので「内部写真」が気になる方は当方のTwitterからどうぞ。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1554452857432473600/
ゲームギア内蔵マスターシステムの中身。

22/07/31 MAME 0.246リリース エミュレータ
対応タイトル数世界一なマルチアーケードエミュレータ Windows
子供の頃は「アーケードゲーム」がゲームの中で最上位にあった。

このアーケードゲームが己のゲームカーストの最上位という状態は、平成/昭和を生きた駆け抜けた元ゲームキッズであれば、この位置づけはパソコンゲームの「エロゲー」が登場するまで不動であったと思うし、そのエロゲーが随分衰退しアドベンチャーゲームをクリアする時間と記憶力が無くなった今だと、プレイたらちゃっちゃと死ぬアーケードゲームというものは、過去のゲームを追体験をするのに最適な媒体なのかもしれない。

そんな我々が少年時代であった頃、手持ちの家庭用ゲーム機こと「ファミコン」にアーケードゲームが移植されるという事は、「昭和天皇が崩御した」くらいの大事件だった。
なので少年時代の当方は、本屋で立ち読んだファミ通でその情報を手に入れた瞬間から、その日の就寝まで興奮の坩堝であったような記憶がある。

だがそれだけ期待して移植されたゲームの大半は、ゲームセンターで憧れたアーケード版とは程遠い完成度であったし、、未だ語り草になっている「餓狼伝説 宿命の闘い」のスーパーファミコンへの移植なんぞは、かれこれ40年近く人生を生きてきて、10人位の人間から「新品で買ったカセットを、翌日売りに行ったのは後にも先にも餓狼伝説だけ」と言わしめる程トラウマになっているので、もしかしたら何人かは餓狼伝説でPTSDになっている人がいるかもしれない。

また当方なんかは「源平討魔伝がファミコンに移植される!!」と数カ月間楽しみに待っていたところ、その数カ月後に発売されたのは他社製の「月風魔伝」という似た名前のゲームであったりした事から、その日に家電店のゲームコーナーの前で自分のバカさに愕然とした事は克明に覚えているし、それから約1年後に満を持して発売された「源平討魔伝」がRPGゲームで、家電店のゲーム売り場の前で自殺したい衝動にかられた事は死ぬまで忘れないので、もうホント気分はPTSD。

とは言っても、3万円以下の家庭用ゲーム機に筐体も含めたら100万円以上するアーケードゲームが完全移植できるとは最初から思っていなかったし、子供だった我々は「あり余る想像力と空想力」で、その不完全な移植のゲームを「十分楽しむこと」ができた。
先の「源平討魔伝」と「餓狼伝説」以外は。

それから約30年以上経過した現在、有り余った想像力も空想力もなくなり、目の前にある現実しか見えないリアリストになってしまった我々中年は「アストロシティミニ V」の移植祭りに対し「また遅延が…」と軽く憤ってるように見受けられる。

この方々は「アストロシティミニ」の時にも「イーグレットツー ミニ」の時にも遅延について憤っていたような気がするので、たぶん本当は遅延は織り込み済みで「アストロシティミニ V」を購入していると思う。

というか本来我々は「ファミコン」「マスターシステム」「スーパーファミコン」「ゲームギア」「PCエンジン」「ゲームボーイ」など、若い頃から片手落ちどころか両手落ちみたいな移植でさんざん鍛えられ、その不完全さを受け入れてゲームを楽しんでいたはず。

だが気づけば「フルフレーム出てない」とか「オリジナルと挙動が違う」とか「MAMEと同じバグを持っている」などと、毎度息子の嫁の掃除にケチをつける小姑感覚で「せっかく買った玩具にケチをつけるような寂しい大人」になってしまったし、つい先日も「カプコンアーケードスタジアム」の「ストII」の「エドモンド本田ステージの背景の違い」に俺も含めて目くじらを立てていたので、そろそろ移植ゲームをプレイする前には「座禅でも組んで精神統一」をするか「抗うつ剤を飲んで精神を鎮静化」させないと、「楽しさ」というゲームの本質には達せないのかもしれない。

そんな訳で、月末恒例の「MAMEのアップデート」が行われたのでご紹介。

今回のバージョンアップでは(以下、翻訳)
-----------------------------------------
¥今月の最大の変化は、プロジェクトの構成に合わせてソースコードを再編成したことです。
注意深く見ていれば、システム情報画面でその変更を確認することができます。
それとは別に、開発者の生活を簡素化しつつユーザーには透過的であるべきです。

今月は、Fairlight CMI IIx シンセサイザーチャンネルカードエミュレーションの大きなオーバーホールや、
JPM Lucky Casino フルーツマシンの DAC サウンドなど、いくつかのオーディオに関する問題が修正されました。
crt-geom と crt-geom-deluxe シェーダの最新の機能強化が遅ればせながら統合され、
中国語とブラジル・ポルトガル語のユーザーインターフェースの翻訳が再び最新かつ完全なものになりました。
今月のソフトウェアリストの更新には、より多くのプロトタイプのコンソールカートリッジ、半ダースの新しい e-kara カートリッジ、
そしてかなりの数のメタデータのクリーンアップと修正、さらに Apple II フロッピー、
Commodore 64 テープ、vgmplay 音楽リッピングのバッチが含まれています。
-----------------------------------------
との事。

なお移植と言えば、最近海外のレトロゲームフォーラムでは「歴代のアーケード移植を並べて楽しむ」というムーブメントが発生している。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1553663276369620992
「マーブルマッドネス」「スパルタンX」「タートルズ」「ターミネーター2」「ストライダー飛竜」「獣王記」の移植の違い

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1553673453688958976
現在進行系の移植の歴史と言っても過言ではない「魔界村」。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1553673738276655104/
誰も全て捕捉できない謎移植が多い「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」

https://www.youtube.com/watch?v=CIzOMEpHVnI
アーケードゲーム移植の歴史と言っても過言ではない「スペースハリアー」の全移植の動画

00:25 - Arcade
02:49 - Master System
04:39 - Amstrad CPC
05:57 - Atari 8 Bit line
07:12 - ZX Spectrum
08:06 - NEC PC-6001
09:20 - Sharp X68000
10:52 - Fujitsu FM77
11:34 - Commodore 64 - Sega version
12:27 - Commodore 64 - Elite version
13:14 - NEC PC-8800
14:27 - Sharp X1
16:03 - PC Engine
17:12 - Atari ST
18:31 - Amiga
19:52 - Famicom
21:06 - MS Dos
22:00 - Game Gear
23:22 - Sega 32X
24:45 - Sega Saturn
26:07 - Dreamcast
27:34 - PlayStation 2
28:59 - Gameboy Advance
30:38 - Android
31:59 - Mobile Phone (Java)
33:06 - Nintendo 3DS
34:24 - All versions side by side

という訳で、月末になると「そろそろMAMEが上がる頃だな…」という生活を何年も続けている方や、「ゲーセンミカドが全面的に商品の広報しているから安心してミニシリーズを買っている」という心からのアーケードゲームラバーな方、毎回ミニシリーズを買って都度ゲームの遅延に怒っては「まぁでももう買っちゃったし仕方ないか…」とボヤきながらも部屋の一番カッコいい場所に「ネオジオミニ」「アストロシティミニ」「イーグレットツー ミニ」「アストロシティミニV」を並べ「俺んちのミニゲームセンターがまたカッコよくなっちった」と、満更でもないと言わんばかりにニヤニヤしている「やっぱゲームが大好き」な中年の方などは、昔のように最新のMAMEをダウンロードしてみてはいかがでは。


追記…今日は暑くて脳みそが茹だり気味なので、なに書いているのか自分でもわからないし、もともと本文章は「セガの発売するゲーム機は所謂フェラーリみたいな工芸品なので、選ばれしものの玩具」みたいな駄文だったので、皆様ほんとエアコン入れられるならば入れて、当方みたいに脳が茹だらないようご注意ください。

22/07/27 セガサターンに「4MBメモリ」と「4MB拡張RAM」を内蔵する猛者が登場 その他
Sega Saturn built-in 2-in-1 (memory & EXram) サターン
次世代機戦争に連敗したセガ。
本件はテレビでもたびたび取り上げられ、その番組内では「セガの社員の方々」が自虐的に当時を語っていたりするが、その連敗した次世代機「セガサターン」と「ドリームキャスト」が名ゲーム機である事は紛れもない事実であろう。

人は過去を振り返り「if…」とか「もしも…」なんて仮の話をするものだが、もしもあの時代に「プレイステーション」と「Nintendo 64」が登場せず、「Jaguar」と「CD-i」と「3DO」と「セガサターン」が四つ巴の戦いであったなら、間違いなくセガが次世代戦争の頂点に君臨していた事は間違いない。

また若かりし頃に「ぴゅう太」からゲーム人生が始まった当方からすれば、次世代機戦争に負けたとは言え「今でも十分な程にファンがいるセガサターン」はサポート中止から15年が経過した今でも所有するに足るゲーム機だと思うし、世界初の16ビットゲーム機として鳴り物入りで登場した「ひゅう太」をファミコンの代わりに買い与えられた当方からすれば、サターンユーザーはゲームカーストで行ったら相当上、士農工商で行ったら「工」くらいのポジションではあると思う。

なにせ当時の当方は身の回りに誰も「ぴゅう太ユーザー」がいなかった頃から、友達とカセットの貸し借りができず、また皆が「ファミマがの裏技情報」で盛り上がっている時にも話の輪に入るこ事ができなかった為、この頃の「悔しい出来事」が人格形成において何かしらの影響を与えた事は間違いないだろう。

そんな「ぴゅう太」は未だ他機種に移植されていない未移植のゲームが多々存在しているのだが、発売元の「トミー」は「ぴゅう太」以降も他機種で「タカラトミー」としてゲームを発売していたにも関わらず未だ「ぴゅう太コレクション(30本入)」のようなタイトルを今日まで発売しない事を考えると、サターンという遺産を有効活用して未だグッズを発売するセガ様は偉大であるし、未だ「セターンで発売されていた、あのゲームが遂に移植!!」というキャッチコピーを使用して過去のIPが有効活用されている事を考えると、トミーユーザーよりもセガユーザーの方がなんぼか幸せであると思う。

という訳で本日は「セガサターンの軽い欠点」でもある「RAM拡張」「4Mメモリ拡張」カートリッジを内蔵した猛者がいたのでご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=vvKoeawPcr4
Sega Saturn built-in 2-in-1 (memory & EXram)

こちらの改造を施す最大のメリットは、拡張スロットが空くので「拡張RAMを使用するタイトルでもアクションリプレイが使える」という事。
ただ、アジア製の3 in 1アクションリプレイの場合「拡張RAM、拡張メモリ、アクションリプレイ」が一つになっているで、あくまでもこれは「技術資料」としてみるのが正しいと思うし、最近流行りの「ミニマルなシンプルライフ」なんかを目指しているゲームオジサンなんかは「すっきりしたサターン」を使っていれば、会社の若い子から「あの人んち、自宅の代物家電は全部バルミューダで統一している上に、セガサターンの白を改造してすっきりさせて、ほんとミニマルでカッコいいだぜ」と裏で褒めちぎられる事は間違いなく、またセガ仲間同士でもきっと「うちのセガサターンはRAMとROMをビルトインしているんだぜ」と自慢すれば、一目置かれる事は間違いなし。(たぶん)

そんな訳で、絶えず自虐的に「だからセガはダメだったんだよ(笑)」みたいな事を話してはいるが心の中では「本来セガの方がどのメーカーよりも上だ」と思って生きている方や、セガサターンのピックアップを交換してSDカード読み込みを可能にしている「現在進行系のサターンファン」な方、部屋の本棚の目立つところに「セガのゲームは世界いちぃぃぃ!」が置かれているセガ人は、今回公開された「ビルトイン改造」を眺めて「まだ見ぬ世界のセガファンとの絆」を感じてみてはいかがでは。

22/07/25 Wii用の凄い改造キットが登場 その他
WiiがSDカード起動できるようになり、高性能なWifiを搭載に Wii
最近、古着屋でカッコいい帽子を見かけた。

この帽子は頭に乗せて座りがよく、また同行者曰く「結構似合っている」とのこと。
ただ帽子は定価が30,000円近くする高級品らしく、中古でも7,000円となかなかの強気価格。

30,000円の商品が7,000円で買えると考えれば「非常にバーゲンプライス」な気はするが、7,000円もあれば友達と安居酒屋で開店から閉店まで飲み明かせるし、そんな7,000円があれば「ちょっとお高めな中古のゲームが買える」事を考えると、ひと夏しか使わないような帽子に7,000円も使うのは馬鹿愚かの思考に思えてきた。

更にその鏡に写った自分を見れば「帽子より白髪染め」をした方が素敵になれる事は明白であったし、黒く染めた髪の自分を脳内シミュレーションしてみたところ瞬間的に「植毛」の二文字が脳裏に浮かび、帽子を買うより「フィナステリド」と「わかめ」を買ったほうが、雑誌「LDK」や「サンキュ!」に掲載されている「買い物上手の素敵な奥様」のような賢い消費者への道であると思えてくるのが泣けてくる。

また先程「中古だけれども約30,000円の商品が7,000円になってバーゲンプライス」と書いてはみたが、近所のハードオフに行けば「定価25,000円であったWiiの中古が980円で売られている実情」があり、それを考えると自宅に眠っている「Wii」と「Wii Fit」を発掘し、鏡に映る「自由奔放にしすぎたわがままボディ」をなんとかするのが先決である事は間違いない。

だが悲しい事に「Wii」は「2006年」と、今から約15年前に発売された機種である事からHDMIで映像を出力する事ができず、また数年前に購入した当方の液晶テレビには「D端子」が搭載さていない為に「Wiiを最高画質で出力するのが不可能」という事から、ゲームで遊ぶ都度に馬謖を切った孔明と同じように「ほんと泣き崩れたい気分」になっている。

序に行ってしまえば「ディスクの入れ替え」も非常にかったるし、ロード時間も「老い先短い中年の当方」的には時間の無駄だし、これ以上ハブに「LANケーブル」を刺して、ただでさえフィリピンのスモーキーマウンテンや夢の島のようになっているテレビまわりを複雑化するのは本当に嫌だ。

そんな昨今に登場したのが「Wii」を「SDカード起動を可能」にする上に「高機能なWifiを追加」する「Wii mini改造キット」。

https://www.youtube.com/watch?v=PB20wv4LkMw&t=1673s
HACKED And MODDED Wii Mini Turned Into A HOMEBREW BEAST!

動画を観ていただくとわかるが、あのWiiが改造する事により「アレこれできる素敵マシン」に大変貌。

https://www.tindie.com/stores/webhdx/
キットの販売先(SD起動とWifiキット)

と、ここまで書いていて気がついたが、同行者が帽子の試着の際に言った「結構似合っている」はもしかして「薄毛が隠れていいんじゃない?」という意味な気がしてきたので、もうなんか絶望的に死にたい気持ちになってきた。

そんな訳で、コロナ渦の時に「この期間中にリングフィットアドベンチャーで痩せるぞ!!」と高い志を持ったものの「Wii Fitと同じところにリングが置かれている」というポッチャリさんな方や、コントローラーにストラップをつけなかったので「ヌンチャクリモコンで飛んでいって家庭内戦争が起きてしまった」という方、Wiiを買った理由が「ゲームラボに掲載されていたISO起動が可能になる改造記事」という十五年前から趣味が「バックアップ」といいう素敵じゃないオジサンな方などは、こちらの改造キットを輸入して「盆休み」あたりにハードオフで買ってたWiiを改造してみてはいかがでは。

追記…「ファミ通WEB」「インプレスPCウォッチ」といったネットニュースを読む生活から、「WWD」とか「東京カレンダー」とか「ファッションプレス」あたりに切り替えないと、立川オートで大声を出して選手に罵声を浴びせるおじさんになるような気がしてきたので、ちょっと自分磨きはしようと思った次第。

追記2…ただこれ「ケースどうするんだ?」と、書いたところ「愛の波動に目覚めたスネ夫」さんより、「海外でWii miniが売られている」という事を教えて頂いた。日本でもこれ売ればよいのに。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Wii_Mini
Wii mini

参考リンク
https://twitter.com/webhdx/status/1550133506403012608
作者様のTwitter

22/07/24 パワーグローブにRaspberry Piを組み込んだ猛者が登場 その他
つまりパワーグローブがエミュ機になるという訳 パワーグローブ
「これ凄く安いし、買っておけばなんか使い道はあるでしょ」という言葉を秋葉原のPCショップのあっちこっちで聞いた2000年代初頭。
二世代前のグラボが数千円で叩き売られればとりあえず買ったし、円高の影響でメモリやハードディスクの価格が下がれば「今が買い時」と毎回買っていた。
また「何週目にの生産されたロットならクロックアップに最適」という情報を得れば、パソコンを新規に組む予定もないのに「いつか組む」と自分に言い聞かせて自身の宗派とは異なるCPUも買ったりしていたような気がしないでもない。

その結果「パソコンが4台は組めそうなパーツ」が手元にあるにも関わらず、耐えずなんからのパーツが足りないのでパソコンが組めない状態なので「結果的にそれらパーツを駆使しても、自作PCは1台しか組めない」という由々しき事態が発生し、そんな状態が発生したのでいつものように「足りないパーツ」を買いに秋葉原へ出向いたところ、余計なゲームとか、余計なジャンクパーツとか、大特価価格だったCD-Rメディアとかをスピンドルで買ってきてしまい、帰りの電車の中で「そういや今日、俺は何を買いに秋葉原へ行ったんだっけ?」と、気づいたら知らない街の駅で首をかしげている痴呆の老人のような疑問を何度も抱いた。

それから20年近く経過した今現在、以前よりも少しだけ金銭に対してのモラルは持ったつもりだが、何故か当方の部屋には「Raspberry Pi」が4台も転がっている。

何故こうなったのか?
脳の海馬あたりから記憶の糸を手繰ってみたところ、1台目はRaspberry Pi上で動作するエミュレータOS「Retro Pi(エミュレータ)」をどうしても試してみたくなったので購入、二台目は「Raspberry Piが万が一壊れた時の予備」、三台目は「Raspberry Piをメインとしたネットワークオーディオ環境」が作りたくて購入、4台目は「Raspberry Pi4が発売されるの?!マジで?!じゃあ、早速予約いれるわ!!」と、発売と同時に購入をするも「充電端子の形が違う」という理由で使用を頓挫した「Raspberry Pi4(8GB)」という感じになっているのだが、現在進行系でバリバリ使われているのは「最初の一台目のRaspberry Pi」のみで、残りのRaspberry Piは全て机の引き出しの肥やしとなっている。

金銭に対するモラルとは何なのか?
それは禅問答のように答えがないものであると思うのだが、買った理由は明白で「これ凄く安いし、買っておけばなんか使い道はあるでしょ」である事は間違いない。

そんな訳で、本日紹介するのは最近流行りの「Raspberry Pi」を、昔は流行りそうで流行らなかった「パワーグローブ」に組み込んで、「パワーグローブ型エミュレータマシン」を作っている方をご紹介。

https://www.instructables.com/Power-Glove-Pi/
その名も「Power Glove Pi」。

こちらは「操作性が最悪と名高いファミコン用コントローラー パワーグローブ」に、「Raspberry pi zero」を組み込んで「Retro Pi(エミュレータOS)」を動作させるという、実にナイスでサイコな魔改造。

十年ほど前にパワーグローブが中古ゲーム屋で1500円で売っていたからノリで買ってはみたものの今は完全に使ってない、「1000円以下で買えるんだ!!」とRaspberry Pi Zeroを勢いで買ってはみたけれども今は全く使っていないという「2条件」を満たしている方などは、なんとなくノリで「完全エミュ機のパワーグローブ」を作ってみると良いかもしれない。

という事で、「Raspberry Pi Zero 2 W」を買ってしまったので「Raspberry Pi Zero」が余っている方や、突飛もないアイテムを駆使したゲーム実況をやりたいと画策している方、子供の頃にパワーグローブを親にねだって買ってもらうもファミコンにつないでプレイした瞬間に自殺したい衝動に駆られたという記憶のある方などは、今年の盆休みにでもとち狂った電子工作でも楽しんでみてはいかがでは。

22/07/20 XBANDが解析されてエミュレーションが可能になったらしい その他
家庭用通信ゲーム対戦のさきがけ XBAND
「ゲームがサービス終了になっても、その思い出は残る」
とは言うが、子供の頃に「牛乳瓶のフタ」や「ビックリマンチョコのシール」に固執した我々昭和世代にとって、「カセット」や「ディスク」といった物理的な媒体が手元にあり、その好きなものに囲まれて孤独死したいタイプの人間にとって、ただの思い出なんぞは風の前の塵に同じだと思う。

そして、この思い出というものは「脳内で相当美化されている」場合が非常に多い。

例えば当方が小学生時代に遊んでいた「水戸黄門II(サン電子)」なんかはその典型。
自分の中で「水戸黄門 II」というゲームは、「黄門様が世界各国を飛び回って世直しをする、ファミコンなのに喋っちゃう凄いゲーム」…として想い出登録されていたが、いざスーパーポテトで想い出よコンニチハ!と「水戸黄門II」を購入しプレイしたところ、その瞬間から「水戸黄門IIのカセット」は部屋の産業廃棄物の様相を呈した。

もし子供の頃から「水戸黄門II」を所有し続け、人生の転機ごとにカートリッジを手に取ってしっかりとゲームをプレイいたならば、まず「水戸黄門IIが隠れた名作」なんて認識を持つ事はなかったであろうし、飲みの席で「お前わかってねぇよ、水戸黄門IIってみんな知らないけど凄い壮大なゲームだし、あの当時のカセットで黄門様が音声合成で喋ってる凄いカセットなんだぜ!」などと、ゲーム通を気取ってマウントする事はなかったと思う。

正直、穴があったらマジノ線に逃げ込むフランス兵のような勢いで入りたいところではあるが、どうせタイムリープして過去に戻ってゲーム人生をやり直したとしても「アメリカ大統領選挙」や「時空の旅人」あたりを、わかる人間にしかわからない隠れた名作呼ばわりして酒の肴にしていると思うので、そろそろ人生の折り返し地点を超えた今現在あたりから、脳内で美化されたゲームを片っ端から購入し、思い出になっているゲームの検算はしておきたいところ。

閑話休題

過去に「NINTENDO 64DD」を購入し、64DDユーザー専用のオンラインサービス「ランドネット」の会員になった当方は、選ばれしNINTENDO 64ユーザーとして我が世の春を謳歌していた。
だが世の中始まりがあれば終わりがあるように、誰も買っていない64DDのサービスは瞬く間にサービス終了し、手元には残ったの「数本の64DD用ゲーム」と「巨人のド新聞」なる「町内会のかわら版」よりも読みごたえのない印刷物だけだったのが妙に切ない。

幸いな事に「ランドネット」自体が最盛期であれ過疎化していたので課金する事もなく、また過疎化していたので「ランドネットの中のネット友達」もできる事がなかったので、ランドネット前とランドネット後の人生に然程かわりは無かったが、これが一部に熱狂的なユーザーが言われる通信対戦システム「XBAND」になるとちょっと話が違う。

なにせ、課金システムが電話回線料金の他にプリペイドカードを使ったタイプであった事から、一試合、一試合がまさに真の殺し合い。
またプリペイド課金時にカードを抜き差しする事により料金がかからないという「アクション電波」や「ラジオライフ」に掲載されてもおかしくない「つるセコ」テクニックが横行した事から、XBANDは瞬く間に衰退。
そのXBANDに青春を捧げていた友人のG君なんぞは、バトルに負ける寸前に接続を切って逃げていく人間たちを目の当たりにしていたが、XBANDを支えていきたいと「真面目にXBANDに課金」をするも、相手側のインチキによる連敗街道を爆進した挙げ句、カードキャッシングで破産寸前になり人生も連敗街道になりかけるという、危機敵状況となっていたので、XBANDはもう少し早く「被害者救済」をするべきだったと思うし、そのG君にXBANDの話を投げかけると、絶えず「上野の国立博物館に飾られた干し首のような表情」をしてくるので、誰しもゲームの思い出が美化されている訳ではないらしい。

という訳で本日紹介するのは、もう20年近く前にサービスが終了してしまった「XBAND」のサービスを電話回線を使用して再現する事に成功した方がいたのでご紹介。

https://fresh-eggs.github.io/xband_post.html
Exploring the XBAND Video Game Modem and Executing Arbitrary Code Over a Phone Line in 2022

この解析により、あの当時生きていた人間しか体験する事のできなかった「XBAND」の画面を電話回線経由とはいえ、再び表示動作させる事が可能になりましたって話。

なお、これは余談となるが、遥か昔にサービス終了したセガの「セガチャンネル」なんかは、熱狂的なファンがいる事から、セガチャンネルで公開されていた複数のゲームのROMイメージをメニューから選択可能にしたN in 1ロムイメージ」として公開さてれいたりするので、ご興味のある方は「自己責任」で勝手に探してみて試してみるとよいかもしれない。(You Tubeで公開されています)

そんな訳で、若かりし頃にXBANDの対戦に憧れていたかや、サービス終了後に「気持ちだけでも」と中古で300円ほどの価格でXBANDモデムを買ったという方、スーパーファミコンタワーの高さ稼ぎ様にXBANDを購入した「XBANDの開発者が聞いたら涙が止まらなくなる」ような使い方を想定している方などは、こちらのXBANDのエミュレーションを眺めて「へー」とか思ってみてはいかがでは。

追記…ちなみに「スーパーファミコンタワー」というのは、こういうやつ。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1436180719542304768/
スーパーファミコンタワー(4種類ほどご紹介)

22/07/17 「忍 -SHINOBI-」がメガドライブに勝手移植 その他
結構セガのゲーム機に移植されていない「忍」がメガドラに! メガドライブ
あまり考えないようにしている事柄の一つに「人生で何回、ストリートファイタIIを買ったか?」というものがある。

学生時代、近所のスーパーのゲームコーナーに突如として現れた「ストリートファイターII」は、6ボタンという未知のボタン数であったにも関わらず、高いゲーム性と、神がかったゲーム感性に日本全国の少年達は相当シビれていたし、その少年たちの半数位はストII遊びたさに「親の財布から金をくすねて、親にバレて殴られる」という体験をしていた。

実際に当方のまわりでも「親の財布から金を盗む」「カツアゲをする/された」「コインの投入口に電子ライターを当てる」など、マッドマックスを彷彿させる悪事が横行していたし、電子ライターでタダゲーを試みた知人は「ゲーセンの親父にタコ殴り」された挙げ句、学校に通報されて「生活指導の教師から鉄拳制裁」という、自業自得とはいえ「踏んだり蹴ったり」な目にあっていたような気がしないでもない。

それ程までに少年たちを熱狂させたストリートファイターIIは、初移植である「スーパーファミコン版(1992年)」に始まり、2022年発売の「カプコン ファイティング コレクション」まで、ありとあらゆる媒体に移植され続けた。
その結果「ストII歴 30年以上」を誇る当方は、まず間違いなく「相当数のストリートファイターII」を買っている。

パッと思い浮かぶだけでも、スーパーファミコン版(無印、TURBO、スーパー)、メガドライブ版(ダッシュプラス)、PCエンジン版(ダッシュ)、サターン版(コレクション)、ドリームキャスト(X)、PS2版(Anniversary)、PS4版(Anniversary、アーケードスタジアム)、GBA版(リバイバル)、iPhone版(名前失念)、FM TOWNS版(名前失念)と相当数であるし、「酔ってダブって買ってきたディスク/中古カセット」や「アジアで買ってきたパチモノのストII」なんかも含めると、その総額は「15年落ちの中古のミニ・クーパーが買えてしまう金額」である事は間違いないだろう。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1546875415154663425/
ストリートファイターIIの移植あれこれ

だが当方なんて「セガマニア」に比べたら、まだまだ常識人だ。

自分の記憶の中にあるセガマニアの方々は「スペースハリアー」「アフターバーナー」「ファンタジーゾーン」「アウトラン」あたりが移植をされると、ソフトと共に「移植先のハードウェアも買う」のが常識のようになっているし、「龍が如く」「北斗が如く」「キムタクが如く」などにゲーム内ゲームとして、これらが移植されたと知るや否や「本編をクリアする気がない」にも関わらず、これらゲームも買ってきて「移植されたゲーム内ゲームがプレイ可能になったところから先はゲームを進めない」という、セガのゲームクリエイターが知ったなら、その場で泣き崩れるようなプレイスタイルをとっていると聞いた。

そんな方々を食い物にしたのが「アストロシティミニ」という商品だと思うし、そのアストロシティミニで発生した「遅延」とか「バグ」に対し、自身のSNS上で「こんなの二度と買わねぇよ!」と宣言していたにも関わらず、セガの公式チャンネルで発表された「アストロシティミニ V」の収録タイトルを見て「速攻アマゾンでポチった!!」と金額も気にせず予約ボタンを押してしまった方々を見るにつけ、「友達の家の犬が、テレビのリモコンをかじって飼い主に怒られ凹んでいた数分後、飼い主が犬の機嫌をとる為に犬用ジャーキーを見せたら瞬間、怒涛の勢いで駆け寄ってきて、飼い主への忠誠を"お手"と"おすわり"と"伏せ"と"おかわり"で全力アピールしてきた」という事例を思い出すし、そのレベルで過去の嫌な想い出をサクっと忘れられるセガマニアだからでこそ「ゲームギアの失敗」や「サターンでの失敗」や「ドリームキャストの失敗」などを笑い話として語って「まぁ、セガだし」と笑い倒せるのだと思う。

そんなアストロシティミニに入っていたセガの名作「忍 -SHINOBI-」は、過去に様々なゲーム機に移植をされているにもかかわらず、開発元セガのお膝元である「メガドライブ」「サターン」「ドリームキャスト」「セガCD」「スーパー32X」「ゲームギア」には移植されていないという不甲斐ない現実は、セガに関する情報ならば何でも記憶している「セガマニア」であれば常識であると思われるし、真のセガマニアであれば屈辱的ではあるが「敵対勢力」の任天堂機種(Wii & Switch)に「エムツー」が完全移植した「忍 -SHINOBI-」を耐え難きを耐え 忍び難きを忍んで購入しながら、その類まれなる移植度に満足したのではないだろうか。

という事で、本日はその「忍 -SHINOBI-」が「メガドライブ」に勝手移植されたのでご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=ZTDMWUxQ2Qk
SEGA Mega Drive - Shinobi MD by tryphon DEMO 3(動画)

https://drive.google.com/file/d/1T0xEA73Ykkvxg2lemt6ArpfDPZA6hItI/view
「忍 -SHINOBI-」のダウンロード先

なんとこの勝手移植の「忍 -SHINOBI-」は「ちゃんと死ぬ」「音楽がばっちり鳴る」「ボーナスステージも再現されている」と、過去に類を見ない完成度。
なので酔った勢いで「SEGA」というタトゥーを入れようとした事のあるセガ狂信者の方ならば、テレビの前で小躍りしてしまう事は間違いないし、子供の頃に「スーパーファミコンよりもメガドラのほうが絶対に凄いんだぜ!!」と、某宗教団体のように「セガの偉大さを布教していたら仲間内からハブられかけた」という経験のある方は、そそくさと「忍」をダウンロードして堪能する事をおすすめしたい所存。

という訳で、Wii版の「忍 -SHINOBI-」とSwitch版の「SHINOBI 忍」を眺めながら「なんで、忍とSHINOBIの字が逆なんですかね…」と考えてしまった方や、「エムツー」版の忍(Switch)と「瑞起」版(アストロシティミニ)の忍を遊び比べて「やっぱ、移植はエムツーだな」とソムリエ感覚で「忍」を比較できる方、ここまで書いた当方の文章を読んで「そもそも"忍"って日本ではセガ・マークIII以降、全然移植されてなくね?」と重箱の隅をつつくように問題点を見つけてくる「僕らのイメージするセガマニア」みたいな方などは、こちらのメガドライブ版「忍」をプレイして、この三連休を満喫してみてはいかがでは。

追記…テストプレイしていて「なんか妙な違和感があるなぁ…」と思っていたら、ボスが登場しない仕様だった。

22/07/12 DOOMの中でDOOMが動作開始 その他
DOOM in DOOM DOOM
ここ2週間ほどゲームを遊んだ記憶が全く無い。
これが熱さのためか、それとも加齢のためかはわからないが、俺のやる気スイッチが経年劣化で大破した事だけは間違いない。
またこの影響を受けたか食欲のスイッチまで壊れたようで「食の誘いを全て断る」という「俺なりの緊急事態宣言」が発令された。
更にこの影響を受けてか便秘にもなっていて正直しんどい。

快便だけが自慢であった当方が快便すらできなくなったのであれば、これはもう死へのカウントダウンが始まったと言っても過言ではないし、人は生まれた時から死へ向かっていると昔から言う事を考えると「万が一の死」を踏まえた上で終活準備をしておくのが大人としての礼儀だろう。

という事で「万が一にも死んだ時」の為に、死を2週間ほど偽装できるよう「連邦の書き溜め」をここ数日行っているのだが、それら書き溜めが見事なまでに「メガドライブに関するもの」ばかりなので、既にメガドライブが枯渇している当方からすれば、メガドラ知恵熱で死んでしまう可能性まででてきたので非常にヤバい。
また昨晩なんぞは「若い頃に友達に借りたシャドー・オブ・ビーストをプレイして死にまくる夢」なんて悪夢を見たので、目が冷めた暫くした今でもあの軽く名曲なあのBGMが幻聴のように延々と聞こえてくるので「覚醒剤の離脱症状が発生している状態ってこんな感じなんだろうなぁ…」と思いながら時を過ごしている。

なので今の当方はメガドライブの事はあまり考えたくない。

そんな最中に登場したのが「当方のライフワーク」となっている「DOOM」の情報。

以前は「今月はDOOMがこんなもんで動いてました」と怒涛の勢いで連邦にて紹介していたが、最近セガにちょっと熱を上げすぎていて「DOOMの話を知っても放っておく」もしくは「ツイッターでちょっと紹介しておしまい」としていた。

また頭のどっかで「大手ニュースサイトが紹介したから、別に俺が紹介しなくてもいいでしょ」とDOOMに対して投げやりであった事も否めない。

しかし今日の「今回はこんなもんでDOOMが動きましたよ」は一味違う。

なんと「DOS用DOOMの中でDOOOMが動く」という、江戸川乱歩の鏡地獄のような自体が発生。

熱さと湿度で頭が狂いそうなのに、DOOMの中でDOOMが動いてしまったら、白髪になって発狂してしまう気がしてならない。

という事でご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=c6hnQ1RKhbo
DOOM in DOOMの動画


https://github.com/kgsws/doom-in-doom/releases
DOOM in DOOMのダウンロード先

もう全て説明してしまったような気がしないでもないが、こちら「DOS用DOOMの壁の中に、もう一つのDOOMを動かす」という、燃えよドラゴンの鏡の間のラストシーンのような事になっているので、まあDOOMで物珍しい事をしているのが好きな方は是非ともこちらの動画をご覧あれという感じ。

という感じに「凄いDOOM」でちょっと盛り上がり気味な所で、余談というか私ごとで大変恐縮なのだが、先程「なんか身体から熱を発してる」と言われたので体温計で熱を測ったところ「ばっちり熱」があったので、当方はこの文章を書き始める30分前からエアコンを入れ、風邪薬が効いてくるまでこの駄文をガタガタとキーボードで叩きつと、いつも以上に思った事をタダこうして書き連ねているので、今日の連邦はいつになくいい加減である事は勘弁していただきたいところであるし、「常々思っているけれども、エアコンいれてないから熱中症になると思っている」という忠告に対し「だって僕らの政府がエアコン付けるなって言っているし…」などと心にもない言い訳をしたら軽く怒られてたので、いまエアコンの温度を数年ぶりに最低温度である17度設定にしたところ、大滝詠一曰くの「BREEZEが心の中を通り抜ける」な感じがした。

そんな訳で…そろそろ俺の乾電池が切れるので、今日の連邦はここでおしまい。

22/07/11 SkyEmu 1.0リリース エミュレータ
WEBアプリのGBA/GB/GBCエミュレータ WEBアプリ
「初公開から驚いたのはエミュレータはやっぱりVivanonnoかなぁ…」と言う思い出話をして「あれはビビったね!!」なんて会話は、人生で何度したのかもうわからない。
ただ「何度もVivanonnoの話をしていた」にもかかわらず、ここ十年間はこの話で盛り上がった記憶もない。

考えてみれば大体の人間が家庭を持つか、会社でそれなりの仕事を与えられている、はたまた「どちらにも該当」しないけれども「生きるだけで精一杯」な場合や、無敵の人になったと仮定したとしても、まあ人生で気軽にエミュレータの話をする機会なんて、40代を超えたらまずないと思う。

ちなみに、当方のまわりのエミュレータ事情はどうなのかと言えば「青春18きっぷで温泉旅行に行く時に暇だから、スマホにエミュ入れて移動中にドラクエやっている」とか、「旅行用に中華エミュレータ機を買ってみたけれども恥ずかしくて人前で使えなかったよ」なんて方々はいるものの、新しいエミュレータを追いかけている人は皆無で、まぁ一人だけいる事はいるだが、それは「最新のMAMEのロムセット頂戴」という慇懃無礼なものだけである事から、実質「新しいエミュレータを追いかけている人は皆無」と言っても過言ではない。

そんな感じの日常なので、当方は「MAMEが新規に凄いタイトルに対応」しても、王様の耳はロバの耳感覚で「連邦に書く」のが関の山であるし、自称エミュレータ好きの人間に「MAMEが「怒首領蜂最大往生」と「赤い刀」に対応したら、怒られて非対応になった」という情報をlineで投げても既読スルーされたので、人は言うほどエミュレータに興味が無いのだと思うし、たまに興味をもって話題にしたと思ったら「アストロシティ ミニの中身がMAMEらしいぜ。カルテット2がMAMEと同じバグを持ってるんだよwwww」と、皆が叩き始めたから自分も一緒に叩いて良いみたいなノリで「ストレス発散の為にアストロシティ叩き」みたいな感じだったので、そういう方とは極力距離を取ろうと思っている。

という事で本日の連邦は当方が「おぉぉ、久しぶりにこれは期待できる!!」という「WEBアプリのゲームボーイアドバンス/ゲームボーイ/ゲームボーイカラー」エミュレータが登場したのでご紹介。

その名も「SkyEmu 1.0」。

https://web.skyemu.app/
SkyEmu(WEBアプリ版)

こちらのエミュレータの特徴は
●WEBブラウザ上で動作する「ゲームボーイアドバンス/ゲームボーイ/ゲームボーイカラー/DSエミュレータ」
●ゲームボーイアドバンスを高精度にエミュレート
●ゲームボーイとゲームボーイカラーのエミュレーション
●実験的なニンテンドーDSのサポート(現在は自作ソフトの実行のみ可能)
●クロスプラットフォーム Windows、MacOS、Linux、Web App (iOSとAndroidのタッチスクリーンコントロールに対応)
●ゲームコントローラおよびランブルのサポート(設定可能なキーバインド付き
●スクリーンショットプレビュー付き4xセーブスロット
●ゲームの早送りおよび巻き戻しをサポート(非常に長い巻き戻し時間をサポート)
●リアルタイムクロックのエミュレーションに対応
●CPU、MMIO、およびメモリデバッガ
●ダークテーマとライトテーマ
●公式BIOSダンプの読み込みに対応
という感じ。

https://github.com/skylersaleh/SkyEmu
諸々のダウンロードページ

という訳で、若かりし頃にエミュレータの為に自作PCをアップグレードした事があるという方や、エミュレータ愛が強いので吸い出し可能なマジコンや、吸い出し専用機を持っているという方、20代の想い出が「ブラック企業に努めていたので、電車の中でゲームボーイアドバンスでゲームをする位しかゲームの時間が無かった」という方などは、こちらのWEBアプリのゲームボーイアドバンスエミュレータをPCなりスマホで起動して「ブラウザでこのエミュレーションはスゲェ!!」と感嘆の声を漏らしてみてはいかがでは。

追記…このWEBアプリのゲームボーイアドバンスエミュレータ、雰囲気的に今後いい感じに進化し続けるような気がしてならない。

22/07/09 自作派「NINTENDO 64内蔵テレビ」と「スーパーファミコン内蔵テレビ」 その他
もちろん「メガドライブ内蔵テレビ」もあるよ ゲーム機内蔵テレビ
初めてパソコンでエミュレータを動かした時、誰もが最初に思う事は「ゲームがタダでできる」だったのではないだろうか。
稀に「違う!!」と言う人もいるが、まぁ「人がバンドを始める理由の大半がモテたい」であるのと同様に「エミュレータはゲームがタダだから好き」というのが、パソっ子のおじさん達と酒を飲みながら話している当方の感じではあるし、心から「違う!」と言い切る人間は「1000人中、1人いるかいないか」だったような気がしないでもないが、そんな彼も2000年代初頭は「CD-Rをバリバリ焼いてスピンドルにディスクを刺していくのが趣味」であったような記憶があるので、彼の「違う!」は「仁義なき戦い」で言うところの「おどれも吐いたツバ飲まんとけよ!」という教えを忠実に守っているだけなのかもしれない。

ともあれエミュレータを知った時の興奮が若干冷め、エミュレータというものと冷静に対峙し始めると「実機で遊んでいた頃よりも画面が綺麗」いう、さも当たり前の事実にやっとこ気づき、その瞬間から人によってはエミュレータ熱が更に高まり、例えば「バカなパソコン青年」なんかは「解像度の高いディスプレイ」や「画面を縦に回転できるディスプレイ」なんぞを買ってきて更なるエミュレータの深みに嵌っていったような記憶があるし、俺みたいな電脳馬鹿愚かになってくると「DVI端子付きの42インチのプラズマディスプレイ」なんてのを中古で買ってきてエミュレータ専用ディスプレイにするも「発熱と電気代で2つの意味で死にかけた」りするので、もし今の当方が過去の俺に手紙を出せるのであれば「エミュレータは中古の21インチCRTモニターを買うのが無難だし、もう少し待つとHDMI端子っていうのが出てくるから、それが発売されるのを静かに待つんだ」と端的に説明して諭すと思う。

実際のところ子供の頃に友達の松本君の家で見かけた「ファミコン内蔵テレビ(ファミコンテレビC1)」や、90年代初頭にヨドバシカメラでデモが行われていた「スーパーファミコン内蔵テレビ(SF1)」なんぞは、自宅のRF端子やビデオ端子で繋がれたゲーム機&テレビとは天と地の画質差であったし、またその価格も自分の所有しているゲーム機とは天と地の差であった事から「いつかアーケード筐体が置ける一軒家が買えたら、その時にゲーム機内蔵テレビは一緒にに買う」と考えること十数年、今はレトロゲームブームの到来で価格が高騰しすぎてしまい、気軽に購入できる金額ではなくなってしまった。

だが世の中には「なければ作る」という、ゴルゴ13で言うところの「デイブ・マッカートニー」のような方々が多数存在している。

という事で今回紹介するのは「ボロいブラウン管モニター/テレビ」を改造し「スーパー内蔵テレビ」&「NINTENDO 64内蔵テレビ」を作った猛者達をご紹介。

まずは、古いパソコンモニターにNINTENDO 64を内蔵した「Monitor 64: Boxy is foxy」さん。

https://masonstooksbury.wixsite.com/portfolio/monitor-64
Monitor 64: Boxy is foxy

こちらのサイトではパソコン用モニタにNINTENDO 64を内蔵させるまでの軌跡と、ゲームを動作させている動画などを全公開している。

次に紹介するのは、古いブラウン管テレビに無理やりスーパーファミコン(SNES)を内蔵した「SNES inside TV」さん。

https://imgur.com/gallery/yklFkXB
SNES inside TV

こちらの内蔵テレビはゲーム機の「実用性」を完全に無視し、改造行為に主眼をおいてしまっているのがポイント。
きっと作っている途中で目的と手段が入れ替わってしまったのだと思う。
※コントローラーの差込口が背面、ゲーム機のスイッチが手に届きにくいところにあるなど。

また、数日前に「リモーネ工房」さんも現代型の洒落たゲーム機内蔵テレビを制作されてるので、ゲームマニアの方はちらもチェックされたし。

https://www.youtube.com/watch?v=HT7W5ygC1vk
超ファミつくでテレビ一体型スーファミSF1 miniを作りました。

こうなってくると「メガドラ、メガドラはどうなんだ!!」と、クリンゴン人並に好戦的なセガマニアが机を叩いて主張していると思うが、そこはいつものようにご安心あれ。
ただ…一応あったはあったのだけれども、このメガドラ内蔵テレビの細かい詳細はかなり不明。(ブラジルで作られた/売られているのを見たという情報あり)

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1545382273234894848/
メガドライブ内蔵ポータブルテレビ

という訳で、子供の頃に「SF1」や「C1」が喉から手が出るほど欲しかった方や、青年になってドリームキャスト内蔵テレビ「CX-1」を買おうか本気で悩んだセガに脳を侵食されている方、日本国内でのレア度を踏まえた上でプレステ2内蔵テレビ「BRAVIA KDL22PX300」の輸入を考えているゲーム機コレクターな方などは、自作の内蔵シリーズを眺めて「本当にそれが必要かどうか」を冷静に考えてみてはいかがでは。

追記…Twitterにて「蟹春雅暮」さんから、メガドライブの内蔵テレビは「Sempの10インチTV」をベースにした自作だと情報を頂きました。全く情報が見つからなかったので、大感謝です。

22/07/05 ゲームボーイ版「勝手移植 エルデンリング」が完成し「無料配布」開始 その他
完成前から話題になっていたビッグタイトル ゲームボーイ
「連邦は15年前の俺が今のように老化したまま、現代にタイムスリップしてきて更新しているサイト」という気持ちで書いている。

そもそも当方は現代のゲームを殆どプレイしていなければ、現代のアニメや漫画もほぼ読んでいないので、無理してそれらを書くほうが年寄りの冷や水という感じがするし、また15年前に比べて感受性も動体視力も反射神経も完全退化しいるので「非合法目薬 ブラッディ・アイ」でも入手しない限り、当サイトで時代に準じた現代作を取り扱う事はないだろう。

実際のところ日常生活でのストレス、老化による様々な体内ステータスの低下、今年のうだるような暑さのトリプルコンボにより、当方の体力はゼルダの伝説でいうところの「ハートが残り1/2」という危機的状況であるし、一昨年までは「夕方老眼」であった筈なのに、今では「起床時から老眼」という由々しき事態になってきたので、ハンドヘルドゲーム機(携帯型ゲーム機)でゲームでRPGやアドベンチャーゲームをプレイするなんてのは、度胸を出してハズキルーペを購入して装着しない限り「絶望的にプレイする事は不可能」と言っても過言ではない。

また、かの「細野晴臣」は「老人のための予行演習をしてきたから大丈夫」とか「最近色々と忘れてしまうのだけれども、これはこれで都合がよい事から忘れるてしまう。こりゃいいや」などと仙人じみた事を「細野観光」ならびに「雑誌インタビュー」なんぞで言っていたような記憶があるのだが、こちとら細野御大とは違ってまだ40代なので、前の日にプレイしたゲームの「ミッション内容を忘れる」とか、棚の上にあるニンテンドー64を取ろうとしたら「ギックリ腰で本日はゲームオーバー」とか、一週間前の記憶が飛ぶので「連作のアニメは鑑賞不可能」なんて状態なので、そろそろNINTENDO DSにマジコンを突き刺して「脳を鍛える大人のDSトレーニング」「シカクいアタマをマルくする」「七田式トレーニング 右脳鍛錬ウノタンDS」「右脳の達人 爽快!まちがいミュージアム」「やわらかあたま塾」「脳年齢 脳ストレス計 アタマスキャン」といった、アジアでパチモノ Nin 1カセットを作っている中国人でもケツをまくって逃げ出すような「バカ専用 N in 1カートリッジ」を作る時期ではないかと思ったり思わなかったり。

閑話休題

もう腐れ縁の友達のS君は、当方と違い今でも現在進行系で新作のゲームを楽しんでいる。
 彼はPS4を買った当初「ゲームに課金とかする奴はバカでしょ、俺はそういうバカと違うからゲームに課金はしない」などと言っていたのだが、気づけば「月に最低でも1万円くらいは支払わないとゲーム会社が潰れるでしょ。俺らもゲームクリエイターの事を考えないと」とか「俺は既に100万円くらいは課金していると思うけど、若い奴らと比べたら課金してない方」となどと掌返しな発言をしているので、これが俗に言う「搾取する側とされる側」である事は明白であるし、古来から「自分は頭がいいと思っている人間ほど騙しやすい」と詐欺師が言っている事を考えると、S君は「バカと天才は紙一重で言うところの、紙一重でバカの方」のような気がしないでもない。

だが彼からすれば「ストーリーを覚えられない」もとい「ストーリーを覚える気もない」もとい「ゲームをする前からゲームをする事を諦めている」当方の方が「さしずめバカ」に見えるようで、スマホゲームの「ゆるゲゲ 妖怪大戦争」を移動中の車の中でプレイしているのを見かける都度に「折角PS4 Proを持っているんだから、流行りのゲームとかもプレイしましょうよ」と助言してくるが、そんな彼は「流行りのゲーム」に関しては一切プレイをしていないのだそうな。

S君曰く「ゲームする時間が無いんで、You Tubeで攻略動画をみてクリアした気持ちになっている。正直それで十分」という、若者が最近映画でやりがちな「ネットに書かれている映画のあらすじサイトで映画を観た気持ちになって満足する」という堪能方法を会得している事から、彼の口からドライブ中に語られるのは「小島監督のゲームと、ファイナルファンタジーシーズは動画が命みたいなところがあるんで、ゲームをプレイする奴は軒並みバカ」なんていうゲームクリエイター全員を的にまわすような暴言を吐いていたので、仮にゲームクリエイター達が「政党」を作り、万が一彼らが第一党となって「新政権を樹立」したならば、間違いなくS君は何かしらの罪状で「逮捕」され、その後は異例のスピートで起訴→公判が行われた挙げ句に「死刑判決」となり、光の速度で彼の控訴は最高裁棄却となって僅か1年程で他の死刑囚に先かげて「死刑が執行」されると思っている。

そんな彼でも「あれはプレイしないと面白さがわからないでしょうね」というのが、超難易度ゲームとして名高い「エルデンリング」。

「判断力の低下」「動体視力喪失」「反射神経の消滅」「老眼発動」とヘレン・ケラーの三重苦以上に重い症状に苛まれている当方にとって「エルデンリング」はチュートリアルすらクリアできない事は間違いなく、また当方が子供の頃に遊んでいた「ファミコン」「スーパーファミコン」「メガドライプ」「PCエンジン」なんぞに「クリアできない難易度のチュートリアルが備えられたゲーム」なんてものは存在してなかったと思うし、これが「親」や「祖父」が言っていた「もう若者についていけない…」という愚痴の意味である事を考えると、エルデンリングさえできるようになれば「見た目は中年だけれども、中身は若者」を自称してもよい気がしてきたし、よく言えば「羊の皮をかぶった狼こと初代スカイライン GT-R」っぽいし、考え方によっては「見た目は大人、中身は子供、俺は街のフォレスト・ガンプ」と言っても過言ではないので、この夏が終わって多少イラつかない季節になったら、ソニーストアの半額セールでも狙って「エルデンリング」はいつか買ってみようと思う。


という訳で、本日紹介するのは「今年の5月頃に絶賛開発中」と少しだけ話題になっていた「ゲームボーイ版 勝手移植のエルデンリング」が遂に完成して配布開始されましたよ…というお話。

https://shin.itch.io/elden-ring-gb
ゲームボーイ版 勝手移植「エルデンリング」

こちらは「もし1993年にエルデンリングが発売されていたら」という「if」の元に開発されたゲームである事から、内容はゲームボーイ版「ゼルダの伝説/リンクの冒険」風に作られている。

また難易度も「適度にちょっと難しい」程度に留めている事から、気軽に「エルデンリング」を楽しむ事ができる反面、PS4で発売されているエルデンリングのように「クリアできたら偉人扱いされる」という事はないので、それはちょっと寂しいところ。

なお「勝手移植」であるので、マップは「リムグレイブ」までしかないのだが、作者様いわく「このゲームを作るより、実際の仕事を探したほうがいいです。将来的にはゲームを拡張していきたいですが、約束はできません。」との事なので、やはりゲームは虚構で、現実は今生という事を再確認できて、ほんとサンキューって感じ。

もし本ゲームを堪能するのであれば公開されているロムデータをダウンロードし「15年くらい前に買ったゲームボーイマジコン」とか「15年前は夢中でプレイしていたゲームボーイエミュレータ」で遊ぶのが筋だと思うのだが、いかんせん15年前のマジコンなんて机の奥か実家のどっかにあるのが関の山であるし、もう何年もゲームボーイエミュレータなん弄っていないと思われるので、今流行りのゲームボーイエミュレータが何なのかを調べるのは「我々中年にとってかったるさ全開」だと思う。

なので公開さているサイトでは「ブラウザ版のゲームボーイ版エルデンリング」なんてもの公開されているので、手元のUSBコントローラーをパソコンに接続し、なんとなく気分を味わうのも一つの手な気がしないでもない(ブラウザ版の場合は、画面をクリックすると音楽が流れる仕様になっています)

という訳で、「若い頃にエミュレータの存在を知ったあの瞬間、ほんとビックリしたし楽しかったなぁ…」と最近妙に昔を懐かしんでしまう方や、たまに「あのマジコンを手に入れてアレこれしていた時の感動をもう一度味わいたいなぁ」という青春の想い出がドス黒い方、「黙っていたけれども、俺も過去から未来にやってきた男なんだ」という電脳クルクルパーな方などは、今回公開された「ゲームボーイ版 エルデンリング」を堪能し、俺のように「やっぱ無理、チートでも当てたスーファミのゲームでもやってるわ…」と匙を投げられるだけ遠くまで投げてみてはいかがでは。

22/07/03 ゲームキューブのISOデータRaspberry Pi Picoから起動可能に その他
つまり600円でコピーが動くGC用のMODチップが入手可能になるって事 ゲームキューブ
当方がこよなく愛するゲームに「巨人のドシン」というゲームがある。

これは「NINTENDO 64DD」なる「バーチャルボーイより売れなかった高額ハードウェア」で発売され、それなりに評価されたので機能を追加し「ゲームキューブ」で再発売をしたところ「結構低い評価」に下がってしまった、聞くも涙、語るも涙なゲームである事は、当時ゲームキューブを嗜んでいた方ならばご存知の事だと思うし、64DDを買ってしまったバカ愚かな当方のような人間であれば、鮮明に覚えている事だと思う。

なぜ当方がこのゲームをこよなく愛しているか。

それは「ファミ通」「64ドリーム」「電撃64」に掲載された「64DDでマザーの新作、マザー3が発売決定」という情報を信じ「75,000円(7万5千円)」というPS5をも凌駕した価格の「64DD」を購入するも、「マザー3」どころか、「糸井重里」「宮本茂」「岩田聡(HAL研)」という、「クロノ・トリガー」のドリームチームも脱兎の如く逃げ出すレベルのウルトラスペシャルグレイトチームが制作している筈だった「キャベツ」も発売されず、結果当方の手元に残ったのは64DDという未来がないゲーム機と、「巨人のドシン」並びに「その他の心底どうでも良いソフト」だけ…という想い出に由来する。

つまり「巨人のドシン」は64DDユーザーにとって「掃き溜めに鶴」もしくは「オタサーの姫」的なポジションのゲームである事から、64DDを当時7万5千円出して買ったユーザーからの評価はえらく高いが、後から中古で「64DDを巨人のドシン付きで6000円くらいで買ったユーザー」からは「巨人のドシンって言うほど面白い?」とか「なんか巨人が遅くて爽快感のかけらも無いんだけど」みたいな話しか聞いたことがない。

まあ実際のところ、あの当時に狂った程にプレイした当方であれ「巨人のドシンってどんな感じに面白いの?」と問われれば「酒飲みながらプレイできるし、もし泥酔して寝落ちしても翌日に何も困らず続きができる事くらい」と、非常に曖昧かつnot射幸心を煽るような感想しかないので、「巨人のドシン」が万人向けのゲームでない事は間違いないだろう。

そんな64DDのゲームが「Everdrive64」で動くという噂を耳にしたのが数年前。
だが情報は噂どまりで、動作確認に関する文献がネットのどこを探しても見つからなかった。

だがもしマジコンで「巨人のドシン」気軽に起動できるのであればソレはソレで最高であるし、正直部屋に「64DD」や「Docter v64」のような巨大ハードウェアを設置するという事は、猫の額と言われる日本の住環境には正直厳しいので、ミニマリズムが提唱される昨今、Everdrive64での64DDの起動は、時代にマッチしたロハスな行為と言えないことはない。
なので当方は、一世一代の勝負とばかりに「Everdrive64」を購入し、3週間後にワクワクしながら到着した商品を開封し、ドキドキしながらHDD形式からv.64形式にコンバートした「巨人のドシン」を起動したところ、問題なく「巨人のドシン」は動作した。
しかも「セーブもしっかりきいている」のか「前回までの巨人の情報」も「作ったモニュメントの図鑑」もしっかり記録されている。

トラ・トラ・トラ、われ奇襲に成功せり!!

その日は久しぶりに良い酒を開け、気分よく4時間ほど「巨人のドシン」を堪能し、昔のように泥酔して寝落ちした。
翌朝、出社前にニンテンドー64の電源を落とし、昼の雑務をこなし、帰宅してニンテンドー64 & Everdrive64を起動したところ、「巨人のドシン」は初期状態画面に。

「あれ?」

だが昨晩の俺の最終ステータスは「寝落ち」。
もしかしたら泥酔して「メニュー画面にあるデータを初期化する」を押してしまった可能性もゼロではない。
という事で再度「巨人のドシン」をプレイし、セーブしてからニンテンドー64の電源を落として再起動。
そこに「セーブされた筈のゲームデータ」は存在しておらず、当方は「アビラウンケンソワカーーーーーァァァ」と言ってコントローラーを叩きつけ、その足で近所のハードオフに「ゲームキューブ」と「ゲームキューブ版 巨人のドシン」を買いに行き、「ゲームキューブ版 巨人のドシン」にて狂ったゲームバランスに血の涙を流し、その日の晩は酒を飲みながらエコエコアザラク エコエコザメラク エコエコケルノノス エコエコアラディーアと呪詛こそ唱えなかったが、俺なりの恨み節を唱えながら泥酔して寝落ちした。

という感じに、当方にとって「どうぶつの森+」くらいしか想い出がないけれども、一般の方は「大乱闘スマッシュブラザーズDX」とか「スーパーマリオサンシャイン」とか「ゼルダの伝説 風のタクト」あたりが心のゲームになっていると思われる「ゲームキューブ」が、なんとMODチップを海外から輸入しなくとも、「共立エレショップ」や「遊舎工房」あたりで600円以下で、アマゾンなら送料込みで「1200円」くらいで購入可能な「RaspberryPi Pico」を簡単な半田作業で接続する事により、MicroSDカードに保存したバックアップされたゲームデータ(コピーされたアレとか)が動くようになっていたのでご紹介。

その名も「PicoBoot」。

https://github.com/webhdx/PicoBoot
PicoBoot

こちらは「RaspberryPi Pico」と「SDGecko」または「SD2SP2」を入手し、超簡単なハンダ作業をゲームキューブに施す事により「MicroSD」に保存したゲームのISOデータが起動可能になるという逸品。
つまり我々世代で言うところの「MODチップの代用品」になるってお話と書けばピンとくるかもしれない。

またMODチップと違い「MicroSD」からの起動するところが最大ポイントで、昔のように無理してディスクにゲームを焼く必要もなければ、光ディスクのようにロード時間に苛つきながらプレイする必要もない。
更に開発している側も、海外で改造を施した方も「市販されているMODチップ」よりも高性能かもれしないと絶賛しているので「老眼だけれども、まだ半田ごては握れる」という、歴戦の電子工作おじさんは、是非ともハードオフのジャンクコーナーにて900円ほどで叩き売られているボロいゲームキューブを買ってきて、久しぶりに半田テクニックを駆使するべきだと思う。

なお「本件についてもっと詳しい情報が欲しい」という方は、以下の動画をご覧あれ

https://youtu.be/qwL4ZSa0xMo
ゲームキューブにPicoBootを取り付ける動画

という訳で、最近半田ごてを握ってないなぁ…という方や、みんなが「PS2」だ「ドリームキャスト」だと騒いでいる時に一人でゲームキューブで遊んでいたという方、手持ちのゲムキューブでアレやコレな事をしたかったけど「当時はお金がなくて改造とかできなかった」という方などは、久しぶりにコピー魂をたぎらせながら、こちらの改造を昔とった杵柄で施してみてはいかがでは。

22/07/28 「ワールドヒーローズ・タッグバトル最新特別版」がたった3時間の限定公開 その他
元ADKの方が作った幻のワールドヒーローズ ワールドヒーローズ
本日の連邦は「軽く緊急性のあるゲーム紹介」のお話なので、当方の駄文なんてほったらかして「まずは自己責任の上でダウンロード」をした上で、読みたい人は後からゆっくり駄文を読む事をおすすめしたい。

んでまぁ、内容を一言で説明すると「ワールドヒーローズ・タッグバトルの最新版が3時間限定で公開されていますよ」ってハナシ。

https://twitter.com/
ワールドヒーローズ・タッグバトル 最新特別版のダウンロード先など

以下、本日の連邦スタート。

色々あった幻のワーヒーこと「ワールドヒーローズ・タッグバトル」。
何があったかは割愛するが、まぁホント色々とあったので「二度と更新されないもの」と思って当方は生きてきた。

その「ワールドヒーローズ・タッグバトル」の最新版が「本日の21時から0時までの3時間限定で公開」されたので今こうして連邦を取り急ぎ書いている訳だが、「リミットが3時間」という事を考えると駄文は書かず、ただ一行「ワーヒータッグの最新版が3時間限定で公開されているので、取り急ぎ自己責任でダウロードした方がいいですよ」とかなんとか書いて終わりにするのが、大人としての有効な時間の使い方だと思う。

だがこの「連邦」というクラシックスタイルのホームページでは「駄文があった上でものを紹介する」という俺ボッチなスタイルを「かれこれ20年以上続けている」訳ではあるし、そもそも連邦が「テキストサイト」なのか「ニュースサイト」なのか「ブログ」なのか「中年のポンコツ日記」なのかはホント書いている当方の中でも永遠の謎ではある。

ちなみに当方は「うちはニュースサイトですよ」とは人に説明しているが、過去に「テキストサイト大全」という書籍のインタビューを受けたり、パソコン情報誌で「ブログサイトとして紹介」された事を考えると、第三者的には「多分ニュースサイトではない」のかもしれない。

また近年は昔のように「毎日チェックをしないと紹介先にあるサイト自体が消滅する」という、スパイ大作戦のようなスリルが無い事から「連邦は2週に一度のペースで読んでおけばOK」なんて方が多いと思うし、正直なところ我々中年に残された時間は「あきらかに短い」ので、その2週に一度くらいのチェック頻度は正しいと言えば正しいかもしれないが、当サイトは一応「ニュースサイト」を自称してるので、毎日マメにチェックをしていればチョット良いことは「年に数回」あったりするんで、まぁ今後ともご贔屓に。

ここまで駄文とダベりを繰り広げてはみたが、本日は「アストロシティミニV」の発売日な事から、我々中年は「インターネットより届いたアストロシティミニVの動作チェック」で忙しいと思うし、実際に当方のTwitterのタイムラインは「スネ夫の自慢アワー」みたいな感じに、アストロシティミニVの購入自慢が続々と投稿され続けている。

人々が口々に「景気は完全に後退気味」と言っている昨今、結婚してお小遣いが少ないと言われている我々中年男子が、なぜ「アストロシティミニV」という高級品を「うまい棒をコンビニで買うような感覚」で買っているのかは各々の懐事情の話ではあるので余計な詮索だとは思うのだが、まぁ正直「羨ましいぞコノヤロー」とか思ったので、当方はいまこうして「アストロシティミニVにうつつを抜かしてこれから損をする方々」に対しての未来日記のような感覚で「アストロシティミニVで遊んでないで、連邦を読んでいればよかったのにね!!」という嫉妬から生まれたメッセージを送りたい。

という訳で、色々な諸事情があるけれども、格闘ゲーマー達の間では「ちょっとした幻のゲーム」となっている、元ADKの方が作った「ワールドヒーローズ」こと「ワールドヒーローズ・タッグバトル 最新特別版」が、7月28日 21〜24時までの「3時間限定」で公開されましたってのが、今日のお話。

以下、前回紹介した時の説明文
-------------------------------------------------

こちらのソフトウェアについて説明をさせて頂くと、「元ADK」の社員さんである「Mr.ブーメランKARATE」氏が10年近くかけて作られた「究極のワールドヒーローズ」。

ワイドスクリーンで、HD対応、更にタッグバトルな上に、ワーヒーシリーズにに出てきた「呂布を除く全キャラ」が使用可能と、オールド格闘ゲームファンにはたまらない逸品。

また流石「元ADK」という事もあり、作品のクオリティは超一級品。
その完成度がどれだけ凄いのかは、以下の動画をご確認あれ。

https://www.youtube.com/watch?v=aluOWH1l5KU
幻のワールドヒーローズ『タッグ』。隠し必殺・超必殺技集

https://www.youtube.com/watch?v=rVESjW9tStk
World Heroes Tag Battle (2020_1215) - Rasputin, ToD
-------------------------------------------------

という感じ。
データ付属のテキストを読みながらアップデート点を紹介しようと思ったけけども、まずは「取り急ぎ紹介をする事が大事」だと思ったので今回は割愛。

そんな訳で、数ヶ月前に「あぁぁぁぁぁ、ワールドヒーローズタッグバトルをダウンロードしそこねたぁぁぁぁ」とディスプレイの前で発狂アチョーな状態になったいた方や、若かりし頃に「友達達はサムライスピリッツで対戦しているのに、俺だけ1人でワールドヒーローズで遊んでいた」という思い出がある方、ワールドヒーローズのラスプーチンで「ホモセクシャル」というものを意識し始めたという方などは、今回緊急公開された「ワールドヒーローズタッグバトル」を自己責任でダウンロードしてみてはいかがでは。

追記…リンク先削除

22/07/01 メガドラ版「勝手移植 メタルスラッグ」の決定版が遂に公開開始 その他
ちゃんと死ぬし、ちゃんと音楽も鳴るし、なんとボスも出る メガドライブ
子供の頃、教師から「漫画ばかり読んでいると想像力が無くなる」と言われた。

この言葉の意味するところは、漫画のように全てが描かれているものばかり読んでいると、小説を読んでも画面が脳裏に浮かばないとか、そんな感じのところだと思うのだが、我々子供は大人が思っているよりも「空想力」や「妄想力」を駆使してゲームを遊んでいたと今でも思っている。

例えばファミコンの「ゾンビハンター」や「魔鐘」や「アテナ」なんぞは、パッケージにカッコいい/可愛らしいキャラクターの絵が書かれていた事から、子供の我々は90年代に若者の間で大流行した「CD/レコードのジャケ買い」よろしく、80年代にゲームの箱絵を信じてゲームを購入するも、その都度テレビの前で似ても似つかぬドット絵を前に血の涙を流したような気がしないでもない。

だが我々子供はナムコがCMで提唱した「クーソー」駆使をする事により、箱絵とドット絵の差異を適度に「空想力」or「妄想力」で埋め、ゲームに集中している時間だけは「箱絵のゲームの世界」に没入していた記憶があるのだが、いま中年になった当方は「空想力」も「妄想力」も完全に枯渇してしまった為、例えどんな名シナリオのRPGゲームであっても「ドット絵のキャラクタが壮大な事象を何かしているもの」にしか思えず、教師の言うことを聞いて「漫画よりも小説を重点的に読んだ当方」がバカを見た事を今この年齢になって痛感しているので、今度同窓会で教師に合う機会があったならば、ちょっと酒で酔った序に「小説とか読んでも、空想力とかつかないですからね」と、中年の小言を老人に言おうと思っている。

閑話休題

古くからゲームをプレイしている人間ほど、パッケージ画像とゲーム画面の画像は大きく異なる可能性が高い事を知っていると思う。
それは「酔ってキャバクラの看板を見て信じ店内に入ったら別人が出てきた」とか、アダルトDVDを借りる際に心眼を駆使してパッケージを凝視したにも関わらず「借りたDVDの映像には似ても似つかぬ他人」が出てきた場合となんら変わりなく、まぁなんかちょっと上から目線で言ってしまえば「PS2あたりから、パッケージと実際にゲームキャラの差異って殆ど無くなったよね」って感じなのだが、世の中には「箱絵」と「キャラクター選択画面」と「ゲーム画面」のキャラクタが全く違うという悪夢のようなタイトルが存在している。

それが「メタルスラッグ3」。

オールドゲーマーなら「あれか…」と舌打ちする程に「キャラクタ選択画面の絵に悪意」しか感じられない。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1542428888823140352/
メタルスラッグ3(左から箱絵、キャラクタ選択画面、ゲーム画面)

いかに鍛えられた妄想力でも、このキャラクタ選択画面は致し方なかったし、そもそも「空想」と「妄想」の違いは…

●「空想」現実にはあり得ない事、現実とは何ら関係のない事を、頭の中だけであれこれと思いめぐらすこと。

●「妄想」現実検討能力の障害による精神病の症状として生じるが、気分障害や薬物中毒等でもみられる。

という感じなので「妄想」で絵の差異が埋まらないのであれば、もう諦めるしかないと思っている。

という訳で、本日は先日動画だけ紹介した動画しか公開されていなかった「凄いメタルスラッグの勝手移植(メガドライブ用)」が遂にROMイメージを公開したのでご紹介。

その名も「Metal Slug for Megadrive」。

https://masteries.itch.io/metal-slug-for-megadrive-ste
「Metal Slug for Megadrive」

こちらは最近紹介した「メガドライブに勝手移植されたメタルスラッグ」と違い、キャラクタはバッチリ死ぬし、音楽も結構無理して根性再現、更にボス戦まで用意されているので、まさに「勝手移植界の奇跡」と言えよう。

https://www.youtube.com/watch?v=wDpg9luIOtM&t=64s
ゲームの動作画面(音楽/ボス戦/しっかり死ぬところが確認できる)

なお開発者様によると(以下、意訳)
------------------------------------------------------
メガドライブ/ジェネシス用の良質なメタルスラッグの移植版です。50フレーム/秒で動作します。
メガドライブ/ジェネシスは、16ビット・コンソールには64KBのビデオRAM(シナリオとスプライト用に約52KB)しかなく、NeoGeo版とほぼ同じ高精細なシナリオと、信じられないほど大量のスプライトを同時に破綻なく表示するには、320x208フレームバッファを割り当てる必要があります... このコンソール版の移植は私が行った最も難しいものの1つでした。
16ビットのコンソールオーディオドライバは、SplinterGUによって書かれ、3つの圧縮されたデジタルオーディオの音声を提供します。
デジタルオーディオは、ROMサイズを8MB未満に維持するために圧縮する必要がありました。

なお現在「ドリームキャスト版」への勝手移植も検討しております
------------------------------------------------------

と、次は「ドリームキャストへの移植」を目指さているとの事なので、セガマニア達はこの作者様に刮目せよという感じ。

という訳で、今年は例年になく「メカドライブが熱いなぁ…」と思った方や、プレミア価格を出してネオジオ版の「メタルスラッグ」を買った大人のゲーマーな方、若かりし頃も今もパチモノとか勝手移植とかに胸がときめく「永遠の電脳少年」な方などは、こちらのメガドラに勝手移植されたメタルスラッグを試してみてはいかがでは。

追記…なお「無料」ダウンロード方法は「Download Now」→「No thanks, just take me to the downloads」→「Megadrive / Genesis ROM version - Beta 28-6-2022 1 MBのDownloadボタン」という感じなので、英語が苦手な人も安心して本タイトルを堪能すると良いと思う。

22/06/30 MAME 0.245リリース エミュレータ
マルチアーケードエミュレータ Windows
Twitterでフォローをしてくださった方々を読むと「連邦まだやっていたんだ」とか「復活したんだ」と書いて頂く場合がある。
実際のところ「4年間ほど連邦の更新禁止令」なるものが出ていた為、当方が連邦を更新したくても出来ないという状況になっていた事は「チョコチョコ書いてはいるつもり」だが、今のところ本件の詳細は「まだ書けない」ので詳細は控えさせていただく。

ただ覚えてくれていて、本当に感謝です。

さて、15〜20年前にエミュレータに夢中になっていた皆様も「家庭ができた」とか「子供がグレた」とか「離婚した」とか「生活が苦しくてそれどころじゃない」という様々な理由から、もうMAMEの最新ROMセットの構築なんかはしていないだろうし、人によってはもうMAMEなんて何年も動かしていないと思う。

その何年も動かしてない間に、若かりし頃「あー、MAMEがあのゲームに対応してくれたらなぁ…」とか思っていたゲームのほぼ全てが対応している事は、何年も離れてしまったエミュレータ戦士には信じられない事だろう。
実際にお暇な時に最新のMAMEをダウンロードして対応タイトルを確認するとわかるが「自分らが青春時代のタイトル」や、「記憶の彼方にしかなかった幻のタイトル」なんかにも対応していたりするので、人生の一服の清涼剤としてMAMEを新たに始める事は、新しい趣味をなかなか増やせない人にとってよいのではないだろうか。



当方なんかは「あーーー、もうドカベン2とか一生プレイできないんだろうなぁ…」などと完全に諦めきっていたのに、去年さり気なく「ドカベン2」が新規対応されたので、年甲斐もなくモニターの前で大興奮しながら小躍りしてしまった訳だが、いざプレイしたら「想い出は想い出のままの方がよかったんだなぁ…」と、小学校の同窓会で初恋の子に会って思うような感情を抱いてしまったので、まぁそこは各々の自己責任で。

という事で月末の恒例行事、世界最多の対応数を誇るマルチアーケードエミュレータ「MAME」の最新バージョンが公開されました。

まずは更新点の翻訳(ポイントだけ)

●マーブルマッドネスIIに対応
●め組レスキュー(セガ)に対応
●コナミのポリゴネットに対応開始
●MAMEのユーザーインターフェースをいくつか変更点
 -入力オプションがメインメニューから独立し、サブメニューに移動しました。

今回対応した「マーブルマッドネスII」は、ロケテストで失敗とみなされて発売されずに終わった幻のゲーム。
世界に数台しかないと言われており、今回MAMEが対応したのは十字スティックのバージョンとなっている。

また「め組レスキュー」は展示会に出展されたがアーケードゲームとしては販売されなかったタイトルらしい。
ただセガ マークIIIには移植されたので、名前だけは通っている模様

最後に「コナミのポリゴネット」は…(以下、MAMEの翻訳より)
-----------------------------------------------
コナミが初めて3Dアーケードゲームに挑戦したシステムである。
セガやナムコの3Dゲーム機には勝てないということだったのだろう。
ポリゴネットコマンダーズは、20年近く前にMAMEに追加され、その後数年間は散発的な進歩が見られた。
-----------------------------------------------
という事らしい。

という訳で、「マーブルマッドネス」という名作の続編と聞き久しぶりにMAMEを試してみたくなったという方や、「め組レスキューのアーケード版に対応?! あの幻の?!」となったセガマニアの方、「マーブルマッドネスII」の対応は、「モンキーマジック対応以来の激レアものだな…」と、ゲームの価値を基板の枚数/価格で決めがちな「マネー・ゲームが得意なゲームマニア」の方などは、今回のMAMEをダウンロードして「マーブルマッドネスIIはブチあがるぜ!!!」と久しぶりに若者の時のような言葉遣いになってみてはいかがでは。


※もしいつか「カプコンアーケード スタジアム3」が発売されるのであれば、今度こそ「ドカベン」と「ドカベン2」は入れて頂きたいところ。

22/06/30 「ロックマンエグゼ」の「バトルチップゲート」がソフトで完全再現が可能に その他
ロックマンエグゼで遊んでいた方ならば狂喜乱舞間違いなし ロックマンエグゼ
「若かぶりたい」

これは中年の男性であれば、必ず心のどこかで思っている事だと思う。

「いや、俺はそんなこと思っていない。」

と鼻息荒くソレを否定する人は、きっと「若ぶり」と「若作り」と勘違いしているのだと思う。

当方は「若作り」=「外見」で「若ぶり」=「内面」であると考えている。

女性に例えるとわかりやすいが「明るいカラーを服のコーディネイトに取り入れる」とか「ノーメイクで〜す」とか言いながら思いっきりナチュラルメイクであったりとか、一緒に撮った写真が送られてきて開いたら「彼女はフィルタの効果で綺麗に写っているけど、そのフィルタ効果が被弾した当方の顔色は死人と同じで凄く可愛そう」みたいな事が「若作り」になるのではないだろうか。

また男性の場合だと「ツーブロックにしてみた」とか「気分を変えるためにパーマをあててみた」とか「明るい感じのシャツを着てみた」なんてのが「若作り」に該当すると思う。
実際に当方の友達のK君なんぞは靴屋で明るい感じの靴をためし履きした際に、店員さんから「明るい色がお好きなんですね」と声がけされ、即答で「趣味が若作りですから!」と元気よく返答したところ、店内は失笑の渦に巻き込んでいたし、そんな彼は髪にパーマをあてツーブロックにた挙げ句、ピンク色のポロシャツを着て短パンにローファーを併せていた。

まぁ正直「おしゃれする事にこした事はない」のだが、この歳になってくると「おしゃれよりも機能性」、「おしゃれよりも通気性」「おしゃれよりも臭い防止」と、なんというかかんというか、加齢臭により相当な「おしゃれ制限」がされてしまいがちなので、今の当方は90年代末に秋葉原でよく見かけた「ダンロップの靴、ジャスコでお母さんが買ってきたチノパン、洗濯しすぎて乳首が透けてみえるヘインズのTシャツ、ジーンズメイトで買ったネルシャツ」を羽織った、「指ぬきグローブ」と「バンダナ」をコーデのアクセントにしていた「平成アキバキッズより」もショボくれた格好をして日常を過ごしている。

話を戻す。

人は見かけではない…とは言うが、人生これだけ生きていれば「人は大体見かけで判断する」という事は人類共通の大常識である事はわかってきたし、「人は内面ですよ」と髪が半分ほど黒くなった金髪の前歯の無いおじさんに言われた時には「いや、内面だけじゃ駄目だと思いますよ…」とビジネス書に書かれた「いきなり相手を否定しない」を速攻で無視して答えてしまった上に、露骨に嫌な顔をしてしまったので、当方の内面は服装を小綺麗にした程度では隠しきれない位にダメなような気がしてならない。

ともあれ当方より15歳以上若い子がビーダマンの話をしている時に「俺もビーダマン知ってる!!むかし中古のスーファミのカセットを買った事があるよ」と言った時には「無理して若い話に入ってこないでいいですよ…」と苦言を呈されたし、一昨年は「俺もLiSA知ってる!!」、去年は「俺もAdo知ってる!!」と話をあわせたところ「無理に話を合わせなくていいですよ…」と若い子に言われたたので、今日はモテない中年男性の集合地「ディスクユニオン プログレ館」あたりでジャーマンプログレッシブロックの中古盤でも探してから家に帰ろうと思った次第。

という訳で、当方は全くプレイした事はないけれども、若い子達はタイトルを聞いただけでフィーバーしてしまうカプコンの名作「ロックマンエグゼ」用の「バトルチップ ゲート」が個人の手により勝手に完全再現されましたって話。
しかもしっかり「日本語版に対応」。

https://www.therockmanexezone.com/general/2020/05/01/battle-chip-gate-homebrew-released/
ロックマンエグゼのバトルチップゲートをデータで完全再現

当方40代なのでロックマンエグゼについて詳しくはわからないが、このバトルチップゲートというハードウェアと、それに準ずる専用チップを買い足す事により「ロックマンエグゼ」が相当面白おかしく堪能できるようになるらしい。
実際のところ近年の「オールドゲームの高騰」によりバトルチップゲートの中古価格も高騰しているらしく、説明文には「もう財力を使う必要はない!!(超意訳)」みたいなコピー魂全開みたいな事が書かれていたので、子供の頃に「お母さんにバトルチップゲート買って」と言っても買ってもらえなかった人は、是非とも一度試してみるとよいかもしれない。

とまあ、ここまで文章を書いてアレなのだが、本サイトは多分「年齢が40歳〜50歳」の方が読者層だと思っているので、、本記事に反応するのは「真のロックマンファン」か「若ぶりすぎている中年」のどちらかだと思っている。

なおこちらのサイトには発売から18年目にして「ロックマンエグゼ4」用のロットナンバーが発見されZセイバーが入手可能に…という記事もあったので、興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

https://www.therockmanexezone.com/general/2022/01/09/secret-z-saver-lotto-number-discovered-in-battle-network-4/
発売から18年目にしてロックマンエグゼ4用の隠れロットナンバーが発見されZセイバーが入手可能に

そんな訳で、本日ニンテンドーダイレクトで発表された「ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション」発売のニュースを読んで興奮してしまったという方や、子供の頃にロックマンエグゼシリーズで散々遊んだという方、子供の頃に買い集められなかった「バトルチップゲート用のチップを買い漁る事に今の青春をかけている」という方は、こちらのデータをちよっと試してみてはいかがでは。

追記…ロックマン、本当に人気あるんだなぁ…と思った時のツイート。

https://twitter.com/yoshinokentarou/status/1431985485920956416
実写ロックマン

追記2…若い子達が「ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション」の発売で盛り上がっていたので、折角だからと若ぶって紹介してみる事にした。